Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




Genymotionを日本語入力(日本語キーボード)に変更する方法。

Posted on 7月 7, 2015

これで日本語がキーボードでも入力できるがアルファベットに切り替えできない。右下のキーボードアイコンをクリック
このページでは、Genymotionを日本語入力(日本語キーボード)に変更してPCのキーボードから日本語を入力できるようにする方法を解説します。


Genymotionデフォルトの文字入力設定について

Genymotionはデフォルトでは英語キーボードが設定されているため、日本語で入力ができません。

ですが、Genymotionの仮想Androidデバイスには日本語入力用のIMEがプリインストールされているので、それを有効化することで簡単に日本語入力に切り替えることができます。

Genymotionの入力方法を日本語に変更する方法は、以下をご参考ください。なお、以下の手順はAndroid 5.0 Lollipopを搭載したGenymotionの仮想デバイスです。Android 5.0よりも前のOSバージョンの場合は、設定が若干違う場合があります。ご了承ください。


Genymotionを日本語入力(日本語キーボード)に変更する手順-プリインストールのJapanese IMEを使用-

Genymotionの仮想Androidデバイスで日本語入力(日本語キーボード)に変更するには、設定から「言語と入力」を開いて「現在のキーボード」をクリックします。
設定から「言語と入力」を選び「現在のキーボード」をクリック

キーボード変更画面が表示されるものの、選択肢に日本語キーボードはありません。「キーボードの選択」をクリックして「Japanese IME」をオンにします。
「キーボードの選択」をクリックして「Japanese IME」をオンにする

「Japanese IME」がオンになったら、戻るキーを一度押して再度「現在のキーボード」をクリックします。
「Japanese IME」がオンになったら戻って「現在のキーボード」を再度クリック

すると、日本語キーボードが選択肢として表示されるので「日本語 Japanese IME」を選びます。現在のキーボードが「日本語 - Japanese IME」に変更されました。
「日本語」をクリックして現在のキーボードを日本語に変更

これでGenymotionの仮想Androidデバイスでも日本語入力ができるようになりましたが、次はアルファベットに切り替えることができません。私の場合、半角/全角キーを押すと文字が一切入力できなくなってしまうので不便すぎます。その対策として、Genymotionで文字入力中はソフトウェアのキーボードを常に表示させてアルファべットと切り替えるようにしておきます。右下のキーボードアイコンをクリックします。
これで日本語がキーボードでも入力できるがアルファベットに切り替えできない。右下のキーボードアイコンをクリック

「ハードウェア」をオンにすると、文字入力画面にソフトウェアキーボードが表示され、「文字」をクリックすることで日本語とアルファベットの切り替えが可能になります。
「ハードウェア」をオンにすると、文字入力時にソフトウェアキーボードが出現するようになりかなとアルファベットなどの切替が可能


Genymotionを日本語入力(日本語キーボード)に変更する手順-Google日本語入力を使用-

GenymotionにプリインストールされているJapanese IMEは、私の環境ではキーボードのShiftキーで漢字変換ができずかなり不便です。

プリインストールのJapanese IMEの代わりにGoogle日本語入力をインストールしたところ、Shiftキーによる漢字変換も問題なくできています。もしGenymotionにプリインストールされているJapanese IMEで漢字変換ができない場合は、以下の手順でGenymotionでGoogle日本語入力を有効化して使ってみてください。

まず、GenymotionにインストールしているGoogle PlayからGoogle日本語入力を検索してインストールします。
Google PlayでGoogle日本語入力を検索してインストール

Google日本語入力を開いて「次へ」をクリックします。「利用統計を送信」は、Google日本語入力がどのように使われているかの統計をGoogleに送信するものです。Googleに送信したくない場合はチェックを入れないようにしましょう。
「Google日本語入力を有効にしてください。」と表示されるので「次へ」をクリックします。
「次へ」をクリックして設定に進む。「次へ」をクリック

「Google日本語入力」をオンにします。するとパスワードやクレジットカード番号なども含む個人情報がGoogle日本語入力に収集されることを許可するか尋ねてくるので「OK」をクリックします。
「Google日本語入力」をオンにして「OK」をクリック

「Google日本語入力」がオンになったら一度戻るキーをクリックします。すると入力方法をGoogle日本語入力に変更するよう求めてくるので「次へ」をクリックします。
「Google日本語入力」がオンになったら戻るキーをクリックして「次へ」をクリック

キーボード選択画面になるので「日本語 Google日本語入力」を選びます。次に、「ハードウェアキーボードの設定」をクリックします。
「日本語 Google日本語入力」をクリックして選ぶ。「ハードウェアキーボードの設定」をクリック

「日本語109A配列」をクリックして選びます。これで日本語入力できるようになりますが、Google日本語入力でも半角/全角キーによる日本語とアルファベットの切り替えができないので、右下のキーボードアイコンをクリックします。
「日本語109A配列」を選ぶ。日本語入力はできるが、アルファベットに切り替えられないためキーボード設定を変更

「ハードウェア」をオンにすると、文字入力時に必ずソフトウェアキーボードが表示されるようになるので、左下の「あa」をクリックして切り替えます。
「ハードウェア」をオンにすると、文字入力中は常にソフトウェアキーボードが表示される。左下の「あa」で日本語とアルファベットを切り替え可能に

これでGoogle日本語入力で日本語もアルファベットも入力できるようになりました。ただ、Google日本語入力は「@」を押しても「"」が入力されます。
Google日本語入力は若干キーのレイアウトが違う。「@」をタイプすると「"」が表示される。

Google日本語入力で「@」を入力したい場合は、「」を押せばOKです。また、Google日本語入力ならGenymotionにプリインストールされていたJapanese IMEではできなかった漢字変換も使えます。
@を表示するには「を押す。Google日本語入力ならShiftキーで漢字変換もできる


Japanese IMEとGoogle日本語入力の両方とも全角/半角から日本語とアルファベットの切り替えができないのは少し不便ですが、上記手順でGenymotionでも日本語が問題なく入力できるのでお試しください。

なお、Genymotionのインストール方法や日本語入力に変更する方法以外の使い方(Google Playストアをインストールする方法など)の詳細は、Genymotionのインストール方法と使い方まとめ。をご参考ください。

Genymotionを日本語入力(日本語キーボード)に変更する方法は以上です。

スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る