Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




FREETEL Priori3(プリオリ3)のスペック/価格/発売日まとめ。

Posted on 11月 16, 2015

priori3
このページでは、格安SIM(MVNO)のFREETELを運営するプラスワン・マーケティングが2015年10月2日に発表した、Priori3(プリオリ3)のスペックと価格、発売日などをまとめています。


FREETEL Priori3(プリオリ3)について

FREETEL Priori3は、格安のスマートフォンでよく知られるPriori2の後継機種です。

Priori2には3Gのみ対応版とLTE対応版のPriori2 LTEがあります。今回発表されたPriori3はLTE対応なので、正確にはPriori2 LTEの後継機種となります。

Priori2 LTEは販売元であるプラスワン・マーケティングが自社で製造まで手掛けており、LTE対応ながら17,800円という超低価格が特徴です。
priori2-lte


FREETEL Priori3(プリオリ3)のスペック

FREETEL Priori3(プリオリ3)のスペックは以下の通りです。

OS

Android 5.1

ディスプレイ

4.5インチ FWVGA(854x480)

CPU

Quad Core

RAM

1GB

ストレージ

8GB

>バッテリー容量

2,100mAh

背面カメラ

8MP

前面カメラ

2MP

対応周波数(バンド)

LTE:2,100MHz(Band1) / 1,800MHz(Band3) / 900MHz(Band8) / 800MHz(Band19)

3G:2,100MHz(Band1) / 900MHz(Band8) / 800MHz(Band6) / 800MHz(Band19)

2G:1,900MHz / 1,800MHz / 900MHz / 850MHz

サイズ(高さ x 幅 x 厚さ)

132 x 65 x 8.9 mm

重量

不明

SIMサイズ

標準SIM
microSIM

その他

Wi-Fi:802.11b/g/n

カラー

マットブラック、パールホワイト、ヌーディーベージュ、ルビーレッド、ビビットオレンジ、ミントブルー


FREETEL Priori3(プリオリ3)の価格

12,800円


FREETEL Priori3(プリオリ3)の発売日

2015年11月16日に予約受付開始。発売は順次。

2015/11/16
ヨドバシカメラにて予約受付が始まりました。
FREETEL Priori 3


Priori3とPriori2のスペックを比較

Priori3のスペックを、Priori2 LTEと比べてみました。
 Priori3Priori2 LTE
OSAndroid 5.1Android 4.4
ディスプレイ4.5インチ
解像度 FWVGA
(854x480)
4.5インチ
解像度 FWVGA
(854x480)
CPUクアッドコアクアッドコア
1.2GHz
RAM1GB1GB
ストレージ8GB8GB
バッテリー2,100mAh1,700mAh
背面カメラ800万画素500万画素
前面カメラ200万画素200万画素
対応周波数LTE
2,100MHz(Band1) / 1,800MHz(Band3) / 900MHz(Band8) / 800MHz(Band19)

WCDMA
2,100MHz(Band1) / 900MHz(Band8) / 800MHz(Band6) / 800MHz(Band19)

GSM
1,900MHz / 1,800MHz / 900MHz / 850MHz
LTE
2,100MHz(Band1) / 1,800MHz(Band3) / 800MHz(Band19)

WCDMA
2,100MHz(Band1) / 800MHz(Band6) / 800MHz(Band19)

GSM
1,900MHz / 1,800MHz / 900MHz / 850MHz


Priori3とPriori2 LTEを比較すると、Priori3はOSがAndroid 5.1になり、カメラ画素数が500万画素から800万画素にアップ、バッテリー容量も1,700mAhから2,100mAhに増えています。Priori3の対応周波数は、Priori2の対応周波数に900MHzが追加されています。

Priori3はスペックが上がったにも関わらず、Priori2 LTEの17,800円よりも5,000円も安い12,800円と超低価格で発売されます。


Priori3の特徴

Priori3の最大の特徴はLTE対応ながら12,800円という超低価格である点ですが、その他の特徴は以下の通りです。

多彩なカラーラインナップ

Priori3は、マットブラック、パールホワイト、ヌーディーベージュ、ルビーレッド、ビビットオレンジ、ミントブルーの全6色のカラーバリエーションが用意されています。

マットブラック
priori3-color1

パールホワイト
priori3-color2

ヌーディーベージュ
priori3-color3

ビビットオレンジ
priori3-color4

ルビーレッド
priori3-color5

ミントブルー
priori3-color6

ただ安いだけではなく、カラーの選択肢が多いのもPriori3のポイントですね。


バッテリー取り外しができ交換も可能

Priori3はバッテリーを取り外すことができます。バッテリーが単体で発売されれば、交換することももちろん可能です。

Priori3は安く、かつバッテリーを交換することで長く使える格安スマホです。MIYABI(雅)もそうですが、バッテリーを交換できる端末が少なくなってきている中で交換可能なのは良いですね。あとは、バッテリーが単体でいつ発売されるのかが気になるところです。


Priori3の注意点

Priori3はコストパフォーマンスの非常に高い端末ですが、注意点もあります。

デュアルSIMスロット搭載だが日本で使えるのは片方のみ

Priori3はデュアルSIMスロットを搭載していますが、日本国内で使えるのは片方のスロットのみとなっています。

FREETELのPriori製品ページには「デュアルSIM対応。(国内で使用できるのは1スロットのみ)」と記載されているので、片方のスロットは日本国内で使用されていない2G(GSM)のみ対応のようです。
PRIORI3 LTE|FREETEL(フリーテル)

FREETEL MIYABI(雅)もデュアルSIMですが、こちらは両スロットともLTEに対応しているので、2枚のSIMを同時に挿し切り替えながら使うことができるだけに、Priori3の仕様は残念です。
FREETEL 雅(MIYABI)のデュアルSIM設定方法と使い方。


Priori3はデュアルSIMスロット搭載ながら国内では1スロットしか使えなかったり、RAM 1GBでストレージ8GBと少ないためスマホでゲームなどをがっつりするような人には向きませんが、電話とLINEやメール、たまにブラウジングやマップを使う程度の使い方ならこのスペックでも十分いけますね。

スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る