Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




BlackBerry Privのスペック/日本価格/MVNOセットと注意点まとめ

Posted on 3月 1, 2017

blackberry-priv2
このページでは、BlackBerryシリーズ初のAndroid OS搭載スマホ「BlackBerry Priv」の特徴・スペックと価格、日本発売日、注意点をまとめています。

スポンサーリンク



BlackBerry Privの意味

BlackBerry Privの「Priv」は、「Privacy(プライバシー)」と「Privilege(特権)」を意味するとのことです。セキュリティの強さで知られるBlackBerryらしいネーミングですね。
blackberry-priv20


BlackBerry Privのスペック

BlackBerry Privのスペックは以下の通りです。

OS

Android 5.1.1 Lollipop

ディスプレイ

サイズ:5.4インチ
解像度:2,560 x 1,440ピクセル 540PPI

CPU

Qualcomm MSM8992 Snapdragon 808 6コア 1.8GHz
(64bit Dual-core 1.8GHz Cortex-A57 / Quad-core 1.44GHz Cortex-A53)

GPU

Adreno 418 600MHz

RAM

3GB

ストレージ

32GB

外部メモリー

microSDXC (最大2TB)

背面カメラ

・シュナイダー・クロイツナッハ認定 1,800万画素 LED Flash 4倍デジタルズーム F2.0
・光学式手ブレ補正
・4K 30fpsの動画撮影に対応

前面カメラ

200万画素

バッテリー容量

3,410mAh リチウムイオンバッテリー 取り外し不可

連続通話時間

23.9時間

連続音楽再生時間

72.7時間

連続ビデオ再生時間

10.2時間

連続待受時間

408時間

サイズ(高さ x 幅 x 厚さ)

147 x 77.2 x 9.4 mm

重量

192 g

対応周波数(バンド)

FDD-LTE
2100MHz(1) / 1900MHz(2) / 1800MHz(3) / 1700/2100MHz(4) / 850MHz(5) / 2600MHz(7) / 900MHz(8) / 700MHz(12) / 700MHz(13) / 700MHz(17) / 800MHz(19) / 800MHz(20) / 1900MHz(25) / 700MHz(28) / 700MHz(29) / 2300MHz(30)

TDD-LTE
Band38 / Band40 / Band41

3G(HSPA+)
2100MHz(1) / 1900MHz(2) / 1700/2100MHz(4) / 850MHz(5) / 800MHz(6) / 900MHz(8)

GSM
850 / 900 / 1800 / 1900 MHz

その他

・microUSBポート

・Qualcomm QuickCharge 2.0対応

・ワイヤレス充電対応(米国のみ)

・Wi-Fi:802.11b/g/n 2.4GHz、802.11a/n 5GHz、802.11a/c 5GHz、4G Mobile Hotspot、Wi-Fi Direct、2x2 MIMO

・Bluetooth:4.1 LE/EDR

・NFC対応

・物理キーボードあり


BlackBerry Privの日本発売日

BlackBerry Privが日本にて2016年3月25日に発売されました。

BlackBerry Privの日本発売日は不明ですが、BlackBerry ClassicとBlackBerry Passportを販売するBlackBerry正規代理店のFOXが予約を受付中です。

予約方法はメールの登録で、入荷については登録したメールアドレス宛に後日お知らせがくるとのことです。
blackberry-priv10

また、BlackBerry Privの発送は予約順で行うとのこと。早く欲しい人は早めに登録しておく必要があります。



BlackBerry Privの日本価格

99,800円


BlackBerry Privの購入方法とMVNO(格安SIM)セット

BlackBerry Privは以下の店舗やウェブサイトで購入できます。

ビックカメラ
BlackBerry PRIV ブラック 「PRD-60028-037」
icon
Amazon
【日本正規代理店品】BlackBerry Priv Black Android SIMフリースマートフォン ブラックベリー 32GB スライド QWERTY キーボード caseplay FOX PRD-60028-037

U-mobile(格安SIMとのセット)
※販売終了しました。

caseplay
BlackBerry Priv Black SIMフリー ブラックベリー Android 32GB


BlackBerry Privの特徴

BlackBerry Privの特徴は以下の通りです。

BlackBerry初のAndroid OS搭載端末

BlackBerry Privは、BlackBerryシリーズで発売された初めてのAndroid OS搭載スマートフォンです。
blackberry-priv1

これまでのBlackBerryシリーズには、BlackBerry専用のBlackBerry OSが搭載されていました。BlackBerry OSではエミュレータを使うことでAndroidアプリを使用することもできますが、エミュレータを介するため純粋なAndroid OSのようにアプリがスムースに動かないこともあります。

BlackBerry PrivにはAndroid 5.1.1 Lollipopが搭載されるため、外観はBlackBerryながら純粋なAndroid OSで利用することができます。もちろんGoogle Playもプリインストールされているので、Google Playからアプリをインストールすることも可能です。
blackberry-priv2


スライド式の物理キーボードを搭載

BlackBerryの端末を見てまず目が行くのが、キーボードです。これまでのBlackBerryスマートフォンは、Z10やZ30などZシリーズ以外はすべて物理キーボードが搭載されています。

Android OS搭載のBlackBerry Privにも物理キーボードは搭載されています。
blackberry-priv3

BlackBerry Privの物理キーボードはスライド式になっています。
blackberry-priv4

ディスプレイに表示されるソフトキーボードで文字入力したいときは、物理キーボードをスライドして収納することができます。
blackberry-priv6


「DTEK by BlackBerry」でセキュリティ強化

BlackBerry Privには「DTEK by BlackBerry」という機能が実装されます。
dtek-by-blackberry1

DTEK by BlackBerryは実行されている処理やアプリをリアルタイムに監視し、セキュリティレベルを「Excellent」「Fair」「Poor」の3段階で評価します。また、「Fair」「Poor」の場合は解決策を提案してくれ、BlackBerry Privの安全性を常に維持できます。

例えばWhatsAppアプリを利用した際に、WhatsAppが何時何分に端末内の連絡先にアクセスしたか、またどのぐらいの期間アクセスしていたかをDTEK by BlackBerryは教えてくれます。さらに、アプリが危険だと判断すればそのままアンインストールすることも可能です。
dtek-by-blackberry2

DTEK by BlackBerryはアプリが重要なアクセス権限(カメラ、連絡先、位置情報、マイク、メッセージ、ビデオ)にアクセスする度に通知してくれる機能もあります。また、アプリ毎にアクセス権限を個別に削除することも可能です。
dtek-by-blackberry3

DTEK by BlackBerryも、セキュリティを重視するBlackBerryならではの機能ですね。


BlackBerry Priv日本公式版の注意点

BlackBerry Priv日本公式版で気になった点がいくつかあったので挙げておきます。

BlackBerry Privの対応周波数(バンド)が分からない(3/25判明)

個人的に、SIMフリースマートフォンの購入を検討する際に最も注意する項目が対応周波数です。いくら良い端末であっても、電波が入りにくければそもそも電話としての最低条件をクリアできていません。

BlackBerry Privの対応周波数(バンド)を確認したところ、BlackBerry正規代理店であるFOXの予約受付ページにあるスペック表にさえ記載がありません。

現在、日本で流通する多くのSIMフリースマートフォンは日本のキャリアが使用している周波数帯に合わせているため、キャリアで販売されているスマートフォンとほとんど変わらない広いエリアで電波を拾うものがほとんどですが、これはメーカー自身が日本の市場向けにしっかりと対応させているからです。

参考に、米国のBlackBerry公式サイトに記載されているBlackBerry PrivのAsia-Pacificモデルの対応バンドを見てみると、例えばdocomo SIMで運用する場合LTEはBand1と3のみで800MHz帯のBand19や1.5GHz帯のBand21は非対応となっています。

3Gに関しては、Band1とFOMAプラスエリアのBand6に対応しているため広い範囲で利用できるはずです。

FOXは予約受付するに当たって、対応バンドはしっかりと記載すべきではないでしょうか。

2016/3/28追記
BlackBerry Privの日本発売に伴い、日本版のバンドが判明しました。

日本版は、LTEにおいてドコモのプラチナバンドである800MHz(Band19)に対応しています。

Band21には対応していないものの、Band1とBand19に対応していればドコモのSIMやドコモ系格安SIMでも広いエリアでLTE通信が利用できます。
格安SIMカード MVNO docomo系比較・おすすめランキング【5月25日】

BlackBerry Privの対応周波数は、日本国内の利用については全く問題ありません。



BlackBerry Privの日本価格が未定

BlackBerry Privの予約は始まりましたが、予約ページに販売価格が記載されておらず未定となっています。

BlackBerry Privを購入するユーザーは、価格ではなくBlackBerryだから(特にPrivはAndroid搭載もポイントかも)という理由で購入する割合が多く、価格で買う/買わないを判断する人は少ないかもしれません。

ですが、BlackBerry Privの米国での価格は699ドル(約86,000円)と決して安くはなく、さらに円安の日本で販売されるならいくらぐらいになるか気になる人も少なからずいるはずです。

販売する予定なら、価格もしっかりと表記してほしいところです。

2016/3/28追記
BlackBerry Privの発売に伴い、日本版の販売価格も判明しました。ですが、予約を受け付けるなら事前の価格案内は欲しかったですね。


BlackBerry Privまとめ

BlackBerry Privは価格が99,800円と非常に高いもののスライド式キーボードを備えるAndroid搭載スマートフォンということで話題になっています。

対応バンドや価格など予約段階で一切分からないのが残念でしたが、バンドは日本向けに追加されているため日本国内の広い範囲で通話や通信が可能です。

スマートフォンにセキュリティを求める人やBlackBerryが好きという人には最適なスマートフォンではないでしょうか。

BlackBerry Privの特徴とスペック、価格、日本発売日と注意点まとめは以上です。

スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る