Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




AOKP JB MR1 Build 4(Android4.2.2ベース)リリース。追加機能まとめ。

Posted on 2月 26, 2013

aokpmr1build428
AOKP公式版のAOKP JB MR1 Build 4がAndroid4.2.2ベースでリリースされたので、導入してみました。

スポンサーリンク



ブートローダーアンロックやカスタムリカバリ導入、カスタムROMの導入によって、メーカーの補償は一切きかなくなります。
また、作業中にデータが消えたり、端末が起動しなくなってしまったとしても、当方では一切責任は負えません。
全て自己責任で作業を行ってください。


Galaxy Nexus(SC-04D):aokp_maguro_jb-mr1_build-4.zip
Nexus 7:aokp_grouper_jb-mr1_build-4.zip
Nexus 4:aokp_mako_jb-mr1_build-4.zip
Nezus 10:aokp_manta_jb-mr1_build-4.zip


Gapps:gapps-jb-20121212-signed.zip

カスタムリカバリについて

まずAndroid4.2.1ベースのROMを導入する前に、カスタムリカバリはそれぞれのデバイス用の最新のTWRPを導入しておいてください。

Android 4.2に対応していないバージョンのTWRPを使ってFactory Resetすると、/sdcard内に0フォルダが無限に生成されてしまい、保存しているデータが一番深い階層の0フォルダに移動してしまうバグがあります。

TWRPについての詳細と導入方法は、TWRP 2.3.2.1を導入。Android 4.2に対応&Wipe data(Factory Reset)時に/sdcard内で無限に0フォルダが生成されるバグを修正。を参照してください。

Nexus 4やNexus 7、Nexus 10に導入する場合は、Nexus 4へのTWRP導入方法・手順。を参照してTWRPを導入しておいてください。


インストール方法

TWRPからのインストール方法は、Nexus 7にタブレットUIのカスタムROM、ParanoidAndroid2.16を導入。を参照してください。

Goomanagerからのインストール方法は、Galaxy Nexus(SC-04D)でカスタムROM・Google Appsなどの複数のzipファイルを一度にまとめてインストールする方法。を参照してください。

また、Nexus 7はデュアルブート(マルチブート)でROMを導入して、簡単にROMを切り替えながら使う事もできます。

Nexus 7にデュアルブート(マルチブート)でROMを導入したい場合は、Nexus 7をデュアルブート(Dual Boot)化して、AOKPとParanoidAndroidを切り替えて使う方法。を参照して作業をしてください。


Myupdate.zipについて

私は、SPモードメールを自動受信させる作業やフォント変更の作業、ATOK使用時に絵文字を表示させる作業などをTWRPなどからインストールするだけで一発で完了するMyupdate.zipを作っています。

Android 4.2用Myupdate.zip。フォント変更対応。からダウンロードしてインストールしてください。

また、Nexus 4とNexus 7用のMyupdate.zipも作成しました。

Nexus 4用はNexus 4用Myupdate.zip。APN追加、フォント変更、ATOKの絵文字表示、AppWidgetPickerとTitanium Backupのインストールをまとめて実施可能。からダウンロードしてください。

Nexus 7用はNexus 7用Myupdate.zip。フォント変更、ATOKの絵文字表示、AppWidgetPickerとTitanium Backupのインストールをまとめて実施可能。からダウンロードしてください。



@docomo.ne.jpアドレスの運用について

Galaxy Nexus(SC-04D)は、ドコモから発売された機種なのでSPモードメールが利用できますが、Nexus 7やNexus 4はドコモから発売されていない為SPモードメールは使えません。

私は、SPモードメールの代わりにIMoNiでNexus 7やNexus 4で@docomo.ne.jpアドレスを運用しています。

ただ、IMoNiだけでは@docomo.ne.jpのプッシュ受信(自動受信)に対応していないため一定間隔でメールの定期チェックをする必要があります。

定期チェックをすることでバッテリーの消費が増えるというデメリットがありますが、これを解決するのがIMoNIWakeUpです。

IMoNIWakeUpを使うと、IMoNiで定期チェックをしなくてもほぼプッシュで受信することができるようになり、バッテリーの消費を抑えることができます。

ドコモから発売されていない機種で@docomo.ne.jpを運用するなら必須のアプリなので、上記リンクを参照してください。

Android 4.2以降ベースのAOKPでこれまでに実装されている機能については、こちらを参照してください。

AOKP JB MR1 Build3のリリース直後にGoogleからのAndroid4.2.2へのアップデートが配信されたので、Build3の記事はありません。

今回は、AOKP JB MR1 Build3と4で追加された主な機能を紹介します。

Android4.2.2ベースに
AOKP MR1 Build4は、Android4.2.2ベースでビルドされています。
AOKP MR1 Build3のリリース直後にAndroid4.2.2の配信が始まったのでタイミングが悪かったですが、ようやくAOKPもAndroid4.2.2ベースになりました。
aokpmr1build41


AC抜き差し時にスリープを解除することが可能に
充電する為にUSBケーブルを挿した時や抜いた時に、端末のスリープを解除するかしないかを選べるようになりました。
設定はROMコントロール>充電時にウェイクアップにチェックを入れるだけです。
aokpmr1build44


UIをフォンUI・ファブレットUI・タブレットUIから選択可能に
UIをフォンUI・ファブレットUI・タブレットUIから選ぶことができるようになりました。
設定は、ROMコントロール>全般>UIモードをタップします。
aokpmr1build45

ここから希望のUIを選びます。日本語化もされているので簡単ですね。試しにTabletを選んでみます。
aokpmr1build46

タブレットUIになりました。ただ、右側の時間や電池アイコンが一回り小さく表示されているのが気になります。
aokpmr1build47


ナビゲーションバーのみを隠す機能が追加
フォンUIやファブレットUI時に、ナビゲーションバーのみを隠す機能が追加されました。
設定はROMコントロール>ナビゲーションバー>ナビゲーションバーを隠すにチェックを入れます。
aokpmr1build48

すると、ステータスバーは表示されていますが、ナビゲーションバーは消えました。
ディスプレイ下部の中央に「ハンドル」という白いボタンのようなアイコンがありますが、ここを下から上にスワイプすると・・・
aokpmr1build49

ナビゲーションバーが一時的に表示されます。しばらくそのままにしておくと・・・
aokpmr1build410

再度ナビゲーションバーが消えます。一時的に、より広く画面を使いたいときに便利ですね。
aokpmr1build411

ハンドルの表示をカスタムすることも可能です。ハンドルの不透明度のシークバーを左にスライドさせると、徐々に薄くなっていきます。
aokpmr1build412

ハンドルの幅のシークバーを右にスライドすると、ハンドルの幅が広くなりスワイプでナビゲーションバーを表示できる場所が広くなります。
aokpmr1build413

表示時間をタップします。
aokpmr1build415

ハンドルをスワイプ後に表示されるナビゲーションバーを、何秒間表示し続けるかを決めることができます。1.5秒~30秒まで選べます。
aokpmr1build416


ソフトキーに割り当てる機能が追加
ソフトキーに割り当てることができる機能が追加されました。

1つめは、GingerBreadタイプのアプリ使用履歴です。
aokpmr1build417

GBスタイルのアプリ使用履歴をタップすると・・・
aokpmr1build418

中央に使用したアプリのアイコンのみが表示されます。
aokpmr1build419

2つ目は、直近のアプリです。
aokpmr1build420

たとえば、設定を開く前にPlayストアを起動していたとします。
aokpmr1build421

ソフトキーの直近のアプリをタップすると・・・
aokpmr1build422

Playストアが表示されます。これは便利な機能ですね。
aokpmr1build423


クイック設定パネルにクイック録音機能が追加
クイック設定パネルに、クイック録音機能が追加されました。

ROMコントロール>クイック設定をタップします。
aokpmr1build425

表示タイルをタップします。
aokpmr1build426

クイックレコーダーにチェックを入れます。
aokpmr1build427

すると、クイック設定パネルに「長押しで録音」というタイルが追加されました。これをロングタップすると・・・
aokpmr1build428

「録音中...」と表示されます。この表示の間は録音が続いています。録音が終わったらタイルをタップします。
aokpmr1build429

「録音しました」と表示されれば、クイック録音は完了です。
再生は、このタイルをタップすれば自動的に再生されます。
aokpmr1build430
AOKP JB MR1 Build 3と4で追加された主な機能は以上です。

AOKPも徐々に機能が増えてきています。やはりナビゲーションバーのカスタムの幅はAOKPがNo.1ですし、他のROMもAOKPの機能をマージしているのが現状です。

今後もAOKPはカスタムの幅をどんどん広げていってほしいですね。
スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (3) Trackbacks (0)
  1. いつも拝見させていただいております。
    最近GNにAOKPを焼くと『システムUI』の強制終了が発生し続けてしまいまともに動きません。
    他のROMでは発生しません。AOKPが使いやすくお気に入りなので使いたいのですが何か対処法はありますでしょうか?
    ご指導よろしくおねがいします。

    • GNN7さん

      wipe(factory reset)していない、Titanium Backupなどでシステムアプリまで復元しているなどの可能性があります。
      まずはwipeしてROMとGappsだけ焼いてしばらく使ってみてください。SystemUIのFCはまず起こらないと思います。

      • 無事インストールできました。初期設定でgoogleによる復元を行うとバグっていたようです。


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る