Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




ESファイルエクスプローラー Ver3の使い方まとめ。

Posted on 4月 22, 2013

esfileexplorerv325
ESファイルエクスプローラーが Ver3にアップデートして、UIが大幅に変更されました。

今回は、UI変更後のESファイルエクスプローラーの使い方を紹介します。

スポンサーリンク



ESファイルエクスプローラーの起動直後の状態です。
この状態で指2本で外側にスワイプ(ピンチアウト)すると・・・
esfileexplorerv32

下のメニューバーが消えてより広くディスプレイを使う事ができるようになります。
esfileexplorerv33

逆に、2本指でピンチイン操作を行うと・・・
esfileexplorerv34

現在開いているパネルが一覧で表示されるので、たくさんのパネルを開いている時に他のパネルにアクセスしやすくなります。
esfileexplorerv35

パネル間移動は、左右へのスワイプ操作で可能です。これは以前のバージョンと同じですね。
esfileexplorerv36
esfileexplorerv37

更にスワイプすると・・・
esfileexplorerv38

クラウドのパネルが表示されます。デフォルトでは、端末・LAN・クラウドの3枚のパネルが表示されます。
esfileexplorerv39


「高速アクセス」への移動方法

ESファイルエクスプローラー Ver3に追加された機能に、「高速アクセス」があります。
「高速アクセス」に移動する方法は、ディスプレイ左上の赤枠内のアイコンをタップするか、ディスプレイ下のメニューバーを右にスワイプします。
esfileexplorerv310

または、メニューキーからでも移動が可能です。
esfileexplorerv311

すると、左側から「高速アクセス」が表示されます。お気に入り/ローカル/ライブラリ/ネットワーク/ツールの5つがあります。
esfileexplorerv312


「高速アクセス」の機能

まずローカルから見てみます。
esfileexplorerv313

ホーム/端末/ダウンロード/0へ、1タップですぐにアクセスできます。ちなみに0は内部ストレージです。ホームとダウンロードのディレクトリは、設定で変更することができます。変更方法は後ほど解説します。
esfileexplorerv314

ライブラリを見てみます。
esfileexplorerv315

写真/音楽/動画/書籍に1タップでアクセスできます。
esfileexplorerv316

次にネットワークを見てみます。
esfileexplorerv317

LAN/クラウド/FTP/Bluetoothに1タップでアクセスできます。
esfileexplorerv318

最後にツールを見てみます。
esfileexplorerv319

アプリマネージャ/ダウンロードマネージャ/システムマネージャ/SDカード解析/Rootエクスプローラ/リモートマネージャ/ネットマネージャ/クリップボード/非表示リストとあらゆる項目にアクセスできます。
esfileexplorerv320


Rootオプションのオン/オフ方法

Rootオプションのオン/オフ方法が以前のバージョンと違うので、ここで紹介しておきます。
「Rootエクスプローラ」をタップします。
esfileexplorerv320

「R/Wマウント」をタップします。
esfileexplorerv321

/systemはデフォルトでは読み込みのみを意味するRO(Read Only)のラジオボタンにチェックが入っています。system領域を誤って書き換えてしまってブートループや起動しない事態になったら大変なので当然ですね。
esfileexplorerv322

/systemを読み書き可能にするには、/systemの欄にあるRW(Read/Write)のラジオボタンにチェックを入れてOKをタップするだけです。
esfileexplorerv323


設定項目

最後に設定を見ていきます。高速アクセス下部の「設定」をタップします。
esfileexplorerv350

「表示設定」をタップしてみます。
esfileexplorerv351

隠しファイルを表示/スクロールつまみを表示/通知を閉じる/選択ボタンを表示/言語設定があります。「選択ボタンを表示」にチェックを入れてみます。
esfileexplorerv353

チェックを入れる前のメニューバーは一番左が「新規」になっていますが、チェックを入れると・・・
esfileexplorerv352

「選択」が常に表示されるようになります。これをタップすると・・・
esfileexplorerv354

すぐに複数のファイルを選択できる状態になります。
esfileexplorerv355

ファイルやフォルダを複数選択してコピーなどをすることが多い人は、チェックを入れておくとよさそうです。
esfileexplorerv356

次に「掃除設定」を見てみます。
esfileexplorerv357

終了時に履歴を消去/少量時にキャッシュを消去/キャッシュを消去/デフォルトを消去があります。全て日本語化されているので、使い方は特に困らないと思います。
esfileexplorerv358

次にディレクトリ設定を見てみます。
esfileexplorerv359

ホームディレクトリ/Bluetooth共有パス/ダウンロードパスを変更することができます。ホームディレクトリは、自分がよくアクセスするフォルダを指定しておくといいでしょう。
esfileexplorerv360

次にパスワード設定を見ていきます。
esfileexplorerv361

保護を開始/ネットワーク保護をオンにする/非表示リスト保護があります。
esfileexplorerv362

次は「設定のバックアップ」です。
esfileexplorerv363

ここではESファイルエクスプローラーの設定のバックアップとリストア(復元)が可能です。
esfileexplorerv364

次に「アプリマネージャ設定」を見てみます。
esfileexplorerv365

アンインストール前に自動バックアップ/アプリのバックアップディレクトリ/データのバックアップ/アプリの自動(アン)インストールがあります。バックアップ機能が充実していますね。
esfileexplorerv366

次に「ダウンロードマネージャ」を見てみます。
esfileexplorerv367

ESダウンローダを無効化する項目があります。
esfileexplorerv368

「ウィンドウ設定」を見てみます。
esfileexplorerv369

デフォルトで表示するウィンドウの設定が可能です。
esfileexplorerv370

自分がよくアクセスするディレクトリにチェックを入れて「OK」をタップするだけです。
esfileexplorerv371

「更新設定」を見てみます。
esfileexplorerv372

アプリの更新のチェックに関する設定が可能です。
esfileexplorerv373
「高速アクセス」の設定項目は以上です。特にRootオプションは以前のバージョンよりも素早くアクセスできるようになったので嬉しいですね。ただ、Root Explorerのように1タップですぐにオン/オフができるようになれば言う事無しです。


Ver3から、複数のファイルやフォルダをドラッグ&ドロップでコピー/貼りつけできるようになりました。

複数のフォルダを選択後、選択したフォルダのどれか1つをロングタップします。
esfileexplorerv324

すると複数フォルダ選択状態になるので、あとは移動させたいフォルダにそのまま持っていくだけです。
esfileexplorerv325

移動するかどうかの確認もされるので安心です。
esfileexplorerv326

移動が完了すれば、「●●●に移動成功」とポップアップが表示されます。
esfileexplorerv327

念のため移動ができているか確認してみます。
esfileexplorerv328

問題なく移動しています。
esfileexplorerv329


Ver3からは、共有機能も強化されています。ここでは、共有の方法を紹介します。

同じWi-Fiネットワーク内の別端末にファイルを送る

同じネットワーク内にあるESファイルエクスプローラーのVer3をインストールしている端末に、簡単にファイルを送ることができるようになりました。

共有したいファイルをロングタップしたまま少し移動させます。
esfileexplorerv330

すると四方にアイコンが表示されるので、左下のアイコンにそのまま持っていきます。
esfileexplorerv331

Nexus7にESファイルエクスプローラー Ver3をインストールして同じWi-Fiネットワークにつないでいたら、送り先にNexus7が表示されました。
esfileexplorerv332

チェックを入れて「送る」をタップします。
esfileexplorerv333

「転送中」の表示になります。
esfileexplorerv334

Nexus7を見てみると、送信の確認が表示されているので「OK」をタップします。
esfileexplorerv374

保存したい場所を選びます。
esfileexplorerv375

場所が決まったら「OK」をタップします。
esfileexplorerv376

すると、ファイルの受信が始まるのでしばらく待ちます。
esfileexplorerv377

「成功」と表示されれば転送は完了です。
esfileexplorerv378

念のためにファイルがあるか確認してみます。「場所を開く」をタップします。
esfileexplorerv379

正常に受信していますね。
esfileexplorerv380


通常の共有機能

ここからは、通常の共有機能の使い方です。

共有したいファイルをロングタップ後、左上の共有アイコンにそのまま持っていきます。
esfileexplorerv337

「LANより送信」をタップしてみると・・・
esfileexplorerv338

先ほどの転送方法を使えます。
esfileexplorerv339

Gmailを選ぶと・・・
esfileexplorerv340

ファイルがきちんと添付されています。共有も簡単にできますね。
esfileexplorerv341


ここでは、その他の機能に少しふれておきます。

ショートカット機能

まず、ファイルやフォルダのショートカット作成方法です。
ショートカットを作成したいフォルダをロングタップします。今回はsystemフォルダを選びました。
esfileexplorerv342

フォルダが選択状態になったら、メニューアイコンをタップします。
esfileexplorerv343

「ショートカットを作成」をタップします。
esfileexplorerv344

すると、ホーム画面にフォルダが作成されました。これがショートカットです。このフォルダをタップすると・・・
esfileexplorerv345

systemフォルダにすぐにアクセスすることができます。
esfileexplorerv346


お気に入り機能

最後に、お気に入り機能について紹介します。

お気に入り機能は、よく使うフォルダなどをお気に入りにおいておくことで、「高速アクセス」からすぐにアクセスすることができる機能です。

お気に入りに追加したいフォルダを選びます。ここでもsystemフォルダを選びました。その後にメニューアイコンをタップ>お気に入りに追加をタップします。
esfileexplorerv347

名前も変更することができます。分かりやすい名前に変えたら「OK」をタップします。
esfileexplorerv348

すると、「高速アクセス」のお気に入りにsystemフォルダが追加されました。すぐにアクセスできるようになりました。
esfileexplorerv349

ESファイルエクスプローラー Ver3の使い方は以上です。

まだ使い始めたばかりなので基本的な機能の紹介でしたが、大幅に変わったUIでも慣れれば使いやすくなると感じました。

他にも気づいた機能があれば紹介していきます。


スポンサーリンク


アプリをAndroidデバイスからダウンロード
(QRコードからインストールもできます)


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (1) Trackbacks (0)
  1. 助けてください。
    スマホの本体画像をESエクスプローラーを用いて、microSDのほうに移動しようし、
    本体画像をすべて選択して切り取り、microSDのページで貼り付けしました。
    半分近くは認識できたのですが、半分は?マークがついており、画像が破壊されているような状態でした。
    切り取りしてしまったので、本体のギャラリーページには表示されません。
    どうしてそうなってしまったのでしょう?
    復元することはできませんかね?泣
    再度本体ページにて貼り付けすることはできませんか?
    それともどこかにバックアップ等残らないのですかね?
    どうかよろしくお願いいたします。


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る