Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




Google Daydream Viewの特徴と価格、日本発売日まとめ。Googleの格安VRヘッドセット。

Posted on 1月 8, 2017

daydream0-1 このページでは、Googleが2016年10月5日に発表した格安のVRヘッドセット「Daydream View」についてまとめています。

スポンサーリンク



Daydream(デイドリーム)とは?

daydream100 Daydream(デイドリーム)は、スマホで高品質なVR(バーチャルリアリティー)を提供するプラットフォームです。

Daydreamでは、スマホでVRを利用するために必要なOSと端末、アプリ、VRデバイスのすべてを最適化し、Googleが主導で高品質なVR体験を提供することを目指しています。
daydream102
OSでは、Android 7.0 NougatでVRモードが実装されました。
android-n-logo
OS自体がVRに最適化されたAndroid 7.0のVRモードを利用することで、少ない遅延でVR体験でき没入感アップに貢献します。

また、Daydreamの利用に必要なスペックを満たしている端末には「Daydream Ready」の認証を与えます。Daydream Readyと認証されるためには、残像の少ないディスプレイやハイスペックなプロセッサ、遅延の少ないセンサが搭載されている必要があります。
daydream103
Google I/Oでは、Daydream Readyの端末開発に取り組んでいるメーカーも発表されています。SAMSUNGやHUAWEI、Xiaomi、ASUSなど主要なメーカーの多くが取り組んでいますね。
daydream105
Daydreamでは、Daydream専用のホーム「Daydream Home」が提供されます。Daydream HomeからVR対応アプリを起動して遊びます。
daydream101
上記のとおり、Googleが提供するVR体験はDaydreamを中心に構成されています。

OSと端末、アプリについては前述のとおりですが、DaydreamでVR体験をするために不可欠なのがVRヘッドセットです。そして、Daydream向けに用意されたVRヘッドセットが「Daydream View」です。


Daydream View(デイドリーム ビュー)の特徴

まずは、Daydream Viewの特徴について見ていきます。

心地よい装着感のデザイン

Daydream Viewは表面の素材にやわらかい布を採用しており、通気性を良くしています。
daydream0-3

左側には「G」のロゴ。側面も布の素材です。
daydream0-4


メガネの上からでも利用できる

VRヘッドセットをつける際にネックとなるのがメガネです。

メガネをつけたままだとうまく装着できないVRヘッドセットもありますが、Daydream Viewはメガネをつけたままでも装着できるとのこと。また、顔と接触する部分のクッションが厚めのため快適にVR体感ができます。
daydream0-5


他社のVRヘッドセットに比べて30%軽い

VRヘッドセットをつけていてストレスになるのが、ヘッドセットの重さです。

ヘッドセットが重いほど首や肩にかかる負担も大きくなり、長時間使うのが面倒に感じますが、Daydream Viewは他社のVRヘッドセットよりも30%軽いとのこと。

軽いヘッドセットなら、これまでのヘッドセットに比れば長い時間VRコンテンツを視聴できますね。


カラーは3色から選べる

他社のVRヘッドセットで複数のカラーから選べるのは意外に少ないです。Daydream Viewは、SnowとSlate、Crimsonの3色から選ぶことができます。
daydream5


コントローラもついてくる

Daydream Viewには、ヘッドセットだけでなくコントローラもついてきます。

このコントローラはシンプルそのものですがモーションセンサーが内蔵されているため、降る・叩くといったジェスチャーで操作することができます。
daydream2


Daydream Viewでできること

次に、Daydream Viewでできることを見ていきます。

宇宙に飛び出し、リモコンを使って星座や星を確認することや・・・
daydream9

宇宙で臨場感のある戦闘を楽しめます。
daydream10

また、Huluやネットフリックスの動画をDaydream Viewで楽しむことも可能です。
daydream11

VRで臨場感あふれるドキュメンタリーやニュースを観ることができます。
daydream12

Googleマップでは、ストリートビューを活用してまるでその場所にいるかのような体験も可能。リモコンで白い●を選んで、どの場所に移動するか決めます。
daydream14

頭を上に動かせば、このようにタージマハルを間近で見るといったこともできます。
daydream15-1

Youtubeでは、VR対応の360度動画を視聴できます。
daydream17

このようにリアリティのある動画を楽しめます。
daydream19
daydream21


Daydream Viewにスマホを取り付ける手順

Daydream Viewは、Daydream対応のスマホを取り付ける必要があります。

ですが、取り付ける手順は簡単です。

Daydream Viewの前面のフタを開きます。
daydream0-6

フタの部分にスマホを置きます。
daydream0-7

フタを閉めます。
daydream0-8

固定すれば取り付けは完了です。
daydream1

Daydream Viewでは、スマホを固定するためのバンドなどは一切使わないため、短時間で取り付けや取り外しが可能です。


Daydream Viewを使うための設定

Daydream Viewを使うためには、事前に設定が必要です。

設定にはGoogle VRサービスアプリを使います。
Google VR サービス - Google Play の Android アプリ

このアプリをDaydream Viewに入れるスマホにインストールして、Daydream Viewとスマホのペアリングなどの初期設定をしていきます。

Google VRサービスアプリでは、ペアリングの他にもVRモードでの通知の表示設定やVRアプリの開始と終了などの操作も可能です。
daydream106


DaydreamのVR空間で文字入力するなら「Daydream Keyboard」を使う

Daydream View対応のアプリの中には、VR空間で文字入力が必要になるものも出てくるでしょう。

そのときは、Googleがすでに提供しているDaydream Keyboardを使います。
Daydream Keyboard

Daydream keyboradは、Daydream View内ではこのように表示されます。キーボードのタッチは、Daydream Viewゴーグルを動かして(頭を動かして)行うのでしょうか。現時点では分かりませんが、簡単に文字入力できるような仕組みであってほしいですね。
daydream-keyboard1


Daydream View対応(Daydream Ready)スマホ一覧

Daydream ViewでVRを楽しむには、VR規格であるDaydreamに対応した端末を使う必要があります。

現時点で、Daydream Viewに入れて使える対応スマホは以下のとおり。

Google Pixel
Google Pixel XL
ASUS ZenFone AR
・HUAWEI Mate 9 Porche Design
・HUAWEI Mate 9 Pro
・Motorola Moto Z
ZTE Axon 7

ASUS ZenFone ARとHUAWEI Mate 9 Porche Desing、Mate 9 Pro、ZTE Axon 7は2017/1/6に対応が発表されました。

今後はさらに様々なメーカーからDaydream対応の端末が発売されるでしょう。


Daydream View対応アプリ一覧

Daydream Viewと対応スマホがあっても、アプリがDaydreamに対応していないとVRで使えません。

現時点でDaydream Viewに対応する主なアプリは以下のとおりです。



Daydreamの日本価格

Daydreamの日本価格は、現時点では不明です。

米国では79ドル(約8,200円)となっています。安いですね。


Daydreamの日本発売日

Daydreamの日本発売日は、現時点では不明です。Daydream対応スマホのPixelとPixel XLの日本発売日が分からないため、Daydream Viewもしばらくは日本で発売されないでしょう。

なお、米国とカナダ、英国、ドイツ、オーストラリアでは11月10日に発売されました。


Daydream Viewまとめ。ポップで安いVRヘッドセット

これまでのVRヘッドセットは、デザインやカラーリングがとがった感じでとっつきにくい印象でしたが、daydream Viewは3色のカラーから選べる点や表面に布を使っていることでポップな印象です。

また、価格も79ドルと他社のVRヘッドセットに比べると安いので、Daydream Viewが一般発売されて普及してくればこれまで以上にVRコンテンツが充実してきそうです。

Pixelスマホと一緒に、Daydream Viewもぜひ日本で発売してほしいですね。

スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る