Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




Moto360日本購入レビュー。初期設定方法やバッテリーの持ちなどの使用感。

Posted on 4月 5, 2016

DSC_0153
Moto360を購入したので、今回はMoto360をレビューします。


更新情報

2016/4/5
Moto360 2ndが日本発売されています。

Moto360 2ndのスペックや購入レビューなどはこちらをご覧ください。
Moto360 新型(2nd gen)購入レビュー。スペック、日本発売日、価格まとめ。

Moto360の特徴

Moto360は、ウェアラブル端末向けのOS「Android Wear」を搭載したスマートウォッチです。

Android Wearスマートウォッチとして、初めて円形のディスプレイを搭載したことで話題となっています。

Moto360はバッテリーの持ちが悪いことや、ディスプレイ焼き付きなどが報告されていますが、デザインはSamsung Gear LiveやLG G Watchと比べてかなり良いと個人的には感じています。

Moto360のスペックなど詳細はMoto 360のスペック・価格・日本発売日・実機画像まとめ【随時更新】を参照してください。

2015/5/14追記
Moto360が3/24付で技適を通過しました。日本では発売されていませんが、日本で合法的にMoto360を使えるようになりました。詳しくはMoto360が技適を通過。日本で合法的に利用可能に。を参照してください。



2015/6/21追記
Moto360をAndroid Wear 5.1.1にアップデートすると技適マークが表示されるようになりました。これで合法的に日本でMoto360を使うことができるようになりました。
Moto360を強制的にAndroid Wear 5.1.1にアップデートする方法はMoto360を強制的にAndroid Wear5.1.1に手動アップデートする方法。を、技適についての詳細はMoto360はAndroid Wear 5.1.1へのアップデートで技適マークが表示される。合法的に日本で利用可能に。を参照してください。



【2015/8/22】Moto360がMotorolaの日本語サイトに登場。日本発売される?

2015年8月22日に、Motorolaの日本語サイトにMoto360が登場しました。
moto-360-japanese-website2

Moto360は技適を通過しており、Android Wear 5.1.1へのアップデート時に技適マークも表示されるようになりました。

Moto360の発売からもうすぐで1年経ちますが、日本での発売日が近いのかもしれません。

ただ、もしMoto360が日本で発売されてもすぐに購入するのはおすすめしません。

Moto360の新型が発売される予定で、実機写真が出回ったりしているため発売が近い可能性もあります。Moto360を購入するかどうかの判断は、Moto360の新型が発売されるまで待つことをおすすめします。


Moto360の購入方法と購入価格

私がMoto360を購入したときは、Moto360は日本での発売が見込めない状況だったのでeXpansysで購入しました。

eXpansysでの購入価格は、Moto360の本体価格が36,000円で送料が2,100円、合計で38,100円でした。

Item / Stock Qty Price Total
------ ---------------------------------------- --- ------- --------
265674 Motorola moto 360 Dark Stainless Steel 1 36000 36000
Case (with Black Horween Leather Band)
On Request
------ ---------------------------------------- --- ------- --------
36000
Tax 0
Shipping Info 2100
--------
Total 38100
--------


購入したカラーはこちら。
Motorola moto 360 Dark Stainless Steel Case (with Black Horween Leather Band)
icon motorola-moto-360-dark-stainless-steel-case

なおExpansysでは、他にも2種類のカラーを販売しています。
Motorola moto 360 Light Stainless Steel Case (with Stone Horween Leather Band)
icon motorola-moto-360-light-stainless-steel-case


Motorola moto 360 Light Stainless Steel Case (with Gray Horween Leather Band)
icon

2014/11/13追記
eXpansysはMoto360の取り扱いを終了したようです。
今は、Amazon.comで定価で購入でき日本にも直送してくれるので、Amazon.comが最安だと思います。

Motorola Mobility Moto 360 Androidwear Smartwatch for Android Devices 4.3 or Higher - Black Leather - 22mm moto360-black-amazoncom0


Motorola Moto 360 - Stone Leather Smart Watch moto360-stone-leather-amazon


Motorola Moto 360 - Dark Metal, 23mm, Smart Watch moto360-dark-metal-band-amazoncom


Motorola Moto 360 - Light Metal, 23mm, Smart Watch moto360-silver-metal-band-amazoncom


Motorola Mobility Moto 360 Androidwear Smartwatch for Android Devices 4.3 or Higher - Champagne Metal - 23mm moto360-champaign-metal-amazon



Amazon.comが発送するMoto360が定価で購入できます。定価はブラックレザーとストーンレザーが249.99ドル、ダークメタルとシルバーメタルが299.99ドル、シャンパンメタルが329.99ドルです。

2015/5/26追記
Amazon.comで全モデル大幅値下げのセール中です。詳しくはMoto360の全モデルがAmazon.comにて最大130ドル(約15,800円)値引きのセール中。レザーバンドモデルが約21,000円~、メタルバンドモデルが約29,500円(送料込み)で購入可能。日本直送にも対応。を参照してください。

Moto360は人気があるのですぐに売り切れてしまいます。Amazon.comの在庫が無くなるとリンク先のページが定価よりも高い価格で表示されますが、数日で在庫が復活するのでたまに上記ページをチェックしておけば定価で購入できます。


Moto360の購入・発送から到着までの期間

eXpansysで購入したMoto360の発送から到着までの期間は以下の通りです。

2014/09/19 - 金曜日
01:30 貨物情報はFedExに送信されました。
17:18 集荷完了 TSUEN WAN HK
21:10 出荷地のFedEx営業所を出発 TSUEN WAN HK
23:58 FedEx経由地に到着 GUANGZHOU CN

2014/09/20 - 土曜日
03:08 輸送中/処理中 GUANGZHOU CN
05:19 FedEx経由地を出発 GUANGZHOU CN
09:15 仕向国仕分け場所 SENNAN-SHI JP

2014/09/21 - 日曜日
08:40 輸送中/処理中 SENNAN-SHI JP
通関中
10:57 国際輸送許可 - 輸入 SENNAN-SHI JP
19:02 輸送中/処理中 SENNAN-SHI JP
最終的な配達を行なう認可済み業者に委託

2014/09/22 - 月曜日
13:54 配達完了

発送から到着するまで3日でした。早いですね。


Moto360開封

Moto360の開封です。段ボール箱ではなく、袋で届きました。
DSC_0002

eXpansys専用の袋です。
DSC_0003

Moto360はエアクッションに包まれています。
DSC_0004

Moto360の化粧箱です。Android Wearスマートフォン初の円形ディスプレイということで、化粧箱も円形にしてアピールしています。梱包は丁寧ではありませんが、箱にはヘコミなどありませんでした。
DSC_0007
DSC_0009

Moto360の化粧箱にはストラップらしきものもついています。Bestbuyなど実店舗ではフックにぶら下げて販売するのでしょうか。
DSC_0011

Moto360との対面です。
DSC_0013

フタの裏に描かれているMoto360のディスプレイの部分には、衝撃による破損を防ぐための緩衝クッションが貼られています。
DSC_0015

ディスプレイには保護シールが貼られています。
DSC_0018

同梱物。Moto360本体、ワイヤレス充電スタンド、AC、簡単な取説など。
DSC_0020

取説の表です。
DSC_0023

取説の裏です。
DSC_0022

ワイヤレス充電スタンド。これにACをつないでMoto360を充電します。
DSC_0025

角が滑らかでデザインもきれいです。
DSC_0028

背面にmicroUSBポートがあります。ここにACを差します。
DSC_0029

裏面です。Mのロゴがかっこいいです。
DSC_0032

ACにもMのロゴがあります。
DSC_0033

ACはインド製です。
DSC_0039

保護フィルムをはがしたMoto360です。下部に環境光センサーがあります。
DSC_0040

Moto360には電源ボタンがあります。ゴールドで縁取りされているので、ブラックの筐体のアクセントになっています。電源を入れる時は、このボタンを長押しします。
DSC_0042

Moto360の背面です。心拍数センサーがあります。
DSC_0048

Moto360のベルトはHORWEEN社のレザーが使われています。
DSC_0051

厚みがあり、しっかりとした作りです。
DSC_0049

バックルはプラスチック製でしょうか。
DSC_0050

電源投入前につけてみました。思っていたよりも軽いです。また、HORWEENレザーのつけ心地がとても良いです。
DSC_0052


Moto360の初期設定(セットアップ)

Moto360を初期設定していきます。

電源ボタンを長押しすると、Mのロゴが大きく表示されます。
DSC_0068

しばらくすると、Mの中にMoto360の基盤?のデザインが表示されます。
DSC_0069

その後は、Gear Liveと同じAndroid Wearのブート画面になります。
DSC_0075
DSC_0076

セットアップ画面になります。まずは言語選択から。
DSC_0078

一番下までスクロールすると日本語があるのでタップします。
DSC_0081

次に、Moto360とペアリングするAndroidデバイスにAndroid Wearアプリをインストールします。
DSC_0083

私はOnePlus OneとMoto360をペアリングしました。

OnePlus OneにAndroid Wearアプリをインストールして起動すると、セットアップ画面になるので「→」をタップします。
DSC_0086

ここからはOnePlus One側の設定です。
Android Wearの機能説明が表示されるので「同意する」をタップします。
DSC_0087.2
DSC_0087.3
DSC_0087.5

Bluetoothをオンにする画面になるので、Bluetoothアイコンをタップしてオンにします。
DSC_0087.6

すると、OnePlus OneがMoto360を見つけるのでタップします。
DSC_0087.8

ペア設定コードが一致していることを確認して「ペア設定する」をタップします。Moto360の方もチェックアイコンをタップしてペア設定します。
DSC_0094

Moto360とOnePlus Oneの接続が始まるのでしばらく待ちます。
DSC_0096

OnePlus Oneに、「時計の通知をON」の設定画面になります。これをオンにしておかないと、OnePlus Oneに届いた通知や着信をMoto360に知らせてくれないので設定しておきます。「通知設定」をタップします。
DSC_0098

「Androi Wear」にチェックを入れます。
DSC_0087.11

「Android Wearを有効にしますか?」と尋ねてくるので「OK」をタップします。
DSC_0087.12

「設定完了」と表示されれば、Moto360のペアリングは完了です。
DSC_0087.13

ペアリングが終わると、ファームウェア?のダウンロードが始まります。
DSC_0099

もう少しでダウンロードが完了するところでしたが・・・
DSC_0101

電池残量が足りずに充電を促す表示になりました。
DSC_0102

早速充電します。
DSC_0108

充電画面が画面焼きつく報告が上がっているので、Screen Off Wearを使って充電後すぐにディスプレイを真っ暗にするようにしました。
DSC_0109

電池残量が増えたら、自動的にアップデートが再開されます。
DSC_0114

その後1分ほど真っ暗になりますが、そのまま待ちます。
DSC_0116

Moto360が再起動しました。
DSC_0117
DSC_0118
DSC_0122
DSC_0124

再起動後、アップグレード画面になるのでしばらく待ちます。
DSC_0125
DSC_0126
DSC_0127

アップデートが完了しました。バッテリー残量は、約80分で80%増えました。充電は1分で約1%増える感じですね。
DSC_0129

Moto360のデフォルトのウォッチフェイスです。黒の背景に赤の秒針が印象的です。
DSC_0134

あとはMoto360の基本的な使い方が表示されます。通知が来た時には、通知をタップか上にスワイプで詳細が表示されます。
DSC_0135

不要なカードは右にスワイプで削除できます。
DSC_0139

カードは状況に応じて自動で表示されます。
DSC_0141

天気カードが表示された時は、左にスワイプすると4日分の天気が表示されます。
DSC_0142
DSC_0144
DSC_0145

歩数計はこのように表示されます。
DSC_0148

Moto360は一定時間経過後に自動で暗くなりますが、手のひらをMoto360にかぶせてディスプレイを暗くすることもできます。
DSC_0151


Moto360のレビュー-良い点-

Moto360を使っていて気づいた良い点を挙げておきます。

デザイン

Moto360は、発表時から円形の筐体を含めたデザインの良さが評価されています。

私自身もそのデザインに惹かれてMoto360を入手しましたが、やっぱりかっこいいです。デザインの良さは個人的にはGear Liveの比ではありません。
DSC_0153

ディスプレイ下部にある環境光センサーですが、私は思ったほど気になりません。

また、HORWEEN製のレザーバンドが厚みもありつつ固くはないので、Moto360を腕に付けたときぴったりフィットしてとても快適です。
DSC_0051

ただ、レザーは夏の暑い日に汗をかいて染み込んでしまうと思うので、スチールバンドも入手するつもりです。

2014/12/9追記
Moto360純正のダークメタルバンドを購入しました。レビューなど詳細はMoto360純正ダークメタルバンド(Dark Metal Band)購入レビュー。を参照してください。
moto360-darkmetal-band24


ディスプレイ輝度の自動調整

Moto360には環境光センサーが搭載されていて、周囲の明るさによってディスプレイの明るさを自動で調整してくれます。
DSC_0142.1

Samsung Gear Liveには環境光センサーが搭載されていないので、日中に明るめの設定にしていたら夜かなり明るいのでまぶしいです。

Moto360は周りが明るければ明るめの輝度に、夜になって周りが暗ければ最も暗い輝度に自動で調整してくれるので、ディスプレイの明るさに注意する必要が一切なく自然に使えます。


Moto360のレビュー-改善希望点-

ここからは改善希望点です。

ディスプレイ焼き付き

一部のユーザーから報告されているMoto360のディスプレイ焼き付きについてですが、焼き付くのが嫌なので私はScreen Off Wearを使っています。

Screen Off Wearを使えば、充電開始後すぐにディスプレイが真っ暗になるので焼き付きの心配はありません。
DSC_0109

なので私のMoto360のディスプレイが焼き付くかは分かりませんが、焼き付いたという報告が上がっているのは事実なのでMotorolaには改善してほしいところです。

2014/12/17追記
Screen Off Wearを使わずに毎日充電して2ヶ月以上経ちますが、今のところ私のMoto360に焼き付きは全くありません。


バッテリーの持ち

Moto360のバッテリーの持ちの悪さは、様々なサイトのレビューで指摘されているので覚悟はしていました。

詳しくは次の記事で触れますが、Moto360のディスプレイオフ時もモノクロの時計を常時表示させておくアンビエントをオフにして、時間を見る時以外は真っ暗にしておくことで1時間で5%減るか減らないかといったところです。
DSC_0157

LINE通知20件、着信約5件、Google Nowカードが1時間に1~2枚表示、たまに時間を確認するといった使い方ですが、私の使い方では20時間ほどしか持たない計算です。

2014/9/27追記
Moto360のバッテリーの持ちを検証しました。私の使い方で、1時間で5%弱のバッテリー消費という結果です。

2014/9/29追記
アップデート後、バッテリーの持ちが改善しました。1時間で4%弱のバッテリー消費となっています。

2014/10/4追記
アップデート後であれば、アンビエントモードをオンにしていてもMoto360のバッテリーは1日ほどもつようになりました。
moto360-battery-drain2
via:Moto360のバッテリー持ち検証レビュー。

ただ、Gear Live用に使わないアプリも含めて28個インストールしていたので、アプリを減らすことでもう少しバッテリーの持ちは改善すると思います。


Moto360は、バッテリーの持ちや焼き付きなど改善が必要な点ももちろんありますが、それ以上にデザインや輝度の自動調整が良いので購入してよかったと思っています。

また何より、Moto360は私の所有欲を満たしてくれるので個人的には大満足の商品です。

今後Moto360を使う中で気づいた点があれば、随時追加していきます。

Moto360の購入レビューは以上です。

スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (2) Trackbacks (0)
  1. Amazon.co.jpでも購入できるようになりましたね。
    価格はAmazon.comと変わらないくらいだったと思います。
    購入リンクにAmaon.co.jpを追加しておくと良いのではないでしょうか。
    URL
    http://www.amazon.co.jp/モトローラ-Watch-スマートウォッチ-Android-【並行輸入品】/dp/B00O0BXBI8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1431289726&sr=8-1&keywords=moto360


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る