Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




関西電力がKDDIと提携へ。首都圏でKDDIの携帯電話や光回線と電気のセット販売開始に向けて交渉中。

Posted on 6月 7, 2015

kansaidenryokul
関西電力がKDDIと電力の小売事業で提携すると、日本経済新聞が報じました。


2016年4月に電力小売りが全面自由化

2016年4月に電力小売りが全面自由化され、新規事業者も一般家庭向けに電気を販売できるようになります。

その流れの中で、関西電力は収益力の強化を狙って国内で最大の市場である首都圏において顧客を獲得していく計画です。


東京電力への対抗策としてKDDIと協業

関西電力は新たに進出する首都圏で東京電力に対抗するために、KDDIの携帯電話や光回線と電気のセット販売に乗り出します。

消費者はセット販売で電気を契約することで、KDDIの携帯電話・光回線と電気を別々に契約するよりもセットで契約したほうが割安になります。

関西電力とKDDIはセット販売の契約方法や割引率などについて詰めている段階で、セット販売の対象はKDDIの携帯電話を複数回線契約する世帯向けに限定するようです。


関西電力とKDDIにとってのメリット

この協業はKDDIにとっても契約者増の契機になるというメリットがあります。まずは首都圏で販売を始め、成果を見ながら東海地区など他地域で事業展開することも検討するとのことです。

KDDIは全国で約4300万人の携帯電話契約者を抱え、そのうちの1800万人が関東圏。関西電力はKDDIの顧客基盤を生かし、東京電力よりも割安な電気料金を設定することで新規顧客獲得につなげると見られています。


関西電力は関西圏ではNTTドコモやソフトバンクともセット販売を検討中

関西電力は、地盤である関西圏についてはKDDIだけでなく、NTTドコモやソフトバンクともセット販売を検討しています。圧倒的なシェアを持つ関西圏内で顧客を取られないように3社と提携する方針です。

両社は優先交渉に入っており、電力の小売が全面自由化される2016年度に販売を始めたい考えとのことです。


東京電力はソフトバンクとセット販売で優先交渉中

なお、東京電力はすでにソフトバンクとセット販売で優先交渉を進めており、異業種との協業を利用して関西圏などに進出する方針です。


今後は光回線だけでなく、電力もセットになって携帯電話が販売されることになりそうですね。

source:日本経済新聞

スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss




この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます



Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る