Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




Android M Developer PreviewのNexus5はスタンバイ時のバッテリーの持ちがAndroid5.1.1の約2.7倍良いという結果に。

Posted on 6月 8, 2015

nexus5-android-m-standby-time
Android M Developer PreviewをインストールしたNexus5とAndroid 5.1.1のNexus5でスタンバイ(画面オフ)状態でのバッテリーの持ちを比較したところ、Android M Developer Previewの方が約2.7倍良くなることが分かりました。


Android Mにおける省電力化「Dozeモード」について

Android Mでは、Dozeモードと呼ばれるスタンバイ時のバッテリー消費を抑える新機能が追加されています。DozeモードについてはAndroid Mではバッテリーを驚異的に長持ちさせる「Doze」モードを実装。Nexus9において通常時の2倍バッテリーを長持ちさせることが可能-Google I/O 2015-を参照してください。

Google I/Oでは、Android Mを搭載したNexus9でスタンバイ時のバッテリーの持ちを計測したところ、約2倍長持ちするという結果を得たと発表されています。
android-m-doze-mode2


Android M Developer PreviewをインストールしたNexus5でのテスト結果

ドイツの computerbase.deがAndroid M Developer PreviewをインストールしたNexus5とAndroid5.1.1と比較した結果はこちらです。
nexus5-android-m-standby-time

スタンバイ状態のままで8時間経過後のバッテリーの減りを見てみると、Android 5.1.1が4.0%、Android Mが1.5%でAndroid Mの方が約2.7倍長持ちという結果になっています。


私もAndroid M Developer PreviewNexus6を使用中でスタンバイ時のバッテリーの持ちは改善されている印象はありましたが、Android MはDozeモードによってスタンバイ時のバッテリーの持ちはかなり良くるようですね。

source:computerbase.de via:Phone Arena

スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る