Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




Android M Developer PreviewをNexus5にインストールする方法。

Posted on 5月 30, 2015

install-android-m-developer-preview-on-nexus549
今回は、Nexus5にAndroid M デベロッパープレビューをインストールして導入する方法・手順を紹介します。

スポンサーリンク



更新履歴

2015/7/10
Android M Developer Preview 2がリリースされました。
Android M Developer Preview 2のファクトリーイメージが公開。OTAアップデートは数日後に配信予定。

このページで紹介している方法で、Nexus5にAndroid M Developer Preview 2を導入しました。


注意事項

ブートローダーアンロックやカスタムリカバリ導入、カスタムROMの導入によって、メーカーの補償は一切きかなくなります。
また、作業中にデータが消えたり、端末が起動しなくなってしまったとしても、当方では一切責任は負えません。
全て自己責任で作業を行ってください。



準備しておくこと

1.Nexus5のブートローダーをアンロックしておく。ブートローダーアンロック手順は以下を参照してください。
Nexus5のブートローダーアンロック方法。

2.電源ボタンとボリュームボタンを同時に長押しして、fastbootモードにしておきます。
nexus-5-bootloader-unlock8

3.なお、ブートローダーをアンロックすると内部ストレージを含むデータが全て消去されます。内部ストレージの写真などのデータはPCやDropboxに、アプリのデータはHeliumTitanium BackupNでバックアップしておくことをおすすめします。

4.Nexus5用のAndroid M デベロッパープレビューのimgファイルをダウンロードしておく。Android Mのデベロッパープレビューをダウンロードする方法は、Android Mのデベロッパープレビューがダウンロード可能になったのでダウンロード方法の紹介。Nexus5、Nexus6、Nexus9、Nexus PlayerでAndroid Mを試せます。を参照してください。
install-android-m-developer-preview-on-nexus50

5.tgzファイルを解凍できるソフトをPCにインストールしておく。私は7-zipを使っています。7-zipのインストール方法は、Myupdate.zipの中身を変更して自分用にカスタムする方法。を参照してください。


Nexus5にAndroid M デベロッパープレビューをインストールして導入する方法

ここからは、実際にNexus5にAndroid M デベロッパープレビューをインストールして導入していきます。

ダウンロードしたAndroid M デベロッパープレビューのファイルを解凍する

まずは、準備しておくこと4でダウンロードしておいたAndroid M デベロッパープレビューを解凍します。

ダウンロードしたAndroid M デベロッパープレビューはtgzという拡張子のファイルになっています。これを7-zipで解凍します。ファイルを右クリックします。
install-android-m-developer-preview-on-nexus51

7-Zip>展開をクリックします。
install-android-m-developer-preview-on-nexus52

展開先が表示されます。デフォルトでは同じフォルダ内に解凍されるのでそのままで問題ないと思います。「OK」をクリックします。
install-android-m-developer-preview-on-nexus53

「hammerhead-MPZ44Q-preview-55d76d3a」というフォルダが生成されるのでダブルクリックで開きます。
install-android-m-developer-preview-on-nexus54

すると、今度は「hammerhead-MPZ44Q-preview-55d76d3a.tar」というフォルダが生成されるので、右クリックして7-Zip>展開をクリックします。
install-android-m-developer-preview-on-nexus55

「OK」をクリックします。
install-android-m-developer-preview-on-nexus56

「hammerhead-MPZ44Q-preview-55d76d3a」というフォルダが生成されるのでダブルクリックで開きます。
install-android-m-developer-preview-on-nexus57

「hammerhead-MPZ44Q」というフォルダがあるのでダブルクリックで開きます。
install-android-m-developer-preview-on-nexus58

Nexus5用のAndroid M デベロッパープレビューをインストールするために必要なファイル郡があります。
install-android-m-developer-preview-on-nexus59


flash-all.batを使うと「archive does not contain 'boot.sig''recovery.sig'」と表示されインストールに失敗する

通常、ファクトリーイメージをインストールするときは「flash-all.bat」のダブルクリックだけですべて完了します。
install-android-m-developer-preview-on-nexus59

ですが、最近は「archive does not contain 'boot.sig'」「archive does not contain 'recovery.sig'」「error: update package missing system.img」と表示されてインストールに失敗してしまいます。
install-android-m-developer-preview-on-nexus510

そこで、Andorid M デベロッパープレビューのimgファイルを手動でインストールしていきます。


Android M デベロッパープレビューを展開してimgファイルを準備する

「hammerhead-MPZ44Q」フォルダの中にある「image-hammerhead-MPZ44Q.zip」を右クリックして「すべて展開」をクリックします。
install-android-m-developer-preview-on-nexus517

「展開」をクリックします。
install-android-m-developer-preview-on-nexus518

「image-hammerhead-MPZ44Q」フォルダが生成されるのでダブルクリックして開きます。
install-android-m-developer-preview-on-nexus519

Nexus5にAndroid M デベロッパープレビューをインストールするためのimgファイルの準備は完了です。
install-android-m-developer-preview-on-nexus520


Android M デベロッパープレビューのimgファイルを「fastboot flash」コマンドで手動インストールする

Android M デベロッパープレビューのimgファイルの準備が終わったら、imgファイルを「fastboot flash」コマンドで手動インストールしていきます。

Android SDKのフォルダを開きます。
install-android-m-developer-preview-on-nexus521

platform-toolsフォルダを開きます。
install-android-m-developer-preview-on-nexus522

「fastboot.exe」があることを確認します。ブートローダーアンロックが成功している時点で「fastboot.exe」はあるはずですが、もしplatform-toolsフォルダ自体やfastboot.exeがない場合はAndroid SDKのインストール方法まとめ。の手順でplatform-toolsをインストールしてください。
install-android-m-developer-preview-on-nexus523

platform-toolsフォルダの中の開いているスペースでShiftキーを押しながら右クリックします。
install-android-m-developer-preview-on-nexus525

「コマンドプロンプトをここで開く」をクリックします。
install-android-m-developer-preview-on-nexus526

どれか1つでもファイルが選択された状態でShiftキーを押して右クリックしてしまうと「コマンドプロンプトをここで開く」の項目が表示されないので注意しましょう。
install-android-m-developer-preview-on-nexus524

コマンドプロンプトが開いたら、「fastboot flash bootloader 」と入力します。「bootloader」の後ろは半角で1文字分スペースを開けておきます。
install-android-m-developer-preview-on-nexus527

「bootloader-hammerhead-HHZ12h.img」をドラッグ&ドロップでコマンドプロンプトに持っていきます。
install-android-m-developer-preview-on-nexus528

「bootloader-hammerhead-HHZ12h.img」までのパスが自動で入力されるので、Enterキーを押してbootloaderをインストールします。
install-android-m-developer-preview-on-nexus529

「finished. total time:~」と表示されれば、bootloaderのインストールは完了です。次は「fastboot flash radio 」と入力します。「radio」の後ろは半角で1文字分のスペースを忘れずに。
install-android-m-developer-preview-on-nexus530

「radio-hammerhead-M8974A-2.0.50.2.26.img」をドラッグ&ドロップでコマンドプロンプトに持っていきます。
install-android-m-developer-preview-on-nexus531

「radio-hammerhead-M8974A-2.0.50.2.26.img」までのパスが自動で入力されるので、Enterキーを押してradioをインストールします。
install-android-m-developer-preview-on-nexus532

「finished. total time:~」と表示されれば、radioのインストールは完了です。次は「fastboot flash boot 」と入力します。
install-android-m-developer-preview-on-nexus533

image-hammerhead-MPZ44Qフォルダを開きます。
install-android-m-developer-preview-on-nexus534

「boot.img」をドラッグ&ドロップでコマンドプロンプトに持っていきます。
install-android-m-developer-preview-on-nexus535

「boot.img」までのパスが自動で入力されるので、Enterキーを押してboot.imgをインストールします。
install-android-m-developer-preview-on-nexus536

「finished. total time:~」と表示されれば、boot.imgのインストールは完了です。次は「fastboot flash recovery 」と入力します。
install-android-m-developer-preview-on-nexus537

「recovery.img」をドラッグ&ドロップでコマンドプロンプトに持っていきます。
install-android-m-developer-preview-on-nexus538

「recovery.img」までのパスが自動で入力されるので、Enterキーを押してrecovery.imgをインストールします。
install-android-m-developer-preview-on-nexus539

「finished. total time:~」と表示されれば、recovery.imgのインストールは完了です。次は「fastboot flash system 」と入力します。
install-android-m-developer-preview-on-nexus540

「system.img」をドラッグ&ドロップでコマンドプロンプトに持っていきます。
install-android-m-developer-preview-on-nexus541

「system.img」までのパスが自動で入力されるので、Enterキーを押してsystem.imgをインストールします。
install-android-m-developer-preview-on-nexus542

「finished. total time:~」と表示されれば、system.imgのインストールは完了です。次は「fastboot flash userdata 」と入力します。
install-android-m-developer-preview-on-nexus543

「userdata.img」をドラッグ&ドロップでコマンドプロンプトに持っていきます。
install-android-m-developer-preview-on-nexus544

「userdata.img」までのパスが自動で入力されるので、Enterキーを押してuserdata.imgをインストールします。
install-android-m-developer-preview-on-nexus545

「finished. total time:~」と表示されれば、userdata.imgのインストールは完了です。以上でAndroid M デベロッパープレビューのインストールは完了です。最後に「fastboot reboot」と入力してEnterキーを押し、Nexus5を再起動させます。
install-android-m-developer-preview-on-nexus546

Nexus5が再帰動してAndroid Mの初期設定画面になれば、Nexus5へのAndroid M デベロッパープレビューのインストールは成功しています。
install-android-m-developer-preview-on-nexus547

なお、Android M デベロッパープレビューは日本語にもばっちり対応しています。
install-android-m-developer-preview-on-nexus548
install-android-m-developer-preview-on-nexus549

あとは最新OSのAndroid Mをいじって楽しみましょう。


Android MにしたNexus5で試したこと

以下に、Android MにしたNexus5で試したことを紹介します。

Android Mの新機能や変更点の確認

まずは、Android Mの新機能や変更点を確認しました。

Android MはAndroid LollipopとUIなどのぱっと見は変わりませんが、細かい部分でDozeモードによるスリープ時のバッテリーの持ちの改善やアプリごとにアクセス権限をユーザー自身で削除する機能などかなり大きな新機能や変更点があります。
android-m-permission-control-settings6

Android M Developer Previewで隠されているAndroid Mの新機能「マルチウィンドウ」を強制的に有効化する

Android Mでは、ディスプレイにAndroidアプリを同時に複数表示させることができる「マルチウィンドウモード」が実装されていますが、Android Developer Previewでは隠されています
android-m-multiwindow44

そこで、強制的にAndroid M Developer Previewでマルチウィンドウモードを有効化してみました。手順など詳細はAndroid M デベロッパープレビューで隠されているマルチウィンドウ機能を有効化して遊ぶ方法&Nexus5で試してみた。を参照してください。

なお、Android MのマルチウィンドウモードはNexus9では4つのアプリを同時に表示させることも可能です。
android-m-tablet-multiwindow10

詳細はAndroid Mのマルチウィンドウ機能はNexus9(タブレット)なら4つのアプリを同時に表示可能。を参照してください。


Androidは、新しいバージョンがリリースされるごとにどんどん便利になっているので遊びがいがあります。

同じように新しい機能をいち早く試してみたい方は試してみてくださいね。

Nexus5にAndroid M デベロッパープレビューをインストールして導入する方法・手順は以上です。

2015/8/18追記
Android Mのコードネームは「Marshmallow(マシュマロ)」に決定し、OSバージョンはAndroid 6.0としてリリースされます。Android 6.0 Marshmallowの新機能など詳細はAndroid 6.0 Marshmallowの新機能・変更点・追加機能・使い方まとめ。をご覧ください。

スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss




この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます



Comments (17) Trackbacks (0)
  1. N5がメイン端末なんだけど、入れてみます\(^^)/

    • tenchouさん

      お久しぶりです♪
      私もメインのNexus6に入れて使ってみてますが、動きはキビキビしていて良さげですよー

  2. こんにちは。
    いつも参考にさせて頂いています。
    Nexus5にAndroid Mの導入をしていますが
    手動でrecovery.imgまでは上記手順で問題なく転送できるのですが
    system.imgを転送しようとすると
    『error:cannot load ~』とエラーが出て転送できなくなって困っています。

    回避方法などご教授願えると幸いです。

    • kendyさん

      いつもご覧頂いてありがとうございます。
      system.imgがあるフォルダ内でShiftキーを押しながら右クリック>コマンドウィンドウをここで開くをクリックして実行してみてください!

      • コメントありがとうございます
        さっそく試してみましたが、やはりエラーを吐いて転送できません…

        • kendyさん

          一度PCとNexus5をどちらも再起動して、再度fastbootでflashしてみてください。
          それでもいけない場合は、コマンドプロンプトで「adb kill server」で一度adbを停止した後にfastbootでflashしてみてください!

          • 試してみましたが、やはりエラーを吐いています。
            ファイルサイズが大きいからでしょうか…?

            • kendyさん

              kuさんの仰る通り、XDAでAndroid MのROMを探してインストールしたほうが早いかもですね!

  3. Android Mのzipファイルを焼いてみたらどうでしょうか?

    • kuさん

      ありがとうございます!それは考えつきませんでした。そっちの方が早いですね。

  4. やはり、LからMとなると、userdataも焼かないといけないんでしょうか?
    N5がメインなので、データが消えるのは避けたいです(^^;)

    • iamaimさん

      私もはじめはuserdataを焼かずにMにしてみたんですが、通知領域が降りてこなかったので仕方なくuserdataまで焼きました。
      アプリなどの環境によっても違ってくると思うので、一度userdataを焼かずに試してみてはいかがでしょう?

  5. iamaimさん

    私の場合は、zipファイルを焼いたのでファクトリーリセット、キャッシュをwipしました。LPのデータはそのまま残りますからね。とりあえず、不具合はないのですがチタニウムが起動出来ませんでした。

  6. Titaniumがアップデートされ使えるようになりました。

  7. 手順通りできているかと思うんですが、Nexus5の再帰動からAndroid Mの初期設定画面になかなかなりません。すごく時間がかかるものでしょうか?

    とりあえず一日ぐらいほったらかしにして様子をみます。

  8. Akitoさん

    それはおかしいですね。だいたい10分前後で起動すると思いますが。一度、強制的に電源を落とし再度電源を入れ直してみてはいかがですか?それでも同じなら、もう一度焼き直したほうが良いかも知れません。

  9. できました!!!焼直しましたらできました!!
    ありがとうございます!!


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る