Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




Xylon 016をNexus4に導入。タブレットUIでソフトキーのカスタムが可能に。

Posted on 1月 15, 2013

xylon01621
Xylon 016がリリースされたので導入してみました。

スポンサーリンク



ブートローダーアンロックやカスタムリカバリ導入、カスタムROMの導入によって、メーカーの補償は一切きかなくなります。
また、作業中にデータが消えたり、端末が起動しなくなってしまったとしても、当方では一切責任は負えません。
全て自己責任で作業を行ってください。



Products | Xylon

Nexus 7:XDA
まだリリースされていません

Nexus 4:XDA
xylon_mako_016_Jan-13-13.zip

Galaxy Nexus(SC-04D):XDA
まだリリースされていません

Gapps:gapps-jb-20121212-signed.zip


カスタムリカバリについて

まずAndroid4.2.1ベースのROMを導入する前に、カスタムリカバリはそれぞれのデバイス用の最新のTWRPを導入しておいてください。

Android 4.2に対応していないバージョンのTWRPを使ってFactory Resetすると、/sdcard内に0フォルダが無限に生成されてしまい、保存しているデータが一番深い階層の0フォルダに移動してしまうバグがあります。

TWRPについての詳細と導入方法は、TWRP 2.3.2.1を導入。Android 4.2に対応&Wipe data(Factory Reset)時に/sdcard内で無限に0フォルダが生成されるバグを修正。を参照してください。

Nexus 4やNexus 7に導入する場合は、Nexus 4へのTWRP導入方法・手順。を参照してTWRPを導入しておいてください。


インストール方法

TWRPからのインストール方法は、Nexus 7にタブレットUIのカスタムROM、ParanoidAndroid2.16を導入。を参照してください。

Goomanagerからのインストール方法は、Galaxy Nexus(SC-04D)でカスタムROM・Google Appsなどの複数のzipファイルを一度にまとめてインストールする方法。を参照してください。

また、Nexus 7はデュアルブート(マルチブート)でROMを導入して、簡単にROMを切り替えながら使う事もできます。

Nexus 7にデュアルブート(マルチブート)でROMを導入したい場合は、Nexus 7をデュアルブート(Dual Boot)化して、AOKPとParanoidAndroidを切り替えて使う方法。を参照して作業をしてください。


Myupdate.zipについて

私は、SPモードメールを自動受信させる作業やフォント変更の作業、ATOK使用時に絵文字を表示させる作業などをTWRPなどからインストールするだけで一発で完了するMyupdate.zipを作っています。

Android 4.2用Myupdate.zip。フォント変更対応。からダウンロードしてインストールしてください。

また、Nexus 4とNexus 7用のMyupdate.zipも作成しました。

Nexus 4用はNexus 4用Myupdate.zip。APN追加、フォント変更、ATOKの絵文字表示、AppWidgetPickerとTitanium Backupのインストールをまとめて実施可能。からダウンロードしてください。

Nexus 7用はNexus 7用Myupdate.zip。フォント変更、ATOKの絵文字表示、AppWidgetPickerとTitanium Backupのインストールをまとめて実施可能。からダウンロードしてください。



@docomo.ne.jpアドレスの運用について

Galaxy Nexus(SC-04D)は、ドコモから発売された機種なのでSPモードメールが利用できますが、Nexus 7やNexus 4はドコモから発売されていない為SPモードメールは使えません。

私は、SPモードメールの代わりにIMoNiでNexus 7やNexus 4で@docomo.ne.jpアドレスを運用しています。

ただ、IMoNiだけでは@docomo.ne.jpのプッシュ受信(自動受信)に対応していないため一定間隔でメールの定期チェックをする必要があります。

定期チェックをすることでバッテリーの消費が増えるというデメリットがありますが、これを解決するのがIMoNIWakeUpです。

IMoNIWakeUpを使うと、IMoNiで定期チェックをしなくてもほぼプッシュで受信することができるようになり、バッテリーの消費を抑えることができます。

ドコモから発売されていない機種で@docomo.ne.jpを運用するなら必須のアプリなので、上記リンクを参照してください。

Xylonは、これまでParanoidAndroidのブラックテーマバージョンや、AOKPとParanoidAndroidをミックスしたxblackなど、色々なカスタムROMをリリースしてきたDaXmax氏が数人の開発メンバーと一緒に現在メインで開発しているカスタムROMです。

Xylon開発チームメンバーについては About | Xylonから確認できます。

Xylonの特徴は、AOKPをベースに他のカスタムROMの独自機能をミックスすることでカスタムの幅が広くなっている点です。


●タブレットUI/ファブレットUI/フォンUIの切り替え可能に
Xylon 016から、タブレットUI/ファブレットUI/フォンUIの切り替えが可能になりました。

この機能に対応したAOKPから持ってきています。

General UI>UI Modeをタップします。
xylon0161

Phone/Tablet/Phabletから選択できます。今回は、XylonをタブレットUIに変更してみます。
LCD Densityを変更した後にUIを変更しないと、システムUIがエラーを連発してROMの焼き直しをするしかなくなってしまうので、まずはLCD Densityを変更します。
xylon0162

LCD Densityをタップします。
xylon0163

「1.Change LCD Density to stock value」をタップします。
xylon0164

タブレットUIにする場合は、160--mdpiを選択します。
xylon0165

スーパーユーザーリクエストが表示されるので、「許可」をタップします。
xylon0166

「2.Reboot!」をタップして再起動させます。
xylon0167

再起動が完了すると、ファブレットUIになっています。
xylon0168

UI Modeをタップして、Tablet UIを選択します。
xylon01611

タブレットUIになりました。ナビゲーションバーをカスタムしてみます。ソフトキーの数を選びます。
xylon01613

5個にしました。
xylon01615

タブレットUIでソフトキーが5個になりました。
xylon01616

ソフトキーのカスタムも問題なくできますね。
xylon01617

ナビゲーションバーリングも設定してみます。
xylon01618

ナビゲーションバーリングも最大の5個まで割り当てることができます。
xylon01621


●ロック画面にCyanogenmodのChronus Widgetを配置可能に
Cyanogenmod10.1に実装されているChronus Widgetを使えるようになりました。

Chronus Widgetは、時計と天気情報、スケジュールをまとめて表示できる便利なウィジェットです。
Lockscreen>Clock widgetから細かい設定が可能です。
xylon01622
xylon01623
xylon01625
xylon01626

Chronus Widgetの設定後は、ホーム画面にウィジェットとして貼ることもできますし、ロック画面に貼ることもできます。
JellyBeerでも使えますが、これはかなり便利なウィジェットですね。
xylon01627

Hide initial page hintsについて。ロック画面で隣のパネルにウィジェットがある場合、一瞬パネルの端を光らせて隣にウィジェットがあることを教えてくれますが、ここにチェックを入れると端を光らせなくできます。
xylon01629

Maximize widgetsについて。画面をオンにすると、通常はロック解除リングは上に表示されています。
xylon01632

Maximize widgetsにチェックを入れると・・・
xylon01633

ロック解除リングが下りた状態でウィジェットがすぐに使える状態になります。
xylon01634

ロック画面のウィジェットを複数配置したりしてヘビーに使う人には便利ですね。
xylon01635
xylon01636
Xylon 016の主な追加機能は以上です。

基本はAOKPベースなので,AOKPに機能が追加されればXylonもアップデートしていくという流れです。

タブレットUIでソフトキーをカスタムできる点は、AOKPとその派生ROM以外にはあまり見られない機能です。

ただ、ParanoidAndroidJellyBeerのように、アプリごとにDPIを変更する機能はまだ実装されていません。

今後のAOKPの開発に期待したいですね。
スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (0) Trackbacks (0)

Sorry, the comment form is closed at this time.

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る