Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




NifMo(ニフモ)の1.1GBプランの申し込み方法と注意点まとめ。

Posted on 4月 1, 2016

nifmo-1.1gb-september
このページでは、NifMoの1.1GBプランの申し込み方法と注意点をまとめています。


NifMo(ニフモ)の1.1GBプランは2015年9月30日で終了【2016年4月1日に復活】

NifMo(ニフモ)の1.1GBプラン(640円)は、2015年9月30日で終了しました(10月1日に@niftyお申し込み受付デスクにて確認済み)。

ですが、2016年4月1日より復活したため再びNifMoで1.1GBプランを選ぶことができるようになりました。

これにより、NifMoで選べる料金プランは、1GB(640円)、3GB(900円)、5GB(1,600円)、10GB(2,800円)の4プランとなっています。

NifMoのプラン詳細や実際に使ってみたレビューはこちらを参照してください。
NifMo ニフモの速度レビューと評価・メリット・デメリットまとめ【6月】


NifMoの1.1GBプランについて

NifMoの1.1GBプランはデータ通信専用SIMの月額料金が640円と安く、1GBの高速通信容量のプランを提供する他の格安SIMと比較してもDMMモバイルの480円、DTI SIMの600円に次ぐ3番目の安さとなっています。

NifMoのデータ通信専用SIM 1.1GBプランは、使える高速通信容量を見てみるとDMMモバイルやDTI SIMが1GBに対してNifMoが1.1GBと100MB多いです。

そのため、100MBあたりの単価はNifMoがDTI SIMよりも安くなっています。

さらに、NifMoはNifMoバリュープログラムを活用することで、月額料金を一切かけずに使うこともできます。
nifmo-value-program-howto

NifMoバリュープログラムの利用方法などの詳細はこちらをご覧ください。
NifMoバリュープログラムを試してみた。3GBプランが0円で運用可能です。

NifMoバリュープログラムを利用すれば、NifMoはDMMモバイルやDTI SIMを抜いて断トツで最安となります。NifMoを契約したら、NifMoバリュープログラムは必ず利用しましょう。

なお、NifMoを含む主要格安SIMの機能やサービスはこちらのページで詳しく比較しています。
格安SIMカード MVNO docomo系比較・おすすめランキング【7月21日】


NifMo 1.1GBプランの申し込み方法

NifMoの1.1GBプランの申し込み方法は、少し特殊です。

NifMoの公式ページでは、以下のプランが申し込み可能となっています。

・3GB(900円/月)
・5GB(1,600円/月)
・10GB(2,800円/月)
nifmo-1.1gb4

公式ページを見てみると、3GBと5GB、10GBの月額料金のみが記載されていて、1.1GBプランについての記載が一切ありません。つまり、NifMoの1.1GBプランは公式ページからは申し込みできない状態です。

そこで、NifMoの1.1GBプランをこちらから申し込みます。

SIM単体
NifMo

スマホセット
NifMo




こちらには、「データ通信プラン料 1.1GBプラン 月額640円」と明記されています。
nifmo-1.1gb5

このページをずっと下にスクロールすると「1.1GBプランのお申し込みはこちら」という項目があるので、「新規申し込み」か@niftyユーザーなら「@nifty IDをお持ちの方」から申し込めばNifMoの1.1GBプランを利用することができます。
nifmo-1.1gb6

NifMoの1.1GBプランの申し込み方法は以上ですが、以下にNifMoの1.1GBプランの注意点も紹介しておきます。3GB/5GB/10GBプランと比べると、1.1GBプランは色々な制限があるので目を通しておいてください。

NifMo 1.1GBプランの注意点


NifMoの1.1GBプランはキャッシュバック対象外

現在NifMoは、3GB/5GB/10GBプランを契約するとSIMのみ契約でも2,000円、スマホセットで購入すると5,000円キャッシュバックするキャンペーンを開催中です。
NifMo(ニフモ)のキャンペーン詳細と注意点まとめ【7月】

ですが、1.1GBプランは上記キャッシュバックキャンペーンの対象外となります。

データ通信専用SIMで考えると、NifMoの1.1GBプランは640円、3GBプランは900円でその差は260円です。3GBプランにキャッシュバックを適用して計算すると、1.1GBプランは8ヶ月以上継続して使えば3GBプランよりも得になります。

1.1GBプラン(全て税込で計算)
3,240円(新規手数料)+(691円x8ヶ月)=8,768円

3GBプラン
3,240円(新規手数料)+(972円x8ヶ月)-2,000円(キャッシュバック)=9,016円

上記の通り、NifMoを8ヶ月以上の期間利用する予定なら1.1GBプランを利用した方が得です。

逆に、NifMoのSIMを8ヶ月未満の短期間でしか使う予定がないなら、1.1GBプランよりも3GBプランの方が安く済むのでおすすめです。

なお、キャッシュバックを受け取るには最低でも6ヶ月間はNifMoを利用する必要があります。もし6ヶ月以内にNifMoを解約する可能性がある場合は、1.1GBの方が安く済む点もおさえておきましょう。


NifMoの1.1GBプランは月額料金から200円割引される@nifty割が対象外

NifMoには、@nifty会員の場合にNifMoの月額料金を200円割り引く「@nifty割」があります。

この@nifty割も、キャッシュバック同様1.1GBプランは対象外となります。

NifMoのデータ通信専用SIM 3GBプランに@nifty割の200円割引を適用すると700円となり、1.1GBの640円と60円しか差がなくなるため、3GBを選ばない理由がありません。

@nifty会員であれば迷わず3GBプランを選びましょう。なお、@nifty割はすでに持っている@nifty IDでNifMoを申し込む必要があることと、@nifty 1契約につき1回線だけ適用されます。


NifMoの1.1GBプランから他のプランに変えたら再度1.1GBに戻すことができない

NifMoは、3GB/5GB/10GBの3プランについては自由にプランの変更が可能ですが、1.1GBプランについては制限があります。

1.1GBプランから3GB/5GB/10GBプランに変更することはできますが、3GB/5GB/10GBから1.1GBプランに変更することはできません。

1.1GBで契約して後日3GB/5GB/10GBプランに変更することはできても、さらに後日やっぱり1.1GBに戻そうと思っても戻せないということになります。

1.1GBプランから他のプランに変更する際は注意しましょう。


NifMoの1.1GBプランのまとめ

NifMoの1.1GBプランは、他社の格安SIMと比べてもコストパフォーマンスは高い方です。

また、NifMoバリュープログラムを使うことで、1.1GBの月額料金640円を0円にすることも可能です。
NifMoバリュープログラムを試してみた。3GBプランが0円で運用可能です。

さらに、NifMoの通信速度は12時台以外は数ある格安SIMの中でも速い方で、快適に通信することができるのもNifMoのメリットです。
格安SIM MVNO 格安スマホの通信速度比較。速いのはどこ?【7月3日最新実測】

ただし、現在NifMOでは2,000円のキャッシュバックキャンペーンが実施されているため、8ヶ月以上NifMoを継続して利用する予定の場合、または音声プランについては半年未満で解約する予定の場合にのみ1.1GBプランは月額900円の3GBプランよりも得になります。

また、@nifty割が適用されなかったり、他のプランから1.1GBプランに変更することができないなど1.1GBプランには制限もあります。

上記の点を考慮したうえで、1.1GBプランを契約するかどうかを検討することをおすすめします。

NifMo(ニフモ)の1.1GBプランの申し込み方法と注意点まとめは以上です。

公式サイト(SIM単体)
NifMo

公式サイト(スマホセット)
NifMo




格安SIMの比較・まとめページ

格安SIMで月1,000円以下のMVNO9社を比較【6月】
格安SIMカード MVNO ドコモ系の比較・おすすめランキング【7月】
格安SIM MVNO 格安スマホの通信速度比較【7月3日最新実測】
格安SIMのMNP転入が自宅で即日開通可能なMVNOまとめ。
格安SIM(MVNO)で音声通話に対応可能なおすすめ8社を比較。
格安SIM(MVNO)で通話定額(かけ放題)がある13社を比較。
最安(一番安い)格安SIM MVNO一覧【データ/音声通話/容量別|6月】
格安スマホ比較(格安SIM+スマホセット)おすすめランキング
格安SIM MVNOのキャンペーン情報.条件と注意点まとめ
格安スマホ・格安SIMが安く買えるセール情報まとめ。

大手MVNO事業者が提供する格安SIM一覧

b-mobile
BIGLOBE SIM
DMMモバイル
FREETEL
IIJmio
mineo(マイネオ) docomoプラン
NifMo
OCN モバイル ONE
U-mobile
楽天モバイル



【過去分】NifMoの速度低下が著しい

以下は、NifMoの速度に関する過去の状況です。現在のNifMoは12時台以外はしっかりと速度が出るようになっています。

現在NifMoは通信速度がかなり低下していて、他の格安SIMと比べると遅く使い勝手は悪くなっています。1.1GBプラン以外のプランでNifMoを検討している人は、NifMoの通信速度が回復するのを待つことをおすすめします。
2015.10.01.08

当サイトでは、NifMoの通信速度をスピードテストとアプリの表示速度(体感速度)の2パターンで定期的に計測しています。

計測結果などの詳細はこちらを参照してください。
格安SIM MVNO 格安スマホの通信速度比較。速いのはどこ?【7月3日最新実測】

NifMoを含む格安SIM10社のアプリの表示速度(体感速度)を記録した最新の動画はこちらです。


ちなみに、2015年10月現在のおすすめ格安SIMはDMMモバイルmineoのドコモプランです。

DMMモバイルは業界最安値水準を宣言して積極的に料金を値下げしており、10月現在もSMSなしのデータ通信専用SIMは全プラン業界最安値水準を維持しています。

また、DMMモバイルは料金の安さだけでなく通信速度もそこそこ速く、快適に通信することができます。

さらに、高速通信と低速通信を切り替えることもでき、限られた容量の高速通信を節約することも可能です。低速時は最高速度が200kbpsに制限されますが、DMMモバイルの場合は通信開始から一定時間はLTEによる高速通信をします。ラインやメール、テキストがメインのウェブサイトなどの表示なら、低速でも問題なく使えます。

DMMモバイルのメリットやデメリット、実際に使ってみたレビューや通信速度の測定結果はこちらをご覧ください。
DMMモバイルの料金と通信速度レビュー 評価。

SIM単体
NifMo

スマホセット
NifMo

mineoのドコモプランは、9月1日にスタートしたばかりの格安SIMです。

mineoは、10月31日までに契約すると月額料金が6ヶ月間800円割り引きされるキャンペーンを開催中です。mineoの3GBプランが900円なので、3GBを半年間は100円という格安の料金で利用することができます。

また、mineoは通信速度も速く快適に利用できるのもポイントです。格安SIMを短期間しか利用しないという人や、試しに格安SIMを使ってみたいという人には、mineoがおすすめです。

mineoのメリットやデメリット、実際に使ってみたレビューや通信速度の測定結果はこちらをご覧ください。
mineo(マイネオ)ドコモ回線プラン(Dプラン)の速度/評価/レビュー。

公式サイト
mineo


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る