Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




Google Pixel 2/Pixel 2 XLのスペック徹底比較と日本発売日、価格総まとめ

Posted on 10月 6, 2017


このページでは、正式発表前にリークされたPixel2とPixel2 XLに関する情報をまとめています。

あらためて振り返ってみると、リーク情報だけでPixel2とPixel2 XLの全容がほぼ解明されていることが分かります。


Pixel2のスペックに関するリーク情報

Android Authorityが、Pixel2のスペックに関するリーク情報を独占入手し、その詳細を公開しました。

Android Authorityが伝える、Pixel2のスペックは以下の通りです。

OS:Android Oreo
ディスプレイ:フルHD Gorilla Glass 5
SoC:Qualcomm Snapdragon 835
RAM:不明
ROM:64GB/128GB
カメラ:OIS
バッテリー:2700mAh
防水防塵:IP67
SIM:E-SIM
オーディオ:デュアルステレオフロントスピーカー、3.5mmイヤホンジャック非搭載
その他:Active Edge



Pixel2 XLのスペックに関するリーク情報

Android Authorityは、Pixel2と同時にPixel2 XLのスペックに関するリーク情報も公開しています。

Android Authorityによる、Pixel2 XLのスペックは以下の通りです。

OS:Android Oreo
ディスプレイ:QHD 曲面 Gorilla Glass 5
SoC:Qualcomm Snapdragon 835
RAM:不明
ROM:64GB/128GB
カメラ:OIS
バッテリー:3520mAh
防水防塵:IP67
SIM:E-SIM
オーディオ:デュアルステレオフロントスピーカー、3.5mmイヤホンジャック非搭載
その他:Active Edge



Pixel2(walleye)の外観イメージに関する情報

これまで、Nexusシリーズをはじめ多くの未発表端末のレンダリング画像をリークしてきた有名なリーカー、@evleaksことEvan Blass氏がPixel2(walleye)の画像をリークしました。

その画像がこちら。
pixel-2-walleye-leak-by-evleaks

LGが開発している可能性が高いPixel2 XL(taimen)は、Galaxy S8のようにベゼルが狭く先進的なデザインなのに対し、HTCが開発しているPixel2は初代Pixelに似てベゼルはしっかりとあるのが分かります。

また、この画像を見る限りではPixel2は最近流行りのデュアルカメラを搭載していません。

2017/8/9追記
GSM Arenaにより、Pixel2の実機画像が流出しました。画像は以下の2枚。
pixel-2-walleye-leak-by-gsmarena1

pixel-2-walleye-leak-by-gsmarena2

@evleaksがリークしたレンダリング画像とほぼ同じなので、Pixel(walleye)のデザインはこれで確定だと思われます。

2017/9/21追記
Droid LifeがPixel2のリークされたレンダリング画像を公開しました。

カラーはKinda BlueとJust Black、Clearly Whiteの3色とのこと。

公開されたレンダリング画像は以下の通りです。

Kinda Blue
pixel2-kinda-blue

Just Black
pixel2-just-black

Clearly White
pixel2-clearly-white

2017/10/3追記
@evleaksがさらに公式と思われるレンダリング画像をリークしました。その画像がこちら。

pixel2-pixel2xl-leak-rendering

上がPixel2 XLで下がPixel2です。Pixel2 XLはベゼルが狭くていいですね。


Pixel2 XL(taimen)の外観イメージに関する情報

Android Policeは、非常に信頼できるとする人物から得た情報を元に、Pixel2 XL(taimen)の外観イメージを作成しています。

その画像がこちら。
pixel-xl2-taimen

情報の信頼度は10段階中の8なのでかなり高いです。実際に発売されるPixel2 XLは細かい部分で異なる点はあるかもしれませんが、Android Policeによると大枠ではこのデザインで確信しているとのこと。

デザインを見てみると、まず気づくのがベゼルの狭さです。左右はもちろん、上下もかなり狭くなっているのが分かります。Galaxy S8っぽくも見えますね。

ディスプレイサイズは6インチとのことですが、これだけベゼルが狭ければ実際の大きさは小さく片手持ちもできそうです。

なお、ディスプレイは有機ELで指紋認証センサは背面に搭載されています。

Android Policeによれば、Pixel2 XLにはHTC U11に搭載されている端末の側面を握ることで様々な機能やアプリを起動できるEdge Senseのような機能が採用されるとのこと。

LGが開発していて、Galaxy S8のような外観でHTC U11のような機能を持つPixel2 XL。Pixel2は初代とあまり変わらずインパクトが弱いですが、Pxiel XL2はかなり魅力的ですね。

2017/7/13追記
Android PoliceがPixel2 XLのイメージ 別カラー版を公開しました。より詳細が分かりやすくなっています。

pixel-xl2-taimen-image1

pixel-xl2-taimen-image2

2017/9/21追記
Droid LifeがPixel2 XLのリークされたレンダリング画像を公開しました。

カラーはBlack&WhiteとJust Blackの2色とのこと。

公開されたレンダリング画像は以下の通りです。

Black&White
pixel2-xl-white

Just Black
pixel2-xl-black

個人的にはWhite&Blackが目を引きます。電源ボタンがオレンジになっていますが、この通りならオレンジのワンポイントが効いていていいですね。

2017/10/3追記
@evleaksがさらに公式と思われるレンダリング画像をリークしました。その画像がこちら。

pixel2-xl-in-case
pixel2-xl-without-case

上がケース付きの画像で下がケースなしの画像です。ここまで詳細な画像なら、公式のもので間違いないでしょう。


Google Pixel2/Pixel2 XL/Pixel2Bの発表日・発売日に関する情報

@evleaksことEvan Blass氏によると、Pixel2は米国時間の10月5日に発表されるとTwitterに投稿しています。

また、Pixel2のSoC(CPU)はSnapdragon 835か836のどちらかになりますが、同氏はSnapdragon 836を搭載するとしています。
pixel2-release-date-evleaks-twitter

2017/9/15追記
Googleが、ボストンに街頭広告を設置しました。その広告には「Oct.4(10月4日)」と記載されていることから、Pixel2とPixel2 XLは10月4日に発表されるようですね。
pixel-2-ad

2017/10/3追記
Venture Beatは、Google製品のリリース計画に詳しい人物から得た情報としてPixel2が10月19日に、Pixel2 XLが11月15日に発売されると報じました

Pixel2を購入するか、Pixel2 XLの発売を待つか悩ましいですね。


Google Pixel2/Pixel2 XL/Pixel2Bの価格に関する情報

9to5Googleによると、Pixel2は現行のPixelシリーズよりも少なくとも50ドルは上乗せされるとのことです。

最新のSoCであるSnapdragon 835を搭載するなどスペックにこだわる分、価格もそれなりに高くなるのは仕方ないでしょう。

Pixel2Bに関しては、もし発売されることになれば価格はかなり抑えられるとのことです。

2017/9/21追記
Droid LifeがPixel2のカラーバリエーションとストレージ(ROM)構成、価格について詳細なリーク情報を伝えました

カラー:Kinda Blue/Just Black/Clearly White
ROM 64GB:649ドル
ROM 128GB:749ドル



また、Pixel2 XLのカラーバリエーションとストレージ(ROM)構成、価格についてのリーク情報も公開しています。


カラー:Black&White/Just Black
ROM 64GB:849ドル
ROM 128GB:949ドル


リーク情報が正しければ、Pixel2 XLがPixel2よりも200ドル高くなることになります。



以下は、上記以外のこれまでのPixel2とPixel2 XLに関するリーク情報です。


Google Pixel2/Pixel2 XL/Pixel2Bに関するこれまでの情報

まずは、Pixel2のスペックや機能に関する噂やリーク情報をまとめます。


Pixel2は2017年中にリリースされる

Googleのハードウェア部門の上級副社長でPixelの生みの親あるRick Osterloh氏は、MWC 2017の会場で行われたAndroidPITのインタビューにてPixel2を2017年中にリリースすると述べました。

また、Pixel2は廉価版は存在せず、初代Pixelと同じく高価格な端末になるとのことです。Pixel2のスペックや発売時期に関しては語られませんでした。

同氏の発言をそのまま受け取ると、Pixel2Bが発売される可能性は低そうですね。


Pixel2は大小2モデル存在し、コードネームはwalleyeとmuskie?

Android Policeは、信頼できる人物からの情報としてPixel2のコードネームが「walleye」と「muskie」であると報じました

情報の信憑性は10段階中9と評価しているので、コードネームはこの2つの可能性がかなり高そうです。

またAndroid Policeは、コードネームが2つある通りGoogleは初代Pixelに続いてPixel2もサイズの大きいモデルと小さいモデルを用意しているはずだと述べていて、walleyeは小さいモデルでmuskieが大きいモデルのことを指しているのだろうとのこと。

Googleは、NexusブランドとPixelブランドの端末のコードネームに全て魚類の名前を採用しています。

walleyeは、スズキ目スズキ亜目ペルカ科ザンダー属の大型淡水魚で、muskieはカワカマス目(パイク目)カワカマス科に属する大型淡水魚なので、これまでのコードネーム命名のルールにも沿っていますね。


Pixel2にはwalleyeとmuskieの他に「taimen」も存在?【Geekbenchにも登場】

Pixel2にはwalleyeとmuskieの2モデルが存在するのはほぼ間違いありませんが、2017年3月頃からコードネーム「taimen」というモデルもあるという情報が出てきました。

taimenについて最初に報じたのはDroid Lifeで、複数の関係者からtaimenについての情報を得たとのことです。

関係者によると、taimenはwalleyeとmuskieよりも大画面とのこと。ちなみに、taimenは日本名では「アムールイトウ」と呼ばれるサケ科イトウ属の淡水魚で、体長2メートル、体重は90kgに達するものもある巨大な魚なので、Googleのtaimenが大画面であれば納得ですね。

Droid Lifeは、walleyeとmuskieはPixelとPixel XLの後継機でtaimenはPixelとは別のモデルなのでは?とも予想しています。

さらに、taimenはベンチマークサイト「Geekbench」に登場しました。
taimen-geekbench
Geekbenchに記載されているスペック情報では、taimenはOSにAndroid Oを採用しRAMは4GB、CPU(SoC)はQualcommの8コア 1.9GHzを搭載しています。ベンチマークスコアから見ても、これはSnapdragon 835で間違いないと思われます。

別の機種でもbuild.propをいじればtaimenとして捏造できるためこのベンチマーク結果が本物かどうか分かりませんが、もし本物なら申し分ないスペックですね。

2017/7/22追記
Pixel ta2とPixel XL 2はSnapdragon 836を搭載するという情報も登場しました。

Snapdragon 836は、チップがさらに小型化されカメラがよりきれいに撮影できるとのこと。また、CPU・GPUともに最大クロック数が上がるためより高速に動作するそうです。



Pixel2(walleye)はHTCが、Pixel2 XL(taimen)はLGが開発担当?muskieはキャンセルされた模様

台湾のdigitimesによると、Pixel2(walleye)はHTCが製造を担当するとのこと。

また9to5googleによると、Pixel2 XL(taimen)はLGが開発を担当していると指摘しています。

その内容は、AndroidのバグトラッカーにLGの関係者が開発中の端末に不具合が起きたことを報告し、それに対してGoogleはこの報告を以下の場所で報告しなおすように指示しています。

Android > Partner > External > LGE > Taimen > power

上記の通り、その中にはLGEとTaimenの文字があります。この点から、Pixel2 XL(taimen)はLGが開発を担当している可能性が極めて高いと思われます。

なお、当初は存在したPixel2 XL候補のmuskieは開発がキャンセルされた模様です。


Pixel2 walleye(NM8G011A)がFCC通過。一部スペックも判明

Pixel2(walleye)と思われる端末「NM8G011A(G011A)」がFCCを通過しました。これにより、一部スペックが判明しました。

まず、NM8G011AをFCCに提出したのがHTCであることから、Pixel2の開発担当はHTCで間違いなさそうです。
pixel-2-walleye-fcc

Android OSのバージョンはAndroid 8.0.1です。また、ベースバンドバージョンに「8998」と記載されているので、SoC(CPU)にはSnapdragon 835または836が搭載されているようです。
pixel-2-walleye-fcc4

ストレージ(ROM)は21%使用済みで50GBほど空きがあるので、64GBモデルのようですね。
pixel-2-walleye-fcc3

さらに、言語などの設定の部分に「Active Edge」と表示されているのも確認できます。
pixel-2-walleye-fcc2

「Squeeze(握る)」という単語があることから、Active EdgeはHTC U11で採用された端末の端を握ることで様々な機能を起動できる「Edge Sense」と同じ使い方の可能性が高そうです。

また、Active EdgeをオンにしてPixel2を握ることで、少なくともGoogle Assistantを起動できるのは確定です。

Android Policeは、Pixel2 XL(taimen)にEdge Senseと同じ機能が搭載されると報じていましたが、どうやらPixel2(walleye)にのみ採用されそうですね。


Pixel2 XL taimen(G011C)がFCC通過

Pixel2 XL taimenが2017年9月13日にFCCを通過しました。

FCC ID「ZNFG011C」の「ZNF」はLGのFCC認定コードのため、Pixel2 XLはLG製となります。


Pixel2 XLがGFX Benchに登場

Google Pixel2 XLがベンチマークサイト「GFX Bench」に登場しました。
pixel-xl2-gfx-bench

前述の通り、ベンチマーク結果は少しいじればPixel2 XLに偽装することもできるので、これが本物かは現時点では分かりません。

ですがこれがもし本物なら、ディスプレイサイズは5.6インチでSnapdragon 835を搭載、RAMは4GBでROMは128GBです。

現時点でPixelの2017年モデルはwalleyeとmuskie、taimenの3モデルの存在が確認されていますが、ベンチマーク結果ではディスプレイサイズが5.6インチなので2番目に大きいmuskieの可能性が高いですね。

なお、ベンチマーク結果ではディスプレイの解像度が2560×1312という中途半端な数値になっていますが、これはソフトキーが配置されているナビゲーションバー部分が含まれていないためと思われます。

ナビゲーションバーを含めると、2560×1440のWQHDになりそうな気がしますがどうでしょうか。また、そうなるとディスプレイサイズも5.6インチではなく実際は5.7インチはあるかもしれません。


3.5mmイヤホンジャックが廃止される?

9to5GoogleのStephen Hall氏が目にしたPixel2に関するGoogle内部資料とされるドキュメントによると、Pixel2では3.5mmイヤホンジャックが廃止されるとのことです。

ただ、同氏によると情報源は1人のみで複数人ではないため、情報の信頼度としては10段階中6としています。

iPhone 7と7 Plusでは3.5mmイヤホンジャックが廃止されていてユーザーの評価は賛否両論ですが、Pixel2でも廃止されるのでしょうか。

個人的には、スマホの3.5mmジャックにヘッドフォンを挿すことがあるので今後も採用してほしいですね。


防水性能ありになる可能性が高い

9to5Googleは信頼できるリーク元の人物から、Pixel2は間違いなく防水仕様になるとの情報を得たとのことです。

初代のPixelとPixel XLは防滴には対応しているものの防水は非対応なので、この情報が本当なら防水機能が欲しい人にとっては朗報ですね。

また、PixelとPixel XLは防塵にも対応しているため、Pixel2も防塵に対応する可能性はかなり高そうです。


カメラは低照度に強い。画素数は下がるが他の機能で補うことで画質は高い

Pixel2は、PixelやPixel XLと同様カメラ性能が強化されるとのことです。

Pixel2のカメラは、低照度の(光量が少ない)環境でもきれいな写真が撮影できるそうです。また、画素数は高くはないものの画素以外の機能で補うため画質は高いとのこと。

なお、Pixelはカメラの性能をレビューするDxOMarkのスコアは89点で、iPhone 7を上回る高評価を得ています。
pixel-dxomark

Pixel2のカメラにも期待できそうですね。



Pixel2のカメラにはソフトウェアでのポートレートモードに対応

実際にVerizonのPixel2を触ったとする人物から得た情報としてAndroid PoliceのArtem Russakovskii氏が投稿した内容によると、Pixel2のカメラには背景をぼかして被写体をより際立たせるポートレートモードに対応するとのこと。

一般的に、ポートレートモードはデュアルレンズカメラを活用する機能ですが、Pixel2の背面のカメラレンズは1つしかありません。同氏によると、Pixel2ではソフトウェアでポートレートモードを実現するそうです。

Googleカメラではすでにポートレートモードで撮影ができますが、Googleカメラ以外でポートレートモードを実現するのでしょうか。

詳細は正式発表待ちですね。


Pixel2のホーム(Pixel Launcher)は検索ボックスが一番下に移動

Android PoliceのArtem Russakovskii氏の投稿によると、Pixel2のホーム(Pixel Launcher)は検索ボックスが一番下に移動するとのことです。

9to5Googleが、今年のGoogle I/Oで検索ボックスが下にあるPixel Launcherを操作する様子をYouTubeで公開しています。
pixel-launcher-google-searchbar-bottom

Google検索はしやすくなりそうですが、検索ボックスを使わないユーザーにとっては邪魔になりそうです。設定でオンオフの切り替え対応に期待したいところです。


ロック画面に現在流れている音楽のアーティスト名や曲名を表示する機能が追加

Android PoliceのArtem Russakovskii氏の投稿によると、Pixel2では現在流れている音楽のアーティスト名や曲名をロック画面に表示する機能が追加されているとのこと。

現時点では、Google Play Musicのウィジェットで流れている音楽のアーティスト名や曲名を調べることができますが、ロック画面に表示されればより手軽に調べることができるようになります。

この機能は、音楽好きには便利で良さそうです。


Pixel2のディスプレイは2.5Dの曲面ではなくフラットの模様

Android PoliceのArtem Russakovskii氏の投稿によると、Pixel2のディスプレイは最近のスマホでよく採用されている端が曲面加工される2.5Dではなくフラットとのことです。

2.5Dの場合、フィルムがディスプレイの端までぴったり貼れないのが個人的に大きなデメリットです。

また、2.5Dディスプレイのスマホのガラスフィルムはディスプレイの湾曲が始まる直前まで貼れるように設計されていますが、中には設計ミスで湾曲後部分までカバーしてしまう場合がありガラスフィルムの端が浮いてしまうものもよくあります。
oneplus5-case-film18

Pixel2のディスプレイがフラットなら、画面の端に神経を使う必要がないので個人的には大歓迎です。


SoC(CPU)はSnapdragon 83x系統だけでなくIntelやMediaTek製のものも試されている模様

9to5Googleは、SoC(CPU)に関しても興味深い情報を報じています。

これまでのNexusシリーズやPixelシリーズのほとんどに採用されているQualcommのSnapdragon以外にも、IntelとMediaTekのSoCを採用した試作機を用意してテストしているとのことです。

ただし、MediaTek製のSoCは採用されることはないだろうとも伝えています。

Snapdragonに関しては、最新の835でテストされている可能性が高そうですね。
snapdragon835
なお、Googleは自社独自のSoCを開発している噂もありますが、この独自SoCがPixel2の試作機に搭載されているかは現時点では分からないとのことです。


新興市場向けにスペックと価格を落としたモデル(Pixel2B)も開発中?

9to5Googleは、同じ人物からの情報としてスペックと価格を落としたモデル「Pixel2B」を開発していると伝えています。

Pixel2BはPixle 2と同時か少し遅れて発売されるようで、Google体験とGoogleのスマホを新興市場にも広げていくための端末とのことです。

Intel製のSoCを採用した端末はPixel2Bとして発売されるのでしょうか。


Google Pixel2/Pixel2 XL/Pixel2Bまとめ

Pixel2とPixel2 XLは、初代のPixelとPixel XLのようにサイズが違うだけで見た目・デザインは同じにはなりません。

Pixel2がPixelに似た外観なのに対し、Pixel2 XLにはGalaxy S8シリーズのように今後主流になってきそうなベゼルレスの縦長デザインが採用されています。

Pixel2とPixel2 XLのスペックはバッテリー容量を除けばほぼ同じですが、個人的にはどちらを買うかと言われれば未来的なPixel2 XLを買います。

Pixel2Bに関しては全く追加の情報が出てきていないため、このモデル自体が存在しないか存在したとしても発表されるのはまだ後になるでしょう。

Pixel2シリーズの正式発表は10月4日(日本時間では10月5日になると思います)ともう少しなので、楽しみに待ちたいと思います。

スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (2) Trackbacks (0)
  1. こんなにも詳しく、ありがとうございます!
    日本での発売がされないのがとても残念で、
    輸入サイトからの購入も考えていたので、ドコモとの相性が悪いことを事前に知れてよかったです :)

    • みんとさん

      お役に立ててよかったです!
      日本でもPixel 2シリーズ出してほしいですね。。。


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る