Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




Android 5.0 Lollipopで発覚したメモリリークのバグはAndroid 5.1 Lollipopでも修正されていないことが判明。Googleは既に修正済みでAndroid 5.1.1で解決する予定。

Posted on 3月 15, 2015

android-5.1-lollipop-memory-leak-again
Android 5.0 Lollipopで発覚したメモリリークのバグは、当初Android 5.1 Lollipopで修正される予定でした。

メモリリークのバグについての詳細は、Android 5.0 Lollipopで報告されているメモリリーク問題がバグとしてGoogleに公式に認定される。今後のアップデートで改善される予定。を参照してください。

ところが、AOSPのバグトラッカーにはAndroid 5.1 Lollipopでもメモリリークのバグが改善されていないという報告が複数上がっています。

スポンサーリンク



バグを報告したユーザーによると、Android 5.1 LollipopにおいてもAndroid 5.0 Lollipopの時と同様でGoogle+などのアプリが勝手に起動しており、しばらくすると空きメモリが減っているとのこと。

それに対し、Googleは内部的にメモリリークのバグ修正は完了した旨のコメントを残しスレッドも閉じられています。

メモリリークのバグはデバイスのパフォーマンスにも関わってくる問題なので、次のリリースでは確実に修正してほしいところです。

なお、Android 5.1 Lollipopには細かい新機能や変更点があります。詳細はAndroid 5.1 Lollipopの新機能・追加機能・変更点・使い方まとめ。を参照してください。

source:AOSP Issue Tracker via:Phone Arena

スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (1) Trackbacks (0)
  1. AOSPでの「メモリリークのバグが改善されていないという報告」の Issue 159738 を見るとNexus5で起きているようですが、Nexus5限定の症状なのかな。
    他の機種でも起きるんでしょうかねぇ・・・。他の機種での報告がまだ出ていないだけかな?自分が見落としているだけかも知れないですが。


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る