Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




Alcatel SHINE LITEのスペックレビューと特徴、価格、発売日まとめ。

Posted on 10月 13, 2016

shine-lite1 このページでは、Alcatel SHINE LITEのスペックと特徴をレビューし、価格や日本発売日をまとめています。

スポンサーリンク



Alcatel SHINE LITE(シャインライト)のスペック

SHINE LITEのスペックは以下のとおりです。
 Alcatel SHINE LITEのスペック
OSAndroid 6.0 Marshmallow
ディスプレイ5インチ
1280x720
HD
CPUMediaTek
MT6737 4コア 1.3GHz
RAM2GB
ストレージ16GB
microSD最大128GB
背面カメラ1300万画素
デュアルトーンLEDフラッシュ
前面カメラ500万画素
LEDフラッシュ
バッテリー2460mAh
対応周波数
(バンド)

LTE(FDD-LTE)
1(2100MHz)
3(1800MHz)
7(2600MHz)
18(800MHz)
19(800MHz)
26(850MHz)

3G(W-CDMA)
1(2100MHz)
5(850MHz)
6(800MHz)
8(900MHz)
19(800MHz)

GSM
850MHz
900MHz
1800MHz
1900MHz
ドコモプラチナバンド
(Band19)
FOMAプラスエリア
(Band6/19)
auプラチナバンド
(Band18/26)
au 3G
(CDMA2000)
×
ソフトバンクプラチナバンド
(Band8/28)
×
SIMサイズSIM1:nanoSIM
SIM2:nanoSIM(※microSDスロットも兼ねる)
3G+4Gの
デュアルスタンバイ
×
技適
サイズ高さ:141.5
幅:71.2
厚さ:7.45mm
重さ156グラム
NFC×
GPSA-GPS
加速度センサ
ジャイロスコープ×
近接センサ
環境光センサ
指紋認証センサ×
コンパス×
その他センサ
ポートmicroUSB
カラーピュアホワイト
サテンゴールド
プライムブラック
価格21,800円
公式サイトAlcatel mobile | Japan - SHINE LITE - Smartphones



SHINE LITEの特徴・メリット

SHINE LITEの特徴やメリットは以下のとおり。


価格が安い

SHINE LITEの最大のメリットは価格の安さです。

SHINE LITEの日本価格は21,800円で、SIMフリースマホの中でも安い部類に入ります。

ですが、SHINE LITEは安かろう悪かろうといった類の端末ではないのがポイントです。


両面ガラス・金属フレームで質感が高い

SHINE LITEは、両面ガラスと金属フレームを採用しています。

ガラス+金属フレームは、ZenFone3をはじめ最近発売されているSIMフリースマホでも採用されている組み合わせですが、SHINE LITEは21,800円という安さで高い質感に仕上げています。
shine-lite4

指紋認証センサを搭載

SHINE LITEは、背面に指紋認証センサを搭載しています。
shine-lite2
指紋認証センサは、個人的には一度使うとこれなしでは不便で仕方なくなってしまうほど便利で外せない機能です。

ただ、指紋認証には注意すべき点があります。それは指紋認証の精度と指紋認証完了までの時間です。

端末によっては、4~5回に1回は認証に失敗するような精度の低いものや、指紋認証が完了してロックが解除されるまでに若干時間がかかるものもあります。

そしてこのような症状は、価格の安い端末でよく見られます。SHINE LITEも2万円台前半という安さで指紋認証センサまで搭載されているのは嬉しいですが、精度の高さと認証速度がどの程度か気になるところです。

SHINE LITEで指紋認証を使う予定の場合は、実際に試した人の報告が上がってくるまで待った方がいいでしょう。


前面カメラにもLEDフラッシュを搭載

SHINE LITEは背面にデュアルLEDフラッシュがありますが、前面にもシングルLEDフラッシュが搭載されています。
shine-lite3
SHINE LITEの前面カメラの画素数は500万画素で、自撮りもそこそこきれいに撮れると思われます。これにフラッシュまでついてくれば、フラッシュ無しでは諦めるしかなかった真っ暗な場所や逆光の場面でもフラッシュを使って撮影できます。


ドコモのFOMAプラスエリア(Band6/16)やLTEプラチナバンド(Band19)に完全対応

SHINE LITEは、日本の通信事業者が使用する周波数帯(バンド)に最適化されています。

ドコモやドコモ回線を使った格安SIMを使う場合、広いエリアで使うために重要な周波数は800MHz帯です。

ドコモの800MHz帯は、主に通話に使う3GのBand6とBand19(FOMAプラスエリア)通信やVoLTEによる通話に使うLTEのBand19(LTEプラチナバンド)です。
黄色い部分がFOMAプラスエリア

黄色い部分がFOMAプラスエリア



SHINE LITEは3GのBand6とBand19、LTEのBand19のすべてに対応しているため、ドコモ回線を使ったSIMならドコモで販売されている端末とほぼ変わらないエリアで通話や通信が可能です。


au VoLTEにも対応。au回線で通話・通信できる

SHINE LITEで使えるSIMは、ドコモ回線だけではなくau回線でも利用できます。

ただしau回線のSIMで使うには条件があり、VoLTE SIMである必要があります。
auvolte
auの通話で利用する3Gの通信規格はCDMA2000で、SHINE LITEはCDMA2000には対応していません。

ですが、SHINE LITEは通話に3G回線ではなくLTE回線を利用するau VoLTEには対応していて、VoLTE SIM+SHINE LITEの組み合わせならau回線でも通話も通信も可能になります。

また、SHINE LITEはauのVoLTE SIMを使って広いエリアで通話や通信するのに重要な周波数帯である800MHz帯(Band18)のプラチナバンドにも対応しているので、エリアの心配も不要でau回線でも快適に通話・通信ができます。


SHINE LITEの注意点・デメリット

次に、SHINE LITEの注意点やデメリットについてまとめます。

ソフトバンクのSIMと相性が良くない

SHINE LIETは、ドコモ回線とau回線のSIMとの相性がよく、広いエリアで通話や通信できるのは先ほど触れたとおりです。

ですが、ソフトバンクのSIMとは相性がよくありません。ソフトバンクのSIMを挿して広いエリアでLTE通信するには、プラチナバンドのband8(900MHz)に対応している必要がありますが、SHINE LITEはBand8には対応していません。

3Gに関しては、ソフトバンクの主要なバンドであるBand1とBand8に対応しているため、広いエリアで通話は可能です。


デュアルSIMだが4G+3Gのデュアルスタンバイ(DSDS)ではない

SHINE LITEは、SIMを2枚挿して使えるデュアルSIM仕様です。

ですが、最近増えている4Gと3Gの同時待ち受け(デュアルスタンバイ)には対応していません。

SHINE LITEは、片方のSIMが4Gか3Gの場合もう片方は2GのSIMしか使えなくなりますが、日本国内では2Gはすでに使われていないため、片方のSIMしか使えないということになります。

4Gと3Gのデュアルスタンバイに対応したスマホを検討している場合は、こちらをご覧ください。
デュアルSIMデュアルスタンバイ(同時待ち受け)SIMフリースマホまとめ


ジャイロセンサ・コンパスとも非搭載。ポケモンGOはフルで楽しめない

SHINE LITEはセンサ関連が弱いのもデメリットとして挙げられます。

特に、ジャイロセンサとコンパスが非搭載なので、ポケモンGOをフルで楽しむことができません。

ジャイロセンサがない場合、AR(拡張現実)でポケモンをゲットすることができないためARモードをオフにして遊ぶ必要があります。ARモードを強制的にオンにしても、このようにポケモン自体が見えなくなるため捕まえることができません。
pokemon-go-gyro3

コンパスがある場合は、右の画像のようにコンパスのアイコンが正しい方向を向いてアバターも正確な方向を向きます。対して、コンパスが無いSHINE LITEの場合はコンパスのアイコンは常に北向きでアバターもあちこち向くので方向感覚がつかめない点には注意しましょう。
moto-g4-plus-pokemongo11


CPUのスペックは高くはないと思われる

SHINE LITEのCPU(プロセッサ)は、MT6737を搭載しています。

MT6737のベンチマークスコアは現時点では見当たらないため実機での測定待ちですが、MT6737はエントリーモデル~ミッドレンジ向けのためスペックはそこまで高くないと思われます。

MediaTekのプロセッサは基本的に3Dグラフィックス性能が高くないので、3Dを多用するゲームは厳しいと思っておいた方がいいです。


SHINE LITEの価格

21,800円


SHINE LITEの日本発売日

2016年12月


まとめ。SHINE LITEは最低限のスペックを持つコストパフォーマンスの高い端末

SHINE LITEは、価格は格安の21,800円ながら背面に強化ガラスを採用し、フレームは金属と最近のスマホのトレンドをしっかりと抑えたデザインとなっています。

さらに、指紋認証センサや前面にもLEDフラッシュを搭載し、ネットワークはドコモとau VoLTE SIMに完全対応と他社のスマホにはあまりない機能・特徴を持っています。

特に、au SIMやau系格安SIMが使える安いSIMフリースマホはこれまで日本にはなかったので、au回線を使う人にとっては選択肢の幅が広がりました。

SHINE LITEは、安くてそこそこ使える端末がほしい、3Dゲームなど高負荷な使い方はしないといった人におすすめです。

また、ポケモンGOをプレイする端末としては適していない点に注意しましょう。

Alcatel SHINE LITEのスペックレビューと特徴、価格、発売日のまとめは以上です。

スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (1) Trackbacks (0)
  1. 「コンパスが無いSHINE LITEの場合はコンパスのアイコンは常に北向きでアバターもあちこち向くので方向感覚がつかめない」と書いてあるけれど、
    メーカー公式サイトに
    「その他機能 指紋認証/ Light センサー/加速度センサー/ 近接センサー/コンパス/トーチライト/FMラジオ」とあって、コンパス対応しているはずでは?


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る