Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




次期AndroidバージョンのランタイムはARTのみに。AOSPのmasterブランチからDalvikが削除される。

Posted on 6月 19, 2014

dalvik-is-dead
次期AndroidバージョンのランタイムがARTのみになることが判明しました。

スポンサーリンク



Googleは、Android4.4(KitKat)から従来のラインタイムであるDalvikにART(Android Run Time)を追加し、開発者向けオプションからどちらかを選べるようにしていますが、次期AndroidバージョンではARTのみになるようです。

AOSP(Android Open Source Project)のmasterブランチから、「Dalvik is dead, long live Dalvik! DO NOT MERGE」と表記されてDalvikが削除されています。

DalvikからARTに切り替えると、アプリの起動速度などが早くなり、より快適にAndroidを使うことができます。

ただ、Root化している人は使っていることが多いと思われるXposedフレームワークがまだARTに対応しておらず、私が使っているXposedモジュールも使えないのが、私がARTに切り替えられない一番の要因となっています。

XposedフレームワークがARTに対応したら、カスタムROMはVelocity、カーネルはBrickedで行きたいと思っています。

次期Androidバージョンは6/25~26に開催されるGoogle I/O 2014で発表される可能性が高いと思われます。

新バージョンの新機能などはもちろん楽しみですが、個人的にはARTがデフォルトのランタイムになることでXposedのART対応が進むことを期待して、ART対応のXposedフレームワークがリリースされるのを楽しみに待ちたいと思います。

source:liliputing

スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る