Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




格安SIM(MVNO)9社のスピードテスト結果と体感速度【9/3】

Posted on 9月 3, 2015

このページでは、2015年9月3日の格安SIM(MVNO)9社のスピードテスト結果と体感速度のレビューを掲載しています。

最新情報は、格安SIM MVNO 格安スマホの通信速度比較。速いのはどこ?【3月6日最新実測】をご覧ください。

スポンサーリンク



SIM速度の測定環境【スピードテストアプリ】2015/9/3版

スピードテストを使ったdocomo SIMと格安SIMの速度測定環境は以下の通りです。
測定SIM
・docomo
・b-mobile
・BIGLOBE
・DMMモバイル
・FREETEL
・IIJmio
・NifMo
・OCNモバイルONE
・PLAY SIM
・楽天モバイル
測定アプリ
測定端末
LG G2 mini 6台
測定日時
2015年9月3日 (木曜日)
・8:00
・12:20
・20:00
・22:00
測定時刻の選定基準は、当サイトのアクセスが多くなる時間帯です。
測定場所
熊本県熊本市
測定方法
各時間で3回測定し、測定完了後は他のSIMに差し替えて3回測定。10枚のSIMを6台の端末で測定するので、4台はSIMの入れ替えを一度行っています。そのため、計測時刻に10分弱の時間差があります。



格安SIM速度の比較結果【スピードテストアプリ】

以下に、スピードテストアプリを使った格安SIMの速度比較の結果を紹介します。

8時

8時の結果はこちらです。

docomo
0speed-test-docomo-9.3-8am
speed-test-9.3-8am

画像が小さくて見づらい場合は、こちらの表をご覧ください。
 PING下り上り
docomo1回目6514.593.91
2回目6714.144.30
3回目7719.383.08
平均69.716.043.76
BIGLOBE1回目635.521.20
2回目549.446.31
3回目565.383.81
平均57.76.783.77
b-mobile1回目5710.840.01
2回目5113.550.00
3回目578.750.01
平均55.011.050.01
DMMモバイル1回目717.3310.67
2回目787.205.89
3回目876.753.13
平均78.77.096.56
FREETEL1回目5410.845.73
2回目5710.275.71
3回目5313.415.31
平均54.711.515.58
IIJmio1回目7911.596.82
2回目848.844.60
3回目958.095.08
平均86.09.515.50
NifMo1回目758.464.04
2回目716.905.34
3回目664.326.14
平均70.76.565.17
OCNモバイルONE1回目903.153.96
2回目882.792.32
3回目882.964.96
平均88.72.973.75
PLAY SIM1回目5913.834.87
2回目6711.003.98
3回目5416.294.16
平均60.013.714.34
楽天モバイル1回目1091.133.22
2回目1110.963.18
3回目1181.173.23
平均112.71.093.21


下り速度を早い順に並べ替えると以下の通りです。
順位SIM名下り速度
1位docomo16.04
2位PLAY SIM13.71
3位FREETEL11.51
4位b-mobile11.05
5位IIJmio9.51
6位DMMモバイル7.09
7位BIGLOBE6.78
8位NifMo6.56
9位OCN モバイル ONE2.97
10位楽天モバイル1.09


前回(8月27日)の8時台はPLAY SIMがdocomoよりもスピードテスト上は速度が出ていました。今回はdocomoが最速となっていますが、PLAY SIMも13.71Mbpsと速いです。

また、b-mobileも最近は速度がよく出ています。FREETELは朝は安定して速度が出ていますね。

IIJmio、DMMモバイルは前回から一気に速度が上がっていますが、今回もその流れで十分な速度となっています。

BIGLOBE、NifMoが7位と8位と続きますが、8位のNifMoでも6Mbpsを超えており、スマホで通信する分には16.04Mbpsのdocomoと比べても体感速度に差はほぼありません。

OCN モバイル ONEが2Mbps台、楽天モバイルは1Mbps台と他のSIMと比べると見劣りしますが、BIGLOBE、PLAY SIM、OCN モバイル ONE以外のSIMはスピードテスト上の速度が1Mbpsを超えていれば通信を伴うアプリの表示速度(体感速度)は変わらないので、8時台に関してはほぼすべてのSIMで速度に問題はないと判断できます。

逆に先ほど挙げた3社のSIMは、スピードテストの速度と実際の表示速度が悪い意味でリンクしていないように感じます。スピードテスト上はある程度速度が出ていても、体感速度が遅い印象です。

実際の体感速度は、後ほど紹介する動画で確認してみてください。


12時

次に12時台の結果です。

docomo
0speed-test-docomo-9.3-12pm
speed-test-9.3-12pm

 PING下り上り
docomo1回目6522.993.16
2回目7720.904.01
3回目6024.353.04
平均67.322.753.40
BIGLOBE1回目5812.581.95
2回目547.333.32
3回目604.563.06
平均57.38.162.78
b-mobile1回目940.560.01
2回目1150.4515.22
3回目3020.390.00
平均170.30.475.08
DMMモバイル1回目980.635.94
2回目1060.625.22
3回目1010.654.28
平均101.70.635.15
FREETEL1回目5515.445.49
2回目4216.166.06
3回目5311.454.52
平均50.014.355.36
IIJmio1回目1000.495.53
2回目1070.416.14
3回目1100.446.73
平均105.70.456.13
NifMo1回目750.485.70
2回目720.535.50
3回目720.466.00
平均73.00.495.73
OCNモバイルONE1回目980.843.21
2回目890.604.15
3回目880.6514.42
平均91.70.707.26
PLAY SIM1回目501.655.20
2回目511.594.79
3回目561.103.88
平均52.31.454.62
楽天モバイル1回目1050.433.62
2回目1430.371.62
3回目1090.321.94
平均119.00.372.39


12時台の下りの速度ランキングは以下の通り。
順位SIM名下り速度
1位docomo22.75
2位FREETEL14.35
3位BIGLOBE8.16
4位PLAY SIM1.45
5位OCN モバイル ONE0.70
6位DMMモバイル0.63
7位NifMo0.49
8位b-mobile0.47
9位IIJmio0.45
10位楽天モバイル0.37


8時台には快調な速度だったSIMも、12時台に入ると一気に速度が落ちます。その中でもdocomoの22.75Mbpsはさすがです。

また、前回は1Mbps台まで落ち込んでいたFREETELの速度が一気に回復しています。

BIGLOBEが昼間で8Mbps台、PLAY SIMも1.45Mbpsと体感速度が変わらないラインの1Mbpsを超えており速いです。ただ、BIGLOBEとPLAY SIMはどちらもスピードテスト上の速度と体感速度がリンクせず遅く感じることもあるので、注意が必要です。後ほど体感速度をおさめた動画で検証します。

快適に通信するギリギリのラインは0.6Mbpsあたりだと個人的には感じていますが、そのラインを超えているのは6位のDMMモバイルまでとなっています。

NifMo、b-mobile、IIJmioは8時台との落差が激しいですね。楽天モバイルは安定の最下位となっています。最近は楽天モバイルの速度低下が著しく、体感速度にもかなり影響が出ています。

楽天モバイルはスマホセットが豊富だったりポイントがついたりといったキャンペーンをたくさんしていて魅力を感じることもあるかもしれませんが、現時点ではおすすめしません。

0.6Mbpsを下回っているNifMo以下のSIMがどの程度 体感速度に影響するのか注目です。


20時

20時台の結果です。

docomo
0speed-test-docomo-9.3-20pm
speed-test-9.3-20pm


 PING下り上り
docomo1回目5916.454.34
2回目6116.502.73
3回目6016.462.87
平均60.016.473.31
BIGLOBE1回目422.856.34
2回目464.736.05
3回目532.616.07
平均47.03.406.15
b-mobile1回目1393.320.01
2回目524.280.01
3回目1063.500.01
平均99.03.700.01
DMMモバイル1回目1092.603.63
2回目1161.734.48
3回目1041.635.15
平均109.71.994.42
FREETEL1回目564.715.94
2回目597.415.56
3回目6510.515.14
平均60.07.545.55
IIJmio1回目1161.674.84
2回目1021.823.77
3回目1031.673.93
平均107.01.724.18
NifMo1回目754.716.04
2回目625.655.91
3回目675.374.47
平均68.05.245.47
OCNモバイルONE1回目881.475.47
2回目761.6112.42
3回目781.344.51
平均80.71.477.47
PLAY SIM1回目610.585.49
2回目610.646.13
3回目560.605.54
平均59.30.615.72
楽天モバイル1回目1141.024.37
2回目1140.845.44
3回目1420.733.36
平均123.30.864.39


20時台の下りの速度ランキングは以下の通りです。
順位SIM名下り速度
1位docomo16.47
2位FREETEL7.54
3位NifMo5.24
4位b-mobile3.70
5位BIGLOBE3.40
6位DMMモバイル1.99
7位IIJmio1.72
8位OCN モバイル ONE1.47
9位楽天モバイル0.86
10位PLAY SIM0.61


20時台は、docomo、FREETELが12時台に続きトップで、NifMoが3位で5.24Mbpsの速度となっています。b-mobileからOCN モバイル ONEまでは1Mbpsを超えており、1Mbpsを切っているのが前回の20時台と同じく楽天モバイルとPLAY SIMの2社です。

上は16Mbpsから下が0.61Mbpsとかなり差がありますが、少なくとも1Mbpsを超えている8位の OCN モバイル ONEよりも上位のSIMはdocomoと変わらない体感速度が期待できます。

ただし、BIGLOBEとOCN モバイル ONEの体感速度には注意です。


22時

最後に、22時台の結果です。

docomo
0speed-test-docomo-9.3-22pm
speed-test-9.3-22pm

 PING下り上り
docomo1回目6022.996.03
2回目6613.515.77
3回目5813.154.60
平均61.316.555.47
BIGLOBE1回目5520.813.36
2回目8219.412.51
3回目7714.823.13
平均71.318.353.00
b-mobile1回目923.410.00
2回目792.680.00
3回目707.250.01
平均80.34.450.00
DMMモバイル1回目991.845.58
2回目1002.664.41
3回目991.893.98
平均99.32.134.66
FREETEL1回目598.435.22
2回目6514.386.91
3回目5715.566.21
平均60.312.796.11
IIJmio1回目962.065.19
2回目1012.105.27
3回目1132.265.43
平均103.32.145.30
NifMo1回目626.642.02
2回目639.222.01
3回目727.183.46
平均65.77.682.50
OCNモバイルONE1回目860.952.99
2回目920.915.44
3回目791.335.46
平均85.71.064.63
PLAY SIM1回目580.334.24
2回目590.324.19
3回目570.314.87
平均58.00.324.43
楽天モバイル1回目990.705.30
2回目1010.792.65
3回目1000.752.11
平均100.00.753.35


22時台の下りの速度ランキングは以下の通りです。
順位SIM名下り速度
1位BIGLOBE18.35
2位docomo16.55
3位FREETEL12.79
4位NifMo7.68
5位b-mobile4.45
6位IIJmio2.14
7位DMMモバイル2.13
8位OCN モバイル ONE1.06
9位楽天モバイル0.75
10位PLAY SIM0.32


22時台は、BIGLOBEがトップで18.35Mbpsで、docomoとFREETELが10Mbpsを超えてきています。

また、NifMoが4位で7.68Mbpsと夜間は速度が回復していることが分かります。NifMoはここ数回は昼間だけ速度が一気に落ちる状況が続いているので、改善に期待したいところです。

8位のOCN モバイル ONEまでが1Mbpsを超えています。1Mbpsを下回っているのは、常連の楽天モバイルとPLAY SIMとなっています。


SIM速度の測定環境【通信を伴うアプリの表示速度で測定】2015/9/3版

スピードテストアプリ以外のよく使われている通信を伴うアプリを使った、docomo SIMと格安SIMの速度測定環境は以下の通りです。
測定SIM
・docomo
・b-mobile
・BIGLOBE
・DMMモバイル
・FREETEL
・IIJmio
・NifMo
・OCNモバイルONE
・PLAY SIM
・楽天モバイル
測定アプリ
・LG G2 miniの標準ブラウザ
Youtube(画質は240pで計測)
speedtest-7.31-youtube
スマートニュース
測定端末
LG G2 mini 6台
測定日時
2015年8月27日
1.8:24~
2.12:42~
3.20:18~
4.22:20~
測定場所
熊本県熊本市
測定方法
8時台、12時台、20時台、22時台とも以下の要領で各アプリの通信速度を比較。

1.docomo SIMを含めた下り速度上位6社

2.下り速度上位2社と下位4社



格安SIM速度の比較結果【ブラウザ等のアプリの体感速度】検証の様子を動画で撮影

続いて、主にダウンロードの通信を伴う3アプリを使った表示速度(体感速度)の検証結果を紹介していきます。

今回はスピードテストで測定した全時間帯で体感速度のテストを実施して、1つの動画にまとめています。

テストは10枚のSIMを6台のLG G2 miniで実施しており、全てのSIMの体感速度を確認することができます。

1回目はスピードテスト上位6社、2回目は残りの下位4社に上位2社を加えて最も速いSIMと比較できるようにしています。

改めてスピードテストのランキングはこちらです。

8時
順位SIM名下り速度
1位docomo16.04
2位PLAY SIM13.71
3位FREETEL11.51
4位b-mobile11.05
5位IIJmio9.51
6位DMMモバイル7.09
7位BIGLOBE6.78
8位NifMo6.56
9位OCN モバイル ONE2.97
10位楽天モバイル1.09


12時
順位SIM名下り速度
1位docomo22.75
2位FREETEL14.35
3位BIGLOBE8.16
4位PLAY SIM1.45
5位OCN モバイル ONE0.70
6位DMMモバイル0.63
7位NifMo0.49
8位b-mobile0.47
9位IIJmio0.45
10位楽天モバイル0.37


20時
順位SIM名下り速度
1位docomo16.47
2位FREETEL7.54
3位NifMo5.24
4位b-mobile3.70
5位BIGLOBE3.40
6位DMMモバイル1.99
7位IIJmio1.72
8位OCN モバイル ONE1.47
9位楽天モバイル0.86
10位PLAY SIM0.61


22時
順位SIM名下り速度
1位BIGLOBE18.35
2位docomo16.55
3位FREETEL12.79
4位NifMo7.68
5位b-mobile4.45
6位IIJmio2.14
7位DMMモバイル2.13
8位OCN モバイル ONE1.06
9位楽天モバイル0.75
10位PLAY SIM0.32



今回の体感速度の比較を撮影した動画はこちら。


8時台


ブラウザの表示速度
8時台のブラウザの表示速度(体感速度)を比較します。

8時台は、10社すべてのSIMが1Mbpsを超えているだけあって、表示速度はほぼ同じです。
taikan09031

下位4社もdocomoやPLAY SIMと体感速度は同じで、快適にスマホを使うことができます。
taikan09031.1


Youtubeの表示速度
8時台のYoutubeの表示速度の比較です。

上位6社はほぼ同じ表示速度となっています。
taikan09032

下位4社に関しては、6.78Mbpsの速度を記録しているBIGLOBEがYoutubeの再生までに時間がかかっています。反応の速さを示すPING値もいいだけに不思議です。
taikan09032.1


スマートニュースの表示速度
8時台ののスマートニュースの表示速度の比較です。

スマートニュースは体感速度の差が出やすいアプリですが、今回の8時台に関してはSIM間の速度差はほぼ見られませんでした。
taikan09033

下位4社も同様に、速度は安定して速いです。
taikan09033.1

12時台

次は12時台の体感速度の比較です。

ブラウザの表示速度
12時台のブラウザの表示速度の比較です。

8時台はすべてのSIMがdocomoと同じ体感速度を得るための1Mbpsを超えていたのでかなり快適でしたが、12時台は一気に速度が落ち込んでいます。

ブラウザの表示速度を見てみると、上位6社はOCN モバイル ONEが若干遅れるもののそこまで大差ない結果となっています。
taikan09034

下位4社は意外に速度が出ていて、体感速度もdocomoやFREETELとそこまで変わりません。12時50分を過ぎているので、スピードが戻ってきているのかもしれないですね。
taikan09034.1


Youtubeの表示速度
12時台のYoutubeの表示速度の比較です。

ここでも、昼間ながら8.16Mbpsという速度を出しているBIGLOBEがYoutubeの再生までに時間がかかっています。途中で止まりはしなかったので問題ないですが、PING値と実際の表示速度がまったくリンクしていないのが気になります。
taikan09035

下位4社は、楽天モバイルが再生にかなりてこずっている以外は問題なく再生できています。昼休憩中に動画を観たい人は、現時点では楽天モバイルはやめておいたほうがいいです。
taikan09035.1


スマートニュースの表示速度
12時台のスマートニュースの表示速度の比較です。

上位6社は、BIGLOBE、OCN モバイル ONE、DMMモバイルが表示までに時間がかかっています。
taikan09036

BIGLOBEとDMMモバイルは記事が表示された後も、OCN モバイル ONEは読み込み中で厳しい結果となっています。
taikan09037

下位4社は、NifMoが表示されるまでに若干時間がかかっています。
taikan09036.1


20時台

次は20時台の体感速度の比較です。

ブラウザの表示速度
20時台のブラウザの表示速度の比較です。

20時台の上位6社のブラウザ表示は、ほぼ同じ体感速度となっています。
taikan09038

下位4社では、PLAY SIMが画像の表示に少し時間がかかっています。
taikan09038.1


Youtubeの表示速度
20時台のYoutubeの表示速度の比較です。

上位6社は、BIGLOBEが読み込みから再生までの時間がかかっているのを除いてほぼ同じ体感速度です。
taikan09039

下位4社の中では、PLAY SIMが再生までに時間がかかったのと途中で動画が止まってしまいました。
taikan09039.1


スマートニュースの表示速度
20時台のスマートニュースの表示速度の比較です。

上位6社については、どこもほぼ同じ体感速度でした。
taikan09040

下位4社は、PLAY SIMが表示までに時間が少しかかっています。
taikan09040.1


22時台

最後に22時台の体感速度の比較です。

ブラウザの表示速度
22時台のブラウザの表示速度の比較です。

上位6社はほぼ同じ体感速度で非常に快適にWebページを見ることができます。
taikan09041

下位4社は、OCN モバイル ONEがトップページの表示に時間がかかっています。
taikan09041.1

個別記事については、BIGLOBEやdocomoと大きな差はありませんでした。
taikan09041.2


Youtubeの表示速度
22時台のYoutubeの表示速度の比較です。

上位6社は表示速度も速く快適です。
taikan09042

下位4社は、PLAY SIMが読み込みに時間がかかったのと途中で1回止まってしまいました。
taikan09042.1


スマートニュースの表示速度
最後に、22時台ののスマートニュースの表示速度の比較です。

上位6社の表示速度はほぼ同じです。
taikan09043

下位4社は、楽天モバイルとPLAY SIMが表示に時間がかかっています。
taikan09043.1


格安SIM MVNO 格安スマホの通信速度比較。速いのはどこ?【3月6日最新実測】に戻る


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る