Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




Gmail Web版に「メール送信取り消し機能」が実装&設定方法と使い方。メールの誤送信に効果絶大。

Posted on 6月 24, 2015

gmail-undo-send9
Gmail Web版にメールの送信取り消し機能が実装されました。

今回は、Gmail Web版のメール送信取り消し機能の設定方法と使い方を紹介します。


Gmail Web版の「メール送信取り消し機能」について

Gmail Web版の「メール送信取り消し機能」では、WebからGmailにログインしてメールを宛先を誤って送信してしまったときや適切ではない内容のメールを送ってしまったときなどに、すでに送ったメールの送信自体を取り消すことができる便利な機能です。

Gmail Web版のメール送信取り消し機能は、取り消す時間も指定できるので、長めに設定しておけばもし間違って送信してしまっても安心です。


Gmail Web版の「メール送信取り消し機能」の有効化と設定方法

Gmail Web版の「メール送信取り消し機能」を有効化するには、まずmail.google.comにアクセスしてログインします。

ログイン後、右上の設定アイコンをクリックします。
gmail-undo-send1

「設定」をクリックします。
gmail-undo-send3

「全般」タブをスクロールしていくと「送信取り消し」という項目があるので、「送信取り消し機能を有効にする」にチェックを入れます。
gmail-undo-send4

「送信取り消し機能を有効にする」にチェックを入れると、取り消せる時間も5秒、10秒、20秒、30秒から選べるようになります。長めにしておいた方が安心なので私は30秒にしました。
gmail-undo-send5.1

設定が終わったら、一番下までスクロールして「変更を保存」をクリックします。
gmail-undo-send5

メール送信取り消し機能の設定は以上です。


Gmail Web版の「メール送信取り消し機能」の使い方

Gmail Web版の「メール送信取り消し機能」の使い方は簡単です。

メール送信画面で「送信」をクリックします。
gmail-undo-send8

「メッセージを送信しました。」という表示の後にある「取消」をクリックします。
gmail-undo-send9

すると、先ほど送信したメールの作成画面が復活しました。
gmail-undo-send10

この機能がAndroidアプリ版Gmailにも実装されると、さらに便利になりますね。

Gmail Web版の「メール送信取り消し機能」は設定も簡単ですが、メールの誤送信対策としては効果絶大なので、設定しておくことをおすすめします。


Gmail Web版の「メール送信取り消し機能」の設定方法と使い方は以上です。

スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss


Filed under: Google Leave a comment


この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます



Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る