Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




Android 5.1 Lollipopではクイック設定パネルから直接Wi-FiのSSIDやBluetoothのデバイスを切り替えることが可能。今起動しているアプリを終了する必要がなく便利。

Posted on 2月 5, 2015

android-5.1-wi-fi-bluetooth
インドネシアで発売されるAndroid Oneスマートフォンに搭載されていることが確認されたAndroid 5.1 Lollipopですが、早速新機能についての情報が報じられています。

Android 5.1では、クイック設定パネルから直接Wi-FiのSSIDやBluetoothのデバイスを切り替えることができるようになっていることが分かりました。

スポンサーリンク



Android 5.1 Lollipopのクイック設定パネルを見てみると、Wi-FiとBluetoothのトグルに▼アイコンがあるのが分かります。これをタップすると・・・
android-5.1-wi-fi-bluetooth

Wi-FiのSSID一覧がクイック設定パネルに直接表示されます。
android-5.1-wi-fi-bluetooth2

Bluetoothも同様に、接続できるデバイス一覧がクイック設定パネルに直接表示されています。
android-5.1-wi-fi-bluetooth3

Android 5.1 Lollipopで追加されたこの機能のメリットは、今起動しているアプリを終了させることなくWi-FiやBluetoothの切り替えができるという点です。

Android 5.0.2 Lollipopまではクイック設定パネルでWi-FiやBluetoothのオン/オフはできていたものの、Wi-FiのSSIDやBluetoothのデバイスを切り替える時は今開いているアプリにかぶせてシステム設定を起動する必要がありました。

Wi-FiやBluetoothを切り替えることはあまりないかも知れませんが、地味に便利な機能ですね。

なお、2015/3/10にAndroid 5.1 Lollipopが正式発表され、同日よりアップデートの配信も始まりました。
今回紹介したクイック設定パネルの機能向上以外のAndroid 5.1 Lollipopの新機能など詳細は、Android 5.1 Lollipopの新機能・追加機能・変更点・使い方まとめ。を参照してください。

source:Android Police

スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る