Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




格安SIM(MVNO)10社のスピードテスト結果と体感速度【10/14】

Posted on 10月 28, 2015

このページでは、2015年10月14日の格安SIM(MVNO)10社のスピードテスト結果と体感速度のレビューを掲載しています。

最新情報は、格安SIM MVNO 格安スマホの通信速度比較。速いのはどこ?【5月15日最新実測】をご覧ください。

スポンサーリンク



格安SIM(MVNO)実効速度の比較結果【スピードテストアプリ】2015年10月14日実測

以下に、スピードテストアプリを使った格安SIMの速度比較の結果を紹介します。格安SIM(MVNO)の速度の判断基準を踏まえて参考にしてみてください。


格安SIM(MVNO)速度の測定環境【スピードテストアプリ】

スピードテストを使ったdocomo SIMと格安SIMの速度測定環境は以下の通りです。
測定SIM
・docomo
・b-mobile
・BIGLOBE
・DMMモバイル
・FREETEL
・IIJmio
・mineo(ドコモプラン)
・NifMo
・OCNモバイルONE
・PLAY SIM
・楽天モバイル
測定アプリ
測定端末
LG G2 mini 6台
測定日時
2015年10月14日 (水曜日)
・8:00
・12:20
・20:00
・22:00
測定時刻の選定基準は、当サイトのアクセスが多くなる時間帯です。
測定場所
熊本県熊本市
測定方法
各時間で3回測定し、測定完了後は他のSIMに差し替えて3回測定。10枚のSIMを6台の端末で測定するので、4台はSIMの入れ替えを一度行っています。そのため、計測時刻に5分程時間差があります。



格安SIM(MVNO)8時の速度比較

8時の結果はこちらです。
speed-test-10.14-8am

画像が小さくて見づらい場合は、こちらの表をご覧ください。
 PING下り上り
docomo1回目6416.105.92
2回目5612.445.56
3回目5517.748.14
平均58.315.436.54
BIGLOBE1回目4910.772.38
2回目5510.213.09
3回目5013.134.05
平均51.311.373.17
b-mobile1回目6114.840.01
2回目7613.820.00
3回目6011.860.01
平均65.713.510.01
DMMモバイル1回目915.194.66
2回目1014.844.16
3回目784.502.38
平均90.04.843.73
FREETEL1回目732.293.04
2回目601.592.29
3回目562.043.61
平均63.01.972.98
IIJmio1回目994.1910.69
2回目935.235.14
3回目947.552.78
平均95.35.666.20
mineo1回目651.46.93
2回目881.647.96
3回目952.187.88
平均82.71.747.59
NifMo1回目1051.739.43
2回目893.8511.57
3回目822.3410.36
平均92.02.6410.45
OCNモバイルONE1回目561.983.68
2回目411.8910.38
3回目392.223.67
平均45.32.035.91
PLAY SIM1回目591.324.92
2回目741.434.87
3回目591.693.96
平均64.01.484.58
楽天モバイル1回目1200.473.23
2回目1190.563.04
3回目1200.54.26
平均119.70.513.51


下り速度を早い順に並べ替えると以下の通りです。
順位SIM名下り速度
1位docomo15.43
2位b-mobile13.51
3位BIGLOBE11.37
4位IIJmio5.66
5位DMMモバイル4.84
6位NifMo2.64
7位OCNモバイルONE2.03
8位FREETEL1.97
9位mineo1.74
10位PLAY SIM1.48
11位楽天モバイル0.51


8時台における各社SIMの速度の推移はこちら。
2015.10.14.8

b-mobileはスピードテスト上の速度が徐々に上がってきており、10月以降は12Mbps以上の速度を常に維持しています。BIGLOBE SIMは8月末の回線増設で一気に速度が回復して9月は徐々に落ちてきていたものの、10月に入って再び速度が回復、今回も10Mbpsを超える速度となっています。

IIJmioDMMモバイルは前回と比べると若干落ちていますが、4~5Mbps台と十分な速度が出ています。

NifMoは9月末まで実施していたキャッシュバックキャンペーンの影響で8月以降かなり速度が落ちてしまいましたが、キャンペーン終了で契約者もそこまで増えていないようで速度は2Mbps台で下げ止まっている印象です。ただ、NifMoは回線増強しているようには感じないので、回線増強が実施されるまでは契約はおすすめしません。

FREETELは10月から実施中の爆速体験キャンペーンの影響で依然と比べると速度がかなり落ちてしまっていますが、10月16日頃に臨時の回線増強を実施するとのことなので速度の回復が期待できます。

mineoのドコモプランは6ヶ月間800円割り引きキャンペーンの影響がかなり出てきており、日を追うごとに速度が落ちてきています。月末の駆け込み契約でさらに速度が落ちる可能性もあります。

OCNモバイルONE、PLAY SIM、楽天モバイルはいつも通りです。


格安SIM(MVNO)12時の速度比較

次に12時台の結果です。
speed-test-10.14-12pm

 PING下り上り
docomo1回目5433.0717.89
2回目5131.3413.53
3回目4733.4614.63
平均50.732.6215.35
BIGLOBE1回目570.754.26
2回目550.783.48
3回目611.554.39
平均57.71.034.04
b-mobile1回目2750.710.02
2回目1380.726.29
3回目3480.579.87
平均253.70.675.39
DMMモバイル1回目1230.722.68
2回目1270.702.44
3回目1240.993.56
平均124.70.802.89
FREETEL1回目702.411.19
2回目531.391.31
3回目590.892.85
平均60.71.561.78
IIJmio1回目1170.724.34
2回目1210.683.59
3回目1220.703.96
平均120.00.703.96
mineo1回目960.799.63
2回目890.733.61
3回目920.692.62
平均92.30.745.29
NifMo1回目1040.2212.28
2回目1080.328.92
3回目1100.2311.37
平均107.30.2610.86
OCNモバイルONE1回目570.2815.43
2回目590.462.65
3回目600.652.47
平均58.70.466.85
PLAY SIM1回目570.465.46
2回目760.364.79
3回目680.404.78
平均67.00.415.01
楽天モバイル1回目1200.184.03
2回目1190.191.52
3回目1200.203.76
平均119.70.193.10


12時台の下りの速度ランキングは以下の通り。
順位SIM名下り速度
1位docomo32.62
2位FREETEL1.56
3位BIGLOBE1.03
4位DMMモバイル0.80
5位mineo0.74
6位IIJmio0.70
7位b-mobile0.67
8位OCNモバイルONE0.46
9位PLAY SIM0.41
10位NifMo0.26
11位楽天モバイル0.19


12時台における各社SIMの速度の推移はこちら。12時台はほとんどのSIMが1Mbpsを切ってしまうので、速度が出ているSIMの推移もすべて移っているグラフと縦軸を1Mbpsまでに限定してより推移が見やすいグラフの2種類に分けています。
2015.10.14.12.1


こちらが1Mbps以内での速度の推移です。
2015.10.14.12.2


スピードテストの結果では、FREETELが最速という結果になりました。キャンペーン中でかなり混線していると思われる状況の中で、昼間でも1Mbpsを超える速度は素晴らしいですが、現状のFREETEL SIMはスピードテストと体感速度がリンクしておらず、体感では遅く感じることがしばしばあります。詳しくは後ほどの体感速度結果で触れます。

BIGLOBE SIMも1Mbps超えの良い結果となっています。以前のBIGLOBE SIMは、スピードテストの結果がどれだけ良くてもYoutubeの再生時などに時間がかかることが多々ありましたが、前回からその傾向が見られなくなり、再生までの時間がほとんどかからなくなっています。BIGLOBE SIMはプランの値下げや通話パックの開始など魅力的な格安SIMになってきている印象です。

DMMモバイルIIJmioも、昼間の速度は徐々に右肩上がりとなっています。DMMモバイルが0.8Mbps、IIJmioが0.7Mbpsと良い感じになってきているので、この調子で1Mbpsを超えてきてほしいところです。

前回までは昼間でも1Mbps以上の速度を維持していたmineoのドコモプランですが、今回の測定でついに1Mbpsを切ってしまいました。ユーザー数もかなり増えていることが予想されますが、スタートしたばかりなので回線の増強はしばらくないかもしれません。いくら安くても遅くて使えないというSIMにならないか心配ですね。

8時台は非常に速度が出ているb-mobileは、昼間になると1Mbpsを下回ることが多いです。またb-mobileは、スピードテストの結果と体感速度がリンクしない格安SIMなので、スピードテストの結果ではなく体感速度で判断することをおすすめします。

NifMoOCNモバイルONE、PLAY SIM、楽天モバイルはいつも通りの遅い結果となっています。

この4社は、今後回線増強する気があるのか疑問です。


格安SIM(MVNO)20時の速度比較

20時台の結果です。
speed-test-10.14-20pm

 PING下り上り
docomo1回目7321.045.05
2回目5525.579.22
3回目6217.455.85
平均63.321.356.71
BIGLOBE1回目465.912.73
2回目577.046.45
3回目457.774.20
平均49.36.914.46
b-mobile1回目589.170.01
2回目6322.860.01
3回目7513.390.01
平均65.315.140.01
DMMモバイル1回目1196.713.55
2回目1189.164.00
3回目1277.773.25
平均121.37.883.60
FREETEL1回目611.812.48
2回目591.041.92
3回目511.892.52
平均57.01.582.31
IIJmio1回目1155.553.96
2回目1118.735.22
3回目1114.583.33
平均112.36.294.17
mineo1回目525.205.78
2回目644.985.97
3回目814.895.76
平均65.75.025.84
NifMo1回目942.086.53
2回目841.996.88
3回目923.584.25
平均90.02.555.89
OCNモバイルONE1回目561.085.01
2回目581.037.92
3回目541.183.71
平均56.01.105.55
PLAY SIM1回目710.223.40
2回目750.334.78
3回目690.313.56
平均71.70.293.91
楽天モバイル1回目1180.555.07
2回目1170.514.19
3回目1170.583.49
平均117.30.554.25


20時台の下りの速度ランキングは以下の通りです。
順位SIM名下り速度
1位docomo21.35
2位b-mobile15.14
3位DMMモバイル7.88
4位BIGLOBE6.91
5位IIJmio6.29
6位mineo5.02
7位NifMo2.55
8位FREETEL1.58
9位OCNモバイルONE1.10
10位楽天モバイル0.55
11位PLAY SIM0.29


20時台における各社SIMの速度の推移はこちら。
2015.10.14.20

20時台は、b-mobileがスピードテスト上では最速となっています。BIGLOBE SIMは前回から大きく速度を落としてはいるものの、速度は6.91Mbpsと速いです。

IIJmioDMMモバイルも安定して速いですね。日中は大きく速度を落としたmineoのドコモプランは、20時台も前回と比べると落ちています。

FREETELはキャンペーン開始以前と比べると明らかに見劣りします。10月16日頃の回線増強でどこまで回復するのかに注目です。

NifMoは9月末から徐々に速度が回復してきているのが分かります。インパクトのあるキャンペーンが無い限り、NifMoは現状を維持できそうですが、昼間の速度の落ち込みを見ると回線増強は必要です。


格安SIM(MVNO)22時の速度比較

最後に、22時台の結果です。
speed-test-10.14-22pm

 PING下り上り
docomo1回目7216.145.43
2回目6215.995.72
3回目7416.405.81
平均69.316.185.65
BIGLOBE1回目580.831.81
2回目501.112.39
3回目500.883.76
平均52.70.942.65
b-mobile1回目14210.110.00
2回目6813.610.01
3回目6812.880.00
平均92.712.200.00
DMMモバイル1回目1029.541.65
2回目11116.043.02
3回目1008.862.82
平均104.311.482.50
FREETEL1回目772.733.04
2回目751.352.95
3回目1171.703.64
平均89.71.933.21
IIJmio1回目9612.704.88
2回目10713.864.21
3回目996.384.06
平均100.710.984.38
mineo1回目862.363.80
2回目951.754.86
3回目942.023.96
平均91.72.044.21
NifMo1回目914.246.51
2回目945.665.40
3回目845.775.87
平均89.75.225.93
OCNモバイルONE1回目500.963.29
2回目580.843.89
3回目590.965.54
平均55.70.924.24
PLAY SIM1回目560.214.67
2回目760.192.49
3回目560.202.96
平均62.70.203.37
楽天モバイル1回目1170.412.15
2回目1250.452.37
3回目1190.451.40
平均120.30.441.97


22時台の下りの速度ランキングは以下の通りです。
順位SIM名下り速度
1位docomo16.18
2位b-mobile12.20
3位DMMモバイル11.48
4位IIJmio10.98
5位NifMo5.22
6位mineo2.04
7位FREETEL1.93
8位BIGLOBE0.94
9位OCNモバイルONE0.92
10位楽天モバイル0.44
11位PLAY SIM0.20


22時台における各社SIMの速度の推移はこちら。
2015.10.14.22

b-mobileは22時台でもスピードテスト上は速いです。

DMMモバイルIIJmioの速度の回復ぶりがすごいですね。やはり10月初旬に回線の増強をしているように感じます。昼間も1Mbps程度出れば言うことはありません。

NifMoも10月以降徐々に速度は回復傾向にあります。BIGLOBE SIMは22時台は日によって速度に大きく差があり安定していません。

mineoのドコモプランは22時台も前回と比べると速度は落ちています。FREETELは22時台も他社の格安SIMと比べると遅い状況です。


格安SIM(MVNO)のスピードテストアプリによる速度測定結果のまとめ

スピードテストの結果だけ見ると、b-mobileが非常に良い結果を出しています。ただ、何度も触れている通りb-mobileはスピードテストの結果と体感速度にギャップがあります。b-mobileのスピードテスト結果は参考にならないので、体感速度がどうなのかを確認することをおすすめします。

BIGLOBE SIMもスピードテストの結果が目に見えて改善しています。この状態を維持してほしいところです。

DMMモバイルIIJmioは、10月に入って速くなっています。昼間の速度がもう少し早くなればいうことはありません。

NifMoは9月にキャッシュバックキャンペーンが終了して、速度は徐々に回復傾向にあります。ただ、回線増強はしていないように感じるので、回線の混み具合では今後また遅くなる可能性もあります。

mineoのドコモプランはキャンペーンでユーザー数が一気に増えているようで、その影響をもろに受けている状況です。全時間帯で日を追うごとに速度が落ちてきているので、10月末の駆け込み契約でさらに速度の低下が懸念されます。

FREETELもキャンペーンで速度が落ちていますが、10月中旬に回線増強を実施するとのことなのでとりあえず今回よりも遅くなることはないと思われます。

OCNモバイルONE楽天モバイル、PLAY SIMは早急な回線増強が待たれます。


次に、通信を伴うアプリの表示速度で格安SIMを比較します。


格安SIM(MVNO)速度の比較結果【通信を伴うアプリの体感速度】2015年10月14日実測

ここからは、主にダウンロードの通信を伴う3アプリを使った格安SIMの表示速度(体感速度)の検証結果を紹介していきます。

格安SIM(MVNO)速度の測定環境【通信を伴うアプリの表示速度で測定】

スピードテストアプリ以外のよく使われている通信を伴うアプリを使った、docomo SIMと格安SIMの速度測定環境は以下の通りです。
測定SIM
・docomo
・b-mobile
・BIGLOBE
・DMMモバイル
・FREETEL
・IIJmio
・mineo(ドコモプラン)
・NifMo
・OCNモバイルONE
・PLAY SIM
・楽天モバイル
測定アプリ
・LG G2 miniの標準ブラウザ
Youtube(画質は240pで計測)
speedtest-7.31-youtube
スマートニュース
測定端末
LG G2 mini 6台
測定日時
2015年10月14日
1.8:25~
2.12:39~
3.20:19~
4.22:19~
測定場所
熊本県熊本市
測定方法
8時台、12時台、20時台、22時台とも以下の要領で各アプリの通信速度を比較。

1.docomo SIMを含めた下り速度上位6社

2.下り速度上位1社と下位5社



格安SIMのスピードテストで測定した全時間帯で体感速度のテストを実施して、1つの動画にまとめています。

テストは10枚の格安SIMを6台のLG G2 miniで実施しているので、全ての格安SIMの体感速度を確認することができます。

1回目はスピードテスト上位6社、2回目は残りの下位5社に上位1社を加えて最も速いSIMと比較できるようにしています。

改めて格安SIM+docomo SIMのスピードテストのランキングはこちらです。

8時
順位SIM名下り速度
1位docomo15.43
2位b-mobile13.51
3位BIGLOBE11.37
4位IIJmio5.66
5位DMMモバイル4.84
6位NifMo2.64
7位OCNモバイルONE2.03
8位FREETEL1.97
9位mineo1.74
10位PLAY SIM1.48
11位楽天モバイル0.51


12時
順位SIM名下り速度
1位docomo32.62
2位FREETEL1.56
3位BIGLOBE1.03
4位DMMモバイル0.80
5位mineo0.74
6位IIJmio0.70
7位b-mobile0.67
8位OCNモバイルONE0.46
9位PLAY SIM0.41
10位NifMo0.26
11位楽天モバイル0.19


20時
順位SIM名下り速度
1位docomo21.35
2位b-mobile15.14
3位DMMモバイル7.88
4位BIGLOBE6.91
5位IIJmio6.29
6位mineo5.02
7位NifMo2.55
8位FREETEL1.58
9位OCNモバイルONE1.10
10位楽天モバイル0.55
11位PLAY SIM0.29


22時
順位SIM名下り速度
1位docomo16.18
2位b-mobile12.20
3位DMMモバイル11.48
4位IIJmio10.98
5位NifMo5.22
6位mineo2.04
7位FREETEL1.93
8位BIGLOBE0.94
9位OCNモバイルONE0.92
10位楽天モバイル0.44
11位PLAY SIM0.20



今回の格安SIMの体感速度の比較を撮影した動画はこちら。

動画の解説は以下をご覧ください。

格安SIM(MVNO)8時台の体感速度比較


ブラウザの表示速度
格安SIMの8時台のブラウザの表示速度(体感速度)を比較します。

上位6社の表示速度は速いです。
taikan2015.10.14.1

下位5社の中では、OCNモバイルONEが画像の表示に時間がかかっています。
taikan2015.10.14.2.1


Youtubeの表示速度
格安SIMの8時台のYoutubeの表示速度の比較です。

上位6社の中では、b-mobileが再生までに時間がかかっています。逆に、これまではb-mobileと同様に再生まで時間がかかっていたBIGLOBE SIMが非常にスムースに再生されるようになっています。
taikan2015.10.14.2

下位5社では、楽天モバイルが再生までに時間がかかっています。
taikan2015.10.14.3.1


スマートニュースの表示速度
格安SIMの8時台のスマートニュースの表示速度の比較です。

上位6社は快適な体感速度となっています。
taikan2015.10.14.3

下位5社も問題ない速度で表示されています。
taikan2015.10.14.4.1


格安SIM(MVNO)12時台の体感速度比較

次は格安SIMの12時台の体感速度の比較です。

ブラウザの表示速度
格安SIMの12時台のブラウザの表示速度の比較です。

上位6社では、FREETELとmineoが画像の表示に時間がかかっています。
taikan2015.10.14.4

下位5社では、NifMoと楽天モバイルが画像の表示に時間がかかりました。。
taikan2015.10.14.5.1


Youtubeの表示速度
格安SIMの12時台のYoutubeの表示速度の比較です。

上位6社では、FREETELが再生までに時間がかかっています。BIGLOBE SIMはここでも再生までに時間がかかることなくスムースに再生されていることが分かります。
taikan2015.10.14.5

また、FREETELは再生中に止まって再度読み込む場面もありました。
taikan2015.10.14.5a

下位5社ではPLAY SIMと楽天モバイルが再生までに時間がかかり、途中で止まることもありました。
taikan2015.10.14.6.1


スマートニュースの表示速度
格安SIMの12時台のスマートニュースの表示速度の比較です。

上位6社の中では、FREETELとmineoが表示に時間がかかっています。
taikan2015.10.14.6

下位5社では、楽天モバイルで表示の遅れが見られます。
taikan2015.10.14.7.1


格安SIM(MVNO)20時台の体感速度比較

次は格安SIMの20時台の体感速度の比較です。

ブラウザの表示速度
格安SIMの20時台のブラウザの表示速度の比較です。

上位6社はほぼ同じ表示速度となっています。
taikan2015.10.14.7

下位5社では、FREETELとPLAY SIMが画像の表示に時間がかかっています。
taikan2015.10.14.8.1


Youtubeの表示速度
格安SIMの20時台のYoutubeの表示速度の比較です。

上位6社はスムースに再生されています。
taikan2015.10.14.8

下位5社の中では、PLAY SIMが再生に時間がかかっています。
taikan2015.10.14.9.1


スマートニュースの表示速度
格安SIMの20時台のスマートニュースの表示速度の比較です。

上位6社では、docomoが表示に時間がかかっています。docomoはスマートニュースで表示に時間がかかることがちょくちょくあります。
taikan2015.10.14.9

下位5社では、FREETELとPLAY SIMが表示に時間がかかりました。
taikan2015.10.14.10.1


格安SIM(MVNO)22時台の体感速度比較

最後に格安SIMの22時台の体感速度の比較です。

ブラウザの表示速度
格安SIMの22時台のブラウザの表示速度の比較です。

上位6社の表示速度は十分速いです。
taikan2015.10.14.13

下位5社は、FREETELとPLAY SIMが画像の表示に時間がかかっている状況です。
taikan2015.10.14.14.1


Youtubeの表示速度
格安SIMの22時台のYoutubeの表示速度の比較です。

上位6社はほぼスムースに再生されていました。
taikan2015.10.14.14

下位5社では、PLAY SIMが時間がかかっています。
taikan2015.10.14.15.1



スマートニュースの表示速度
最後に、格安SIMの22時台のスマートニュースの表示速度の比較です。

上位6社では、NifMOとmineoが表示に時間がかかっています。
taikan2015.10.14.15

下位5社では、FREETELとOCNモバイルONE、PLAY SIMが表示に時間がかかりました。
taikan2015.10.14.16.1

格安SIM MVNO 格安スマホの通信速度比較。速いのはどこ?【5月15日最新実測】に戻る

スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る