Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




XposedモジュールのGravityBoxがついにAndroid 5.0 Lollipopに対応&インストール方法。

Posted on 2月 23, 2015

gravitybox-android5.0-lollipop-alpha100
XposedモジュールのGravityBoxがついにAndroid 5.0 Lollipopに対応し、アルファ版がリリースされました。

スポンサーリンク



GravityBoxの特徴

GravityBoxは、LMT LauncherのPIEやステータスバーのアイコン色の変更、バッテリー残量アイコンの変更、電源メニューに再起動やリカバリモードで起動などを追加、ナビゲーションバーリングのカスタムなど、これまでカスタムROMで実装されていた多くのカスタム設定をストックROMでも利用できる点が最大の特徴です。

私もNexus5OnePlus Oneでナビゲーションバーリングのカスタムなどをしていました。
cfx-navbar-custom60

詳しくはGravityBoxでNexus5のカスタムROM cfXのナビゲーションバーをカスタム&GravityBoxのナビゲーションバー関連でカスタムできる項目まとめ。を参照してください。

先日Xposed FrameworkがAndroid 5.0 Lollipopに対応したことを受けて、GravityBoxもAndroid 5.0 Lollipopに早速対応してリリースされました。

なお、Nexus6でXposed Frameworkアルファ版を正常に利用する方法は、Nexus6(Android 5.0.1)にインストールしても使えないXposed Framework アルファビルドを使えるようにする方法。を参照してください。


Android 5.0 Lollipop対応GravityBoxのダウンロードとインストール

Android 5.0 Lollipop対応GravityBoxのダウンロードとインストールは、Xposed Installerの「モジュール」から可能です。

「grav」と検索すれば、Android 5.0 Lollipop対応GravityBoxが出てきます。GravityBox[LP]と記載されているものをダウンロードします。
gravitybox-android5.0-lollipop-alpha100

最新バージョンをタップしてダウンロードします。
gravitybox-android5.0-lollipop-alpha101

ダウンロードが終わるとGravityBoxのインストールが自動で始まるので、「次へ」をタップします。
gravitybox-android5.0-lollipop-alpha102

「インストール」をタップします。
gravitybox-android5.0-lollipop-alpha103

インストールが完了したら「完了」で終了です。
gravitybox-android5.0-lollipop-alpha104

GravityBoxのためにXposed Frameworkを使っている人も多いと思います。

まだ実装されいている機能は少ないですが、開発が進むにつれて増えていくことに期待したいですね。

source:XDA

スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る