Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




HUAWEI P9liteのベンチマーク結果比較(AnTuTu/3Dmark/Geekbench)

Posted on 9月 23, 2016

huawei-p9lite-benchmark3 このページでは、HUAWEI P9liteをベンチマークアプリで測定した結果を掲載しています。

また、同価格帯のライバル機種とのベンチマーク結果の比較もしているので、HUAWEI P9liteとほかの機種で迷っている人も参考にしてみてください。


HUAWEI P9liteのAnTuTuのベンチマークスコア

まずは、端末の総合的な性能を見るAnTuTuベンチマークアプリを使った測定結果です。アプリのバージョンは6.0です。
huawei-p9lite-benchmark1

HUAWEI P9liteのAnTuTuスコアは53007点でした。Huawei P9liteの前モデルであるHUAWEI P8liteのAnTuTuスコアが31000点ほどなので、確実にスペックアップしていることが分かります。

Huawei P9liteは、3D、UX、CPU、RAMのすべての項目でP8liteを上回っていますが、特に3DのスコアがP8liteの2000点弱から9721点と大幅にアップしています。

また、CPUもP8liteの12000点程度から19330点になっていることから、HUAWEI P9liteに搭載されているプロセッサ Kirin 650がAnTuTuスコアの改善に影響しているようですね。


HUAWEI P9liteの3DMarkのベンチマークスコア

次に、3DMarkのベンチマークスコアです。

3DMarkで測定することで、3Dグラフィックスの性能を知ることできます。HUAWEI P9liteで3Dゲームをしたい人は重視すべきベンチマークです。

ベンチマーク測定はIce Storm unlimitedで行いました。
huawei-p9lite-benchmark2

HUAWEI P9liteの3Dmarkのスコアは11815点でした。HUAWEI P8liteの3Dmarkスコアが5653点なので、やはりP9liteは3D性能が大幅に向上しています。

また、負荷のかかる3Dmarkのベンチマーク測定時も温度は40度を超えることはなかったため、3Dのゲームなど重めのアプリを使っても発熱はそこまで起きないと思っておいて問題ありません。
huawei-p9lite-benchmark3


HUAWEI P9liteのGeekbenchのベンチマークスコア

HUAWEI P9liteをGeekbenchで測定します。Geekbenchで測定することで、CPUの処理能力を知ることができます。

結果は、コア単体の性能を示すシングルコアのスコアが898点台、マルチコアのスコアが3757点でした。
huawei-p9lite-benchmark4

P8liteはシングルコアが580点台、マルチコアが2600~2700点台なので、P9liteのCPU性能がかなり上がっていることが分かります。

実際に、HUAWEI P9liteを使っていて特に遅いと感じることはなく、むしろベンチマークテストの結果以上にキビキビ動く印象で使い勝手はかなり良いです。


HUAWEI P9liteとライバル機種のベンチマークスコアを比較

最後に、HUAWEI P9liteとライバル機種のベンチマークスコアを比較します。

比較したのは、ZenFone3Moto G4 Plusです。それぞれのベンチマークアプリの測定結果は以下の通り。

AnTuTu
機種名AnTuTuスコア
HUAWEI P9lite53007
Moto G4 Plus47398
ZenFone361702


3DMark
機種名3DMarkスコア
HUAWEI P9lite11815
Moto G4 Plus9776
ZenFone313905


Geekbench
機種名Geekbenchスコア
(シングルコア)
Geekbenchスコア
(マルチコア)
HUAWEI P9lite8983757
Moto G4 Plus7163036
ZenFone39245151


3つのベンチマークアプリすべてにおいて、HUAWEI P9liteは中間の結果になりました。

価格で見ると、HUAWEI P9liteのみ2万円を切っている(ZenFone3はまだ発売されていないものの3万円は確実に超えてくるはずです)ので、HUAWEI P9liteはコストパフォーマンスの高いSIMフリースマホと言えます。


HUAWEI P9liteのベンチマークテスト結果まとめ

HUAWEI P9liteは、前作のP8liteから大幅にベンチマークスコアが向上していて、また価格帯がP9liteよりも高いライバル機種と比べても十分良い結果です。

また、P9liteは実際に使っていて動きの遅さなどでストレスを感じることもなく、むしろスムースで快適に使えています。

ZenFone3やMoto G4 Plusは2枚のSIMを挿して同時に待ち受けできるデュアルスタンバイ対応な点が大きなメリットですが、デュアルスタンバイにこだわらなければHUAWEI P9liteはコストパフォーマンスが高くおすすめです。

詳細なレビューなどはこちらをご覧ください。
HUAWEI P9lite購入レビュー。低価格ながら軽快な動作の高コスパスマホ

HUAWEI P9liteのベンチマーク結果比較は以上です。

スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る