Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




NifMoの7GBが業界最安値。価格そのままで容量を増量し実質的な値下げ。

Posted on 1月 23, 2017

nifmo-increase-data NifMoは、2017年2月1日より月額料金はそのままで高速通信容量5GBプランを7GBに、また10GBプランを13GBに増量することを発表しました。

これにより、容量7GBではNifMoが最安となりました。


NifMoの5GBプランが7GBに、10GBが13GBに料金据え置きで増量。実質的な値下げに。

2017年2月1日より、NifMoが提供している5GBプランが2GB増量されて7GBに、10GBプランが3GB増量されて13GBになります。

この増量のポイントは、月額料金がこれまでの5GB・10GBプランと同じ点です。

5GBプランや10GBプランの月額料金でより多くの高速通信が可能になったため、実質的に値下げされたことになります。


7GBプランではNifMoが最安。13GBプランもコスパが高い

NifMoの新しい7GBプランと13GBプランの月額料金を、他社の格安SIMと比較してみます。
 DMMモバイルぷららモバイルLTELINEモバイルNifMonuroモバイルロケットモバイル
高速通信容量7GB7GB7GB7GB7GB7GB
データ専用SIM料金1,860円1,885円-1,600円1,700円1,850円
SMS+150円+150円-+150円+150円+150円
SMS対応SIM料金2,010円2.035円2,300円1,750円1,850円2,000円
音声通話+700円+700円-+700円+700円+550円
音声通話SIM料金2,560円2,585円2,880円2,300円2,400円2,400円


上記の比較表にある通り、これまではデータ通信SIMではnuroモバイルが、音声通話SIMではnuroモバイルとロケットモバイルが最安でしたが、NifMoの実質的な値下げをともなう増量によりデータ通信SIM・音声通話SIMの両方でNifMoが最安となりました。

13GBプランについては、13GBプランを提供している格安SIMが他にないので、12GBを含めて比較します。
 BIGLOBE
SIM
NifMoイオンモバイル
高速通信容量12GB13GB12GB
データ専用SIM料金2,700円2,800円2,680円
SMS+120円+150円+140円
SMS対応SIM料金2,820円2,950円2,820円
音声通話+700円+700円+600円
音声通話SIM料金3,400円3,500円3,280円


12GBプランで最安のイオンモバイル(2,680円)と比べても、NifMoの13GBプランは120円しか違わないためコストパフォーマンスは非常に高いです。

容量が多めのプランで月額料金の安さを重視する人に、NifMoの7GBと13GBは最適ですね。


使い過ぎによる速度制限の基準値も引き上げ・緩和

格安SIMの大容量プランで注意しないといけないのが、使い過ぎによる速度制限です。

格安SIMの中には、3日間で一定以上の通信をした場合、ひと月に使える高速通信容量が残っていても最大200kbpsの低速に制限される、いわゆる3日制限が設定されているものもあります。

制限される通信量の基準値が低いと、せっかく大容量プランを契約しても短期間で大量に通信するとすぐに低速に制限されてしまいます。

NifMoも以前は3日制限がありましたが、2016年9月12日より1日制限に緩和されて使い勝手が大幅に向上しました。このメリットについてはこちらにまとめています。
NifMoの速度制限が3日間制限から当日限定規制に緩和。メリットまとめ。

NifMoの新しい7GBプランと13GBプランについても、3日ではなく1日単位での制限なので条件は厳しくありません。また、5GBと10GBプランに比べて制限される通信量の上限もさらに緩和されました。

5GB:1,100MB/日⇒7GB:1,500MB/日

10GB:2,200MB/日⇒13GB:2,800MB/日

7GBプランの場合は1日に1,500MB(1.5GB)以上、10GBプランの場合は1日に2,800MB(2.8GB)以上通信しなければ、低速に制限されることはありません。

1日でそれぞれのプランの4分の1もの通信をするのはまれだと思うので、NifMoの新プランで短期間の使い過ぎによる制限にかかる可能性はかなり低いと思っておいていいでしょう。


現在5GB、10GBを契約している場合は2/1より手続き不要で自動的に増量される

現在、すでにNifMoの5GBプランや10GBプランを契約している人もいると思います。

すでにこれらのプランを契約している場合は、2017年2月1日になると自動的に5GBプランは7GBプランに、10GBプランは13GBプランに変更されます。

そのため、契約者が特別な手続きをする必要はありません。


さらに増量されるキャンペーンを開催

NifMoでは、7GBプランもしくは13GBプランを利用することでさらに1GB増量される「NifMo データ通信プラン改定記念 さらに『増量』キャンペーン」を開催します。

キャンペーンの内容は、2017年3月1日(水)時点で7GBプランまたは13GBプランを契約していれば、3月と4月の2ヶ月間、2017年4月1日(土)時点で7GBプランまたは13GBプランを契約していれば、4月と5月の2ヶ月間、1GBが増量されます。

詳細は2017年2月1日に公開されるとのことですが、どちらにしろたくさん通信したい人にとってはメリットの多いキャンペーンになりそうですね。


気になるのは通信速度

プランの容量が増量されることで気になるのは通信速度です。

現在すでに5GBプランと10GBを契約しているユーザーは、2月1日から自動でひと月に使える高速通信容量が増えるためこれまでよりもよりたくさんインターネットを利用するようになります。

また、NifMoの実質の値下げでこれからNifMoを契約する人も増えるでしょう。

これにより、以前に比べてNifMoユーザー全体の通信量が増えて回線が混雑するようになり、それが通信速度の低下につながります。

最近のNifMoは積極的に回線増強を実施しており、また公式Twitterアカウントでも現状の把握や回線増強の報告などもしてくれているのを見ると速度にこだわった運営を実施しているのが分かります。


今後、新プランの影響で速度が落ちてきても、スピーディな回線増強に期待したいところです。


まとめ

現時点では昼間以外は通信速度が安定していて快適に利用できるNifMoで、低料金でこれまでよりもたくさん通信できるのは大きなメリットです。

今後、通信速度が落ちる可能性があるのは気になりますが、NifMoの速度に対する意識は高いのでこのまま快適に通信できる状態の維持に期待したいですね。

公式サイト(SIM単体)
NifMo

公式サイト(スマホセット)
NifMo

特徴やレビューなど
NifMo ニフモの速度レビューと評価・メリット・デメリットまとめ【11月】

キャンペーン情報
NifMo(ニフモ)のキャンペーン詳細と注意点まとめ【11月】


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る