Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




DTI SIM ノーカウントの特徴と注意点。ポケモンGOの通信量無料

Posted on 8月 2, 2016

dti-sim-nocount DTI SIMが新プラン「DTI SIM ノーカウント」を発表しました。

このページでは、DTI SIM ノーカウントの特徴と注意点についてまとめています。

スポンサーリンク



DTI SIM ノーカウントの特徴・メリット

まずは、DTI SIM ノーカウントの特徴についてまとめます。

ポケモンGO(Pokemon GO)アプリ利用時に発生する通信量が1年間はカウントされない

DTI SIM ノーカウントの特徴であり最大のメリットは、ポケモンGO(Pokemon GO)のアプリを使う際に発生するデータ通信量が1年間カウントされない点です。

ポケモンGOは、任天堂とGoogleの関連企業であるNIANTICが共同開発したゲームで、内容はプレイヤーが現実世界を歩き回って野生のポケモンを捕獲して集めるというものです。
『Pokémon GO』公式サイト
pokemon-go-logo
ポケモンGOを使う際にはパケット通信量が発生しますが、DTI SIM ノーカウントはポケモンGOのアプリを使って発生したパケット通信量をひと月に使える高速通信容量の消費としてカウントしません。

極端な話、1年間はポケモンGOをヘビーに使って10GBの通信量が発生しても、DTI SIMのノーカウントを契約しておけば消費通信量は0GBです。

なお、ポケモンGO利用時の通信量をカウントしないというサービスは、米国のキャリアT-Mobileが2017年8月までのキャンペーンとしてすでに提供しています。

ポケモンGOをスマホでがっつり遊びたい人にはうれしいプランですね。


高速通信容量が5GBついてくる。ポケモンGO以外のアプリの通信も可能

DTI SIM ノーカウントは、ひと月に使える高速通信容量が5GBついてきます。

そのため、ポケモンGO以外の高速通信容量としてカウントされるアプリを使っても、5GBまでは高速通信で利用できます。


月額料金は通常の5GBプランと同じ

DTI SIMには、通常のプランとして5GBのプランが提供されています。

DTI SIM ノーカウントはポケモンGOをカウントせずしかも5GBの高速通信容量がついているため、常識的にはDTI SIMの通常の5GBプランよりも月額料金が高くなりそうです。

ですが、DTI SIM ノーカウントは通常の5GBプランと全く同じ月額料金となっています。

DTI SIM ノーカウントの月額料金は以下の通りです。
 5GB
ノーカウント
データ通信SIM
SMSなし
1,220円
データ通信SIM
SMSあり
1,370円
音声通話SIM1,920円



ポケモンGOをするなら、DTI SIM ノーカウントは選ばない理由がないプランですね。

DTI SIM ノーカウントのメリットは以上です。


DTI SIM ノーカウントの注意点

DTI SIM ノーカウントの注意点は以下のとおりです。

ポケモンGO利用時の通信量をカウントしないのは1年のみ、2年目以降はカウントされる

DTI SIM ノーカウントで、ポケモンGO利用時に発生した通信量が高速通信容量の消費としてカウントされないのは1年間のみとなっています。

2年目からは、他のアプリと同様通信した分は高速通信容量としてカウントされる点には注意が必要です。


Pokemon GOは日本でプレイできるがノーカウントはまだ提供されていない

Pokemon GOは日本でもすでにプレイできますが、DTI SIMのノーカウントの提供はまだ始まっていません。

DTI SIM ノーカウントは、提供の準備が整ったら事前予約したメールアドレスにお知らせするとのことで、現時点での提供時期は2016年秋を予定しているとのことです。
dti-sim-nocount-beta2
DTI SIM ノーカウントを検討している場合は、事前予約はしておきましょう。


音声通話SIMは最低利用期間と解約金が設定されている

DTI SIM ノーカウントの契約で注意すべきは、音声通話SIMには最低利用期間と解約金があるという点です。

DTI SIM ノーカウントの最低利用期間は12ヶ月間で、最低利用期間内に解約すると9,500円の解約金がかかります。

また、番号そのままで他社にMNP転出する場合は、手数料として5,000円かかります。

DTI SIM ノーカウントを、音声通話プランで契約を検討している場合は、上記の点には注意しましょう。


定額無制限プラン提供開始に伴い速度が落ちている

DTI SIMは、2016年5月頃までは12時台も含めて安定した速度で快適に通信できる格安SIMでした。

ですが、2016年5月末に提供を開始した定額無制限プラン「ネットつかい放題」の提供開始により、速度は低下傾向です。日中は極端に遅くなることはないものの、夜間は動画視聴が厳しいこともある状況です。

とはいえ、DTI SIMは定期的に回線の増強しており、次回は8月2日に実施される予定のため極端な速度低下はないとは思います。

また、ポケモンGOは動画がスムースに視聴できるほどの速度が出ていなくても特に問題なく遊べるゲームのため、そこまで速度にこだわる必要はありませんが、動画も観たいという場合は夜間は途中で止まってしまうことがある点には注意が必要です。


DTI SIM ノーカウントβの提供開始

DTI SIMのノーカウントは、現時点ではまだ提供が始まっていません。

ですが、DTI SIMは2016年8月2日より、「ノーカウントβ」というプランの提供を始めました。
dti-sim-nocount-beta2
ノーカウントβの月額料金
ノーカウントβの月額料金は、今後提供される予定のノーカウントと全く同じです。
 5GB
ノーカウント
データ通信SIM
SMSなし
1,220円
データ通信SIM
SMSあり
1,370円
音声通話SIM1,920円



ノーカウントとノーカウントβの違い
ノーカウントβの月額料金はノーカウントと同じですが、サービス内容では異なる点があります。

・利用できる高速通信容量が10GB
ノーカウントβでは、5GBの高速通信容量で10GBまで通信することができます。

コストパフォーマンスは高いですね。

・ノーカウントβの音声通話SIMを契約するともれなく2000mAhのモバイルバッテリーをプレゼント
ノーカウントβはの音声通話SIMを契約すると、モバイルバッテリーがもれなくもらえます。
dti-sim-nocount-beta1
モバイルバッテリーの容量は2000mAhと多くはありませんが、ポケモンGOを遊び過ぎてバッテリーが切れたりしてもモバイルバッテリーがあれば安心です。


・ノーカウントβはポケモンGOをプレイしたときに発生した通信を高速通信容量としてカウントする
ノーカウントは、ポケモンGOをプレイしたときに発生する通信を高速通信容量としてカウントしないのが最大の特徴です。

ですが、ノーカウントβはポケモンGOで発生した通信を高速通信容量としてカウントします。ノーカウントβは、ノーカウントのようにポケモンGOが使い放題ではない点に注意しましょう。

とはいえ、ノーカウントβはひと月に10GBまで高速通信が利用できます。私がポケモンGOで遊んでいる限りでは1時間で多くても20MB程度で、5時間で100MBの通信を30日間続けても3GB程度です。

ノーカウントβなら7GBも余るので、Youtubeなどの動画を観すぎて容量を大量に消費しない限りは高速通信容量が足りないという状況にはならないでしょう。


ノーカウントβの注意点
ノーカウントβには、いくつか注意点があります。

・現在すでにDTI SIMを使っている場合、プラン変更でノーカウントβに変更することはできない(新規契約のみ)。
・ノーカウントの提供が始まったら、ノーカウントβは終了しノーカウントへ移行するか5GBプランにするかを選ぶ。
・3日間で通信量が3GBを超えた場合に速度が低速に制限される。また、この通信量にはポケモンGOも含む。


注意点もありますが、ノーカウントの提供開始まで待てない、もしくはポケモンGO以外のアプリでもそこそこ通信する予定の場合は、ノーカウントβを使うのも選択肢としてはありですね。

ノーカウントβの申し込みはこちらから。
DTI SIM ノーカウントβ|DTI SIM:【dream.jp】


定額無制限の「ネットつかい放題」が半年間ノーカウントと同じ月額料金で利用できる

現在、DTI SIMは定額で無制限に通信できる「ネットつかい放題」の月額料金が、半年間980円割引される「夏のおでかけSIMキャンペーン」を開催しています。
dti-sim-campaign13
980円割引されることで、「ネットつかい放題」は半年間はノーカウントと同じ月額料金となります。

最低利用期間や解約金がないデータ通信SIMでノーカウントの契約するなら、ネットつかい放題も半年後に解約しても手数料がかかりません。

またノーカウントは現時点ではサービスの提供が始まっていないので、通信量を気にせず早くポケモンGOをプレイしたいなら、解約金がかからずポケモンGO以外のアプリも使い放題のネットつかい放題のデータ通信SIMをとりあえず6ヶ月間使ったほうがいいです。

ネットつかい放題についてはこちらをご覧ください。
DTI SIM定額無制限プラン「ネット使い放題」の詳細と速度レビュー


DTI SIM ノーカウントの事前予約方法

DTI SIM ノーカウントは、事前に予約することができます。

DTI SIM ノーカウントの事前予約フォームにアクセスします。
お申し込み内容の入力|DTI SIM ノーカウント 事前予約申込フォーム

DTI SIMに登録するメールアドレスを入力して「認証コードを送信」をクリックします。
dti-sim-nocount1

DTI SIMから認証コードが記載されたメールが届くので控えます。
dti-sim-nocount2

事前予約フォームに戻って、認証コードを入力して「認証する」をクリックします。
dti-sim-nocount3

「メールアドレスの確認が完了しました。」と表示されたら、「個人情報の取り扱いについて」をよく読んで「個人情報取り扱いについて、および注意事項に同意する」にチェックを入れ「次のページへ進む」をクリックします。
dti-sim-nocount4

「申し込み内容を確定する」をクリックします。
dti-sim-nocount5

これでDTI SIM ノーカウントの事前申し込みは完了です。
dti-sim-nocount6


DTI SIM ノーカウントまとめ

DTI SIM ノーカウントはポケモンGOの通信量をカウントせず、またポケモンGO以外のアプリでも5GBまで高速通信できるという画期的なプランです。

DTI SIM ノーカウントの月額料金は、DTI SIMの通常の5GBプランとと同じです。DTI SIMの5GBプランは業界最安値クラスですが、安い料金でポケモンGOが使い放題なのはうれしいですね。

ただし、DTI SIM ノーカウントはカウントされない期間が1年間で音声通話SIMは最低利用期間があるなど注意点もあります。

また、データ通信SIMでDTI SIM ノーカウントの契約を検討している場合は、最低利用期間や解約金がなく半年間はノーカウントと同じ料金で無制限にインターネットできる「ネットつかい放題」にした方が得です。
DTI SIM定額無制限プラン「ネット使い放題」の詳細と速度レビュー

逆に、音声通話SIMは1年間の最低利用期間があるため、7ヶ月目以降は料金が980円高くなる(元の月額料金に戻る)ネットつかい放題はコストパフォーマンスが落ちます。

つまり、音声通話SIMで利用するならノーカウントを、データ通信SIMで利用するならネットつかい放題を選ぶのがおすすめです。

なお、iPhoneの出張修理サービスを提供している会社が、ポケモンGO専用にiPhone 5sと10000mAhの大容量モバイルバッテリーを月額1,480円でレンタルするサービスを開始します。

メインの端末とは別にサブとしてiPhone 5sをレンタルしDTI SIM ノーカウントやネットつかい放題のデータ通信専用SIMをこのiPhone 5sに挿して使えば、メイン端末に挿しているSIMの通信量やバッテリー残量を気にせずポケモンGOを楽しめるので検討する価値は十分にあります。

詳細はこちらをご覧ください。
iSharingポケモンGO専用プラン詳細。iPhone 5sレンタル画面割れOK


DTI SIM ノーカウントの特徴と注意点は以上です。

公式サイト(ネットつかい放題キャンペーンページ)
DTI SIM

公式サイト(通常ページ)
DTI SIM

レビュー
DTI SIMの速度レビュー・評価とメリットとデメリットを徹底解説【6月】

DTI SIMと他社格安SIMとの比較まとめ
格安SIMカード MVNO docomo系比較・おすすめランキング【7月29日】

大容量


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る
大容量
Custom Search

格安SIM(MVNO)まとめ・比較




格安SIM(MVNO)のレビュー




格安SIM(MVNO)のキャンペーン




格安SIM(MVNO)の基礎知識




格安SIM(MVNO)を便利に使うTips



Google+

Twitter

Youtube

Facebook

最近の投稿

カテゴリー

About

大容量