Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




GoogleがKDDIなどと共同で日米間に光海底ケーブル「FASTER」の建設を発表。総延長は9000キロ、初期設計容量は世界最大規模の60テラビット/秒、2016年度第1四半期の運用開始を予定。

Posted on 8月 11, 2014

faster
KDDIは、Googleなどと共同で日米間に光海底ケーブル「FASTER」を建設すると発表しました。

スポンサーリンク



光海底ケーブル「FASTER」は、KDDIとGoogle、China Mobile International、China Telecom Global、SingTel、TIME dotComが共同建設します。

FASTERは日米間を直接結ぶ総延長約9,000kmの光海底ケーブルで、初期設計容量は世界最大規模の毎秒60テラビットになるとのことです。
faster

運用開始は、2016年度第1四半期予定しています。

FASTERの運用開始により、スマートフォンやタブレットの浸透と、LTE網など高速無線通信の拡充で爆発的に増加している日米間のインターネットトラフィックの需要に対応することを目指しています。

FASTERは、千葉県南房総市にあるKDDIの千倉第二海底線中継所と三重県志摩市にある南志摩海底線中継所の2ヶ所に陸揚げします。

9000キロもの光海底ケーブルを2年弱で建設して運用開始するというのは驚きですね。

またFASTERの運用開始により、トラフィックの軽減につながってスムーズなパケット通信が実現することを願いたいですね。

source:KDDI

スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る