Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




GoogleのSundar Pichai氏がCyanogen社の買収交渉を行うが同社は拒否。Cyanogen社は10億ドルほどの評価を求めてハイテク企業や投資家と資金調達の交渉を継続中。

Posted on 10月 3, 2014

Cid_Cyanogenmod_09_1920x1200
GoogleのSundar Pichai氏がCyanogen社の買収交渉を行っていたことが分かりました。

スポンサーリンク



Cyanogen社は、AndroidベースのカスタムROM「Cyanogenmod」の開発を手掛ける企業です。

Googleは、Cyanogen社の買収を持ちかけるも同社は拒否。更に、Cyanogen社は10億ドルほどの評価を求めてハイテク企業や投資家と資金調達の交渉を継続中とのことです。

Cyanogenmodは、AndroidベースのROMではあるもののOnePlus社と提携し、OnePlus Oneにプリインストールされて発売されました。

また、先日Android Oneシリーズをインドで発売したMicromax社とも提携し、同社は2014年末までにCyanogenmodを搭載した端末を発売するとも伝えられています。

Googleは、Cyanogenmodとのシェア争いでAndroid OSのシェアダウンを避けることと、Android Oneで提携しているMicromaxを自社で確実にコントロールしておきたいという思惑があると分析されています。

Cyanogen社の資金調達の動きなどを見ると、今後もメーカーと提携してCyanogenmod搭載のスマートフォンやタブレットをリリースしていくようですね。

source:The Information via:Slash Gear

スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る