Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




AOKP JB Nightly20130422をインストール。リボン機能が追加。

Posted on 4月 26, 2013


AOKP公式版のAOKP JB Nightly20130422がリリースされたので導入してみました。

スポンサーリンク



ブートローダーアンロックやカスタムリカバリ導入、カスタムROMの導入によって、メーカーの補償は一切きかなくなります。
また、作業中にデータが消えたり、端末が起動しなくなってしまったとしても、当方では一切責任は負えません。
全て自己責任で作業を行ってください。


Galaxy Nexus(SC-04D):aokp_maguro_nightly_2013-04-22.zip
Nexus 7:aokp_grouper_nightly_2013-04-22.zip
Nexus 4:aokp_mako_nightly_2013-04-22.zip
Nezus 10:aokp_manta_nightly_2013-04-22.zip

Gapps:gapps-jb-20130301-signed.zip

カスタムリカバリについて

まずAndroid4.2.1ベースのROMを導入する前に、カスタムリカバリはそれぞれのデバイス用の最新のTWRPを導入しておいてください。

Android 4.2に対応していないバージョンのTWRPを使ってFactory Resetすると、/sdcard内に0フォルダが無限に生成されてしまい、保存しているデータが一番深い階層の0フォルダに移動してしまうバグがあります。

TWRPについての詳細と導入方法は、TWRP 2.3.2.1を導入。Android 4.2に対応&Wipe data(Factory Reset)時に/sdcard内で無限に0フォルダが生成されるバグを修正。を参照してください。

Nexus 4やNexus 7、Nexus 10に導入する場合は、Nexus 4へのTWRP導入方法・手順。を参照してTWRPを導入しておいてください。


インストール方法

TWRPからのインストール方法は、Nexus 7にタブレットUIのカスタムROM、ParanoidAndroid2.16を導入。を参照してください。

Goomanagerからのインストール方法は、Galaxy Nexus(SC-04D)でカスタムROM・Google Appsなどの複数のzipファイルを一度にまとめてインストールする方法。を参照してください。

また、Nexus 7はデュアルブート(マルチブート)でROMを導入して、簡単にROMを切り替えながら使う事もできます。

Nexus 7にデュアルブート(マルチブート)でROMを導入したい場合は、Nexus 7をデュアルブート(Dual Boot)化して、AOKPとParanoidAndroidを切り替えて使う方法。を参照して作業をしてください。


Myupdate.zipについて

私は、SPモードメールを自動受信させる作業やフォント変更の作業、ATOK使用時に絵文字を表示させる作業などをTWRPなどからインストールするだけで一発で完了するMyupdate.zipを作っています。

Android 4.2用Myupdate.zip。フォント変更対応。からダウンロードしてインストールしてください。

また、Nexus 4とNexus 7用のMyupdate.zipも作成しました。

Nexus 4用はNexus 4用Myupdate.zip。APN追加、フォント変更、ATOKの絵文字表示、AppWidgetPickerとTitanium Backupのインストールをまとめて実施可能。からダウンロードしてください。

Nexus 7用はNexus 7用Myupdate.zip。フォント変更、ATOKの絵文字表示、AppWidgetPickerとTitanium Backupのインストールをまとめて実施可能。からダウンロードしてください。



@docomo.ne.jpアドレスの運用について

Galaxy Nexus(SC-04D)は、ドコモから発売された機種なのでSPモードメールが利用できますが、Nexus 7やNexus 4はドコモから発売されていない為SPモードメールは使えません。

私は、SPモードメールの代わりにIMoNiでNexus 7やNexus 4で@docomo.ne.jpアドレスを運用しています。

ただ、IMoNiだけでは@docomo.ne.jpのプッシュ受信(自動受信)に対応していないため一定間隔でメールの定期チェックをする必要があります。

定期チェックをすることでバッテリーの消費が増えるというデメリットがありますが、これを解決するのがIMoNIWakeUpです。

IMoNIWakeUpを使うと、IMoNiで定期チェックをしなくてもほぼプッシュで受信することができるようになり、バッテリーの消費を抑えることができます。

ドコモから発売されていない機種で@docomo.ne.jpを運用するなら必須のアプリなので、上記リンクを参照してください。

Android 4.2以降ベースのAOKPでこれまでに実装されている機能については、こちらを参照してください。

今回は、AOKP JB Nightly20130422で追加された主な機能を紹介します。

リボン機能が追加
AOKPに新しく「リボン」という機能が追加されました。

リボンは、自分がよく使う機能やショートカットなどをすぐに呼び出すことができる機能です。

ディスプレイ右側の下に表示されている「戻る/ホーム/アプリ使用履歴/メニュー/Playストア/マップ」がリボンです。
aokpjbnightly042260

それではリボンの設定と使い方です。
ROM Control>Ribbon optionsをタップします。


「Lockscreen ribbon」をタップしてみます。
aokpjbnightly04221

リボンは、Lockscreen(ロック画面)、Notifications(通知領域)、Quick settings(クイック設定)、AOKP swipe(ディスプレイ端からのスワイプ操作)の4種類があります。
aokpjbnightly04222

まずはロック画面のリボンを設定してみます。「+」アイコンをタップすると・・・
aokpjbnightly04223

ショートカットを増やすことができます。ショートカットアイコンをタップします。
aokpjbnightly04224

スワイプ時(タップ時)とロングタップ時にそれぞれ機能を割り当てることができます。また、「アイコン変更」からショートカットのアイコンを変更することもできます。
aokpjbnightly04225

スワイプ時(タップ時)にショートカットを割り当てます。
aokpjbnightly04226

トーチを選びました。
aokpjbnightly04227

ショートカットアイコンがトーチのアイコンに変わりました。
aokpjbnightly04228

次にロングタップ時のショートカットを割り当てます。
aokpjbnightly04229

音声検索を選びました。
aokpjbnightly042210

選択が完了したら、保存アイコンをタップします。
aokpjbnightly042211

ロック画面にリボンが表示されています。これをタップすると、トーチが起動します。
aokpjbnightly042212

ロングタップすると音声検索が起動しました。
aokpjbnightly042213

次にNotifications ribbonを設定してみます。
aokpjbnightly042214

アプリショートカットをタップしてアプリを割り当ててみます。
aokpjbnightly042215

「アプリケーション」をタップします。
aokpjbnightly042216

「Google設定」を選びました。
aokpjbnightly042217

Google設定アイコンをタップします。
aokpjbnightly042218

ロングタップ時の動作も割り当てます。
aokpjbnightly042219

Google Nowを選択しました。
aokpjbnightly042220

割り当てが終わったら保存アイコンをタップします。
aokpjbnightly042221

通知領域を開くと、リボンが追加されています。これをタップすると・・・
aokpjbnightly042222

Google設定が起動します。
aokpjbnightly042224

ロングタップすればGoogle Nowが起動します。
aokpjbnightly042223

次にQuick settings ribbonsを設定します。
aokpjbnightly042225

ショートカットアイコンをタップします。
aokpjbnightly042226

検索を割り当てます。
aokpjbnightly042227

保存アイコンをタップします。
aokpjbnightly042228

クイック設定を開くと、検索のリボンが上部に追加されています。
aokpjbnightly042229

最後にAOKP swipe ribbonsを設定してみます。
aokpjbnightly042230

これだけ設定画面のUIが違いますね。ディスプレイ下(bottom)、右(right)、左(left)からリボンを起動することができます。下部から起動させる場合は、ナビゲーションバー非表示である必要があります。
今回は右(right)をONにして有効にしました。
aokpjbnightly042231

Icon sizeをタップすると・・・
aokpjbnightly042232

Normal、Midium、Smallから選ぶことができます。好みで変更してください。
aokpjbnightly042233

Ribbon Auto Timeoutでは、表示させたリボンを非表示にさせるまでの時間を設定できます。
aokpjbnightly042234

隠さない~30秒まで、細かく設定できます。
aokpjbnightly042235

Ribbon Handle Locationでは、リボンを起動するためにスワイプする場所を指定します。
aokpjbnightly042236

Centered(中央)、Top(上部)、Bottom(下部)から選択可能です。
aokpjbnightly042237

ショートカットを割り当てていきます。
aokpjbnightly042238

スワイプ時の動作を割り当てます。
aokpjbnightly042239

「戻る」を選びました。
aokpjbnightly042240

「+」アイコンをタップします。
aokpjbnightly042241

更にショートカットを追加します。
aokpjbnightly042242

「ホーム」を割り当てました。
aokpjbnightly042243

他にもアプリ使用履歴、メニューのショートカットを割り当ててみました。
aokpjbnightly042244

ディスプレイ右側中央からスワイプすると、ソフトキーが割り当てられたリボンが起動しました。
Ubuntu Touchの機能に似ていますね。
aokpjbnightly042245

設定を少しいじります。Ribbon Handle Locationをタップします。
aokpjbnightly042246

Bottomに変えればスワイプ操作がディスプレイ右側下部からでOKなので、片手操作の人には便利です。
aokpjbnightly042247

次にIcon gravityです
aokpjbnightly042248

Bottomに変更します。
aokpjbnightly042249

スワイプすると、ショートカットが下部に表示されました。これも片手操作には助かります。
aokpjbnightly042251

次にShow app nameをOFFにします。
aokpjbnightly042252

ソフトキーの名前が消えてスッキリしました。
aokpjbnightly042253

ハンドルの不透明度のシークバーを右にスライドさせると、ハンドル(リボンを起動するエリア)が目に見えるようになります。起動エリアを決める際に便利ですね。
aokpjbnightly042254

Drag Handle Lengthのシークバーを右にスライドさせると、リボンを起動させるエリアの幅が広くなります。他のスワイプ系のアプリを使っている場合に、起動場所がかぶらなくて済みます。
aokpjbnightly042255

Drag Handle Thicknessのシークバーを右にスライドすると、リボン起動エリアが横に広くなります。画面ギリギリでなくてもリボンが起動するようになるので、例えばケースをつけている場合などに重宝しそうです。
aokpjbnightly042256

デフォルトのリボンの背景は黒ですが、これを変更してみます。
aokpjbnightly042257

Opacity of Swipe Ribbonのシークバーを左にスワイプしてみます。
aokpjbnightly042258

すると、リボンの背景が透過されました。
aokpjbnightly042259

ソフトキーだけでなく、アプリを追加で割り当てても透過などの設定は正常に反映されています。
aokpjbnightly042260
AOKP JB Nightly20130422の主な追加機能であるリボン機能の使い方や設定は以上です。

ParanoidAndroidはPie機能が便利ですが、AOKPのリボンも使い方によっては便利に活用できそうですね。

また久しぶりにAOKPを触ってみたのですが、以前よりも動きがスムースで軽くなった印象です。

Nexus7でしばらく使ってみようと思います。
スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (7) Trackbacks (0)
  1. こんばんは!
    PAは標準ブラウザのクイックコントロールからヒントを得てpieを考案し、AOKPはubuntuにヒントを得てribbonを考案したと言ったところでしょうかね♪

    それぞれの独自性が出ていて流石という感じです!

    • jonnyさん

      確かに、AOKPとPAはそれぞれ独自の機能を開発していて焼きがいがありますよね!
      少し使ってみた感じだと、ribbonはUbuntuと同じくアプリのショートカットとして使うのが最適な気がします。

  2. こんにちは。いつも詳ししく見やすいこちらのサイトを見させてもらっていますw
    Galaxys4(日本版)にAOKPをインストールしたところ、動画が見れないということと、カメラが起動しないという問題が起きました。カメラの方は一撃ほむらをつかったら解決したのですが、動画が再生されない問題は解決しませんでした。解決方法がございましたらお教え頂けたら光栄です。

  3. 追記です。見れないのはwebの動画、本体カメラで録画したものなど、動画全般です

  4. こんばんは いつもお世話になります

    ところで aokp_maguro_nightly_2013-06-30.zip
    をGalaxy Nexusに焼いたところ SPmodeをつかまなくなりました
    Moperaはちゃんとつかむのですが、、、
    なにか改善策があるのでしょうか それとも私だけ、、
    よろしくお願いします

  5. こちらの記事を参考にしてはどうでしょうか
    http://androidlover.net/smartphone/galaxynexus/android-4-2-myupdate-zip.html
    その症状はどうやらAPNにSPmodeへの接続の設定が消えているからだそうです。

  6. APNに、新たにspmodeを追加設定すれば問題なく使えるようになりますけど。私は、それで使ってます。4.3にアップした時も、spmodeは含まれてませんが、手動追加で問題無く掴みます。


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る