Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




次期Androidバージョンでは、Root権限が必要なアプリのほとんどが使えなくなる可能性。

Posted on 1月 21, 2014


次にリリースされるAndroidバージョンでは、Root権限が必要なアプリのほとんどが使えなくなる可能性があることが判明しました。

スポンサーリンク



SuperSU作者のChainfire氏によると、1週間ほど前にAOSPのマスターツリーにdataパーティションに置かれたファイルからのSUの実行を拒否するコミットが追加されました。

現在のRoot権限が必要なアプリのほとんどが、dataパーティションに置いたファイルからSUを実行するので、現状のままでは次期Androidバージョンアップ時にこれらのアプリが全て使えなくなります。

Chaifire氏は上記のページで、Rootアプリ開発者に今のうちに次期バージョンアップ時の対策を立てるように呼びかけています。

Root権限が必要なアプリで便利なものはたくさんあるので、これらのアプリが使えなくなると本当に不便になります。

新Androidバージョンはいつリリースされるかわかりませんが、アプリ開発者は次期バージョンに向けて今から対策が必要かもしれませんね。

スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (4) Trackbacks (0)
  1. supersuがアップデートされたのもこれと関係があったんですね。いつもいい情報ありがとうございます

    • uemuraさん

      対策さえ立てれば次期バージョンでも使えるようなので、あとはアプリ開発者の方の対応待ちですね。

  2. CFさんは対策も構築済みとゆう情報もありますね。googleリファレンスのNexusは大丈夫なのかな?その他のandroid端末は駄目なのかな?それにもよりますね。

    • tenchouさん

      今回の件は、dataパーティションからのSU実行ができなくなるという内容なので、ChainFire氏の対策を実行すれば解決するでしょうね。


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る