Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




LINEモバイルのコミュニケーションフリープランの特徴と注意点まとめ

Posted on 10月 25, 2016

line-mobile-logo このページでは、LINEモバイルのコミュニケーションフリープランで使い放題の対象となるアプリ(サービス)をまとめています。

また、コミュニケーションフリープランでは対象アプリ(サービス)でも使い放題にならない機能もあります。各アプリで使い放題にならない機能についても解説しています。

スポンサーリンク



LINEモバイルは特定のアプリ(サービス)使用による通信量を高速通信としてカウントしない「カウントフリー」が特徴

LINEモバイルには、特定のアプリ(サービス)を使った際に発生した通信を高速通信としてカウントしない「カウントフリー」を採用したコミュニケーションフリープランがあります。

コミュニケーションフリープランでは、LINEモバイルで契約しているプランのひと月の高速通信容量をオーバーして低速に制限されても、対象のアプリ(サービス)だけは低速に制限されず高速の快適な速度のままで使い続けることができるのが大きなメリットです。

ただし、対象サービスのすべてにおいて使い放題というわけではありません。中には対象外の通信もあるので、サービスごとのカウントフリー対象・対象外についても以下にまとめておきます。


LINEモバイルのコミュニケーションフリープランで使い放題のアプリ(サービス)一覧

LINEモバイルのコミュニケーションプランで使い放題のアプリ(サービス)一覧は以下の通りです。

LINE(ライン)

LINEモバイルは、LINE(ライン)を提供するLINE株式会社が提供する格安SIMです。

そのため、LINEモバイルのコミュニケーションフリープランにはLINEはもちろん含まれています。

カウントフリー対象の(カウントしない)LINE内のサービス

・テキストと音声メッセージの送受信
・スタンプ、画像、動画、その他ファイルの送受信
・無料通話、ビデオ通話
・タイムラインの画面閲覧と投稿(画像・動画含む)
・スタンプ、着せ替えのダウンロード
・アカウント設定
・友だち一覧画面の表示、友達追加
・「その他」画面の表示
・マイページを含むLINEモバイルウェブサイト


カウントフリー非対象の(カウントする)LINE内のサービス

・LINEアプリ経由で友だちから共有された外部リンクへの接続
・LINEトーク画面などに配信されるライブストリーミング動画(LINE LIVE機能)
・LINE株式会社が提供する「LINE」アプリ以外のアプリサービスの利用

LINEでは、多くのサービス・機能が使い放題となっていますが、LINE LIVEはカウントフリー対象外となっている点には注意が必要です。
LIVE
line-mobile5
LINE LIVEはライブストリーミングという性質上大量の通信が発生します。これをカウントフリーにしてしまうと、LINEモバイルの回線が混み合い通信速度が遅くなってしまう可能性が高いので仕方ないですね。


Twitter(ツイッター)

LINEモバイルでは、Twitterの多くの機能やサービスも使い放題となっています。

カウントフリー対象の(カウントしない)Twitter内のサービス

・Twitterのタイムライン表示・投稿(画像・動画を含む)
・Twitterのホーム/ニュース/通知の画面表示
・Twitterのメッセージ機能の利用
・Tiwtterのプロフィール編集


カウントフリー非対象の(カウントする)Twitter内のサービス

・Twitterのライブストリーミング動画(Periscope)
・外部リンクへの接続


Twitterに関しても、ライブストリーミング動画(Periscope)の利用はカウントフリーの対象外となっています。
Periscope

Periscopeが対象外なのも、LINE LIVEが対象外なのと同じ理由でしょう。


Facebook(フェイスブック)


カウントフリー対象の(カウントしない)Facebook内のサービス

・Facebookのタイムライン/ニュースフィード画面の表示・投稿(画像・動画を含む)
・Facebookのリクエスト/お知らせ/その他の画面表示
・プロフィール編集


カウントフリー非対象の(カウントする)Facebook内のサービス

・Facebookのライブストリーミング動画
・Facebookのメッセンジャー
・外部リンクへの接続

Facebookに関しても、LINEやTwitterと同じくライブストリーミング動画はカウントフリーの対象外です。

また、Facebookが提供する別アプリ「メッセンジャー(Messenger)」の利用にかかる通信もカウントフリー対象外のため注意が必要です。
Messenger


Instagram(インスタグラム)【2016/11/1より】

LINEモバイルは、2016年11月1日よりInstagramをカウントフリーの対象に追加します。

インスタグラムは画像投稿がメインのサービスのため、Instagramヘビーユーザーの中にはは通信量が気になる人もいるはずです。

そんな人には、LINEモバイルのコミュニケーションフリープランは最適ですね。


カウントフリー対象の(カウントしない)Instagram内のサービス

・タイムラインの表示と投稿(画像・動画含む)
・ストーリーの表示と投稿
・検索画面での検索と検索結果表示(画像・動画含む)
・アクティビティの表示
・ダイレクトメッセージの利用
・プロフィールの編集


カウントフリー非対象の(カウントする)Instagram内のサービス

なし

Instagramに関しては、現時点では特にカウントフリーの対象外となる機能やサービスはありません。

タイムラインへの画像の投稿や他のユーザーの画像を表示するといったInstagramの主要機能は高速通信としてカウントされないので、通信量を一切気にせず楽しむことができます。


まとめ

LINEモバイルの月額料金は他社の格安SIMと比べて特に安いわけではありませんが、LINEやTwitter、Facebook、Instagramをよく使う人はコミュニケーションフリープランを活用することで通信量を気にする必要がなく使えるのが大きなメリットです。

通信量の上限に達してしまって上記のアプリが快適に使えなくなったといった経験がある場合は、LINEモバイルを検討してみるといいでしょう。

LINEモバイルのコミュニケーションフリープラン対象のアプリのまとめは以上です。

公式サイト
LINEモバイル

LINEモバイルの特徴など
LINEモバイルの速度と使ってみた感想。こんな人におすすめ【11月】

スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る