Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




AOKP Build30をGalaxy Nexus(SC-04D)に導入。変更と追加点まとめ。

Posted on 4月 7, 2012


AOKP(Android Open Kang Project) Build30がリリースされたので、変更点をまとめました。

スポンサーリンク



2012/2/6 カスタムROM一覧ページを公開しました。
Galaxy Nexus(SC-04D)のカスタムROM一覧。で、他のカスタムROMを確認することができるので、こちらもご覧下さい。


root化・カスタムrom・カスタムカーネル・各種Mod等の導入によって、キャリアとメーカーの補償は一切きかなくなります。

また、作業中にデータが消えたり、Galaxy Nexus(SC-04D)が起動しなくなってしまったとしても、当方では一切責任は負えません。

全て自己責任で作業を行ってください。


1.こちらからAOKP Build30とこちらからGoogle Apps(2012/4/7現在:gapps-ics-20120317-signed.zip)をダウンロード後、Galaxy Nexus(SC-04D)の/sdcard/にコピーしておく。
※1 AOKP Build30の時点ではAOKP本体とGoogle Appsもインストールする必要があります。Google AppsがないとGoogleに関するアプリ等は一切使えません。
※ダウンロードするのはdeviceが「maguro」の並びにあるファイルです。


2.ClockWorkModリカバリを起動し、Galaxy Nexus(SC-04D)の現在の状態をそのまままるごとバックアップしておく。手順はGalaxy Nexus(SC-04D)をCWM(ClockWorkMod) Recoveryで起動してROM全体をバックアップする方法。を参考にして行ってください。

アプリの復元は、Titanium Backupを使ってデータごと復元させます。復元方法はTitanium Backupの使い方2:CWM(ClockWorkMod)のバックアップファイル(Nandroid Backup)からアプリを復元する。を参考にしてください。

3.ROM導入後の環境再構築を効率良くするために、Myupdate.zipをここ(Myupdate-v1.3.zip)からダウンロードしてGalaxy Nexus(SC-04D)の/sdcard/にコピーしておきます。
Myupdate-v1.3.zipについては、Myupdate-v1.3.zip。日本語太字フォントと欧文フォント、local.propを追加。を確認してください。

4.準備しておくこと2のバックアップが終わったら、コンピュータ⇒Galaxy Nexus⇒内部ストレージの中にある全てのファイルやフォルダをPCにコピーしておく。もしもGalaxy Nexus(SC-04D)の内部ストレージのデータが全部消えてしまったときのためのバックアップが目的です。

5.Super Wipe Liteを使って、Galaxy Nexus(SC-04D)を初期化しておく。Super Wipe Liteの使い方はGalaxy Nexus(SC-04D)にカスタムROMのAndroid Revolution HDを導入する方法・手順。の4~9を参考にしてください。

6.CWM(ClockWorkMod)リカバリを起動して、「wipe cache partition」を実行しておく。CWMの起動方法は、Galaxy Nexus(SC-04D)をCWM(ClockWorkMod) Recoveryで起動してROM全体をバックアップする方法。を参考にしてください。

7.CWM(ClockWorkMod)リカバリの「advanced」から、「Wipe Dalvik Cache」と「Wipe Battery Stats」をそれぞれ実行しておく。

1)CWM(ClockWorkMod)リカバリを起動して、「install zip from sdcard」を選ぶ。

2)「choose zip from sdcard」を選ぶ。

3)「aokp_maguro_build-30.zip」を選ぶ。

4)「Yes - Install aokp_maguro_build-30.zip」を選ぶ。

5)「Install from sdcard complete.」と表示されれば、AOKP Build30のインストールは完了です。

6)次にGoogle Appsをインストールします。再度「choose zip from sdcard」を選ぶ。

7)「gapps-ics-20120317-signed.zip」を選ぶ。

8)「Yes - Install gapps-ics-20120317-signed.zip」を選ぶ。

9)「Install from sdcard complete.」と表示されれば、Google Appsのインストールは完了です。

10)「+++++Go Back+++++」を何度か繰り返して、「reboot system now」でGalaxy Nexus(SC-04D)を再起動させます。

11)するといつものAndroid(アンドロイド)初期設定の画面になるので、Googleアカウント等を設定すればOKです。


●ナビゲーションバーの機能が拡張
ナビゲーションバーにホームやバック、最近使ったアプリの履歴などの従来の機能の他に、インストールしているアプリまで配置できるようになりました。

「Navigation button quantity」で、ナビゲーションバーに置くキーの数を、その下の「NAVIGATION BAR BUTTONS」で置くキーを選びます。


「Navigation button quantity」をタップして、ナビゲーションバーに置くキーの数を設定します。


ナビゲーションバーに置くキーを1~5個から選べます。



「Button 1 action & icon」はナビゲーションバーに置くキーを、「Button 1 longpress action」はそのキーを長押しした時のアクションを選べます。


いろいろ選べますが、アプリを選べる点がうれしいですね。


「Button 1 longpress action」をタップしてみます。


こちらもアプリを選べます。



●カメラのシャッター音をオフにできる機能追加
設定⇒音からカメラのシャッター音のオンオフを切り替えられるようになりました。


Romanの「シャッター音をオフにするのは、場所によっては違法だよ!」とないう注意書きがあります。

日本以外でも、シャッター音をオフにするのはだめなんですね。

●アニメーション速度がアップ
画面遷移時のアニメーションスピードが上がったことで、体感のサクサク感が増しました。


AOKP Build30の変更点は以上です。

その他の変更点等はこちらを参考にしてください。

AOKP Build30の目玉は、ナビゲーションバーのカスタムの幅が大きく広がったことでしょう。

アプリまで置けるようになったことで、ナビゲーションバーの可能性が無限に広がります。

自分の使い方に合った、自分オリジナルのナビゲーションバーにすることができるので、よりGalaxy Nexus(SC-04D)を楽しむことができますね。
スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (25) Trackbacks (0)
  1. 30.5てのが出るようですね~。

  2. 30にしたらUSBストレージの認識しなくなり
    ドコモに戻したら認識しました。

    が、また30にしたら認識しませんでした。
    29にして試してみたいと思います。

    個人のpc環境によるものがあると思いますが・・・。

  3. Myupdate-v1.3.zipを入れたらTitaniumが開けないですね

  4. ひさびさの更新!
    心配してました(ノД`)

    さっそく30導入してみます♪

    • クリムゾンさん

      ご心配おかけしました!
      年度末と年度初めで多忙で、記事更新ができませんでした。。。
      少し落ち着いたので、これからはまた今まで通り更新していく予定です♪
      これからも遊びに来てください♪

  5. AOKP30を導入したらPC側がNexusを認識しなくなったのは
    私だけですかね?

    • 設定→ストレージでメニューボタンを押して「USBでパソコに接続」でつながりますよ。
      確かいくつか前のAOKPの更新でも、これが外れたことがありました。

    • おじさんーZさん

      設定⇒ストレージ⇒メニュー⇒USB1でパソコンに接続⇒メディアデバイス(MTP)にチェックを入れれば解決しませんか?

  6. おじさんーZさん

    設定でMTPにチェックを入れてたさ下さい。
    それでダメならカーネルを焼いて見て下さい。

    コレで直らない場合は、私には解決策がわかりません。

  7. 上の誤字だらけ・・・申し訳ないです。

  8. 上手く行きました!みなさんありがとうございます(*´∀`*)

  9. こんばんは、いつもお世話になっております。

    早速B30導入しました。myupdateですが当方ではTitanium問題なく動作していますよ。もちろんデフォルトでもプロでも大丈夫です

  10. takeさん>
    Myupdate-v1.3.zipを導入すると挙動が変わるというのなら
    zipファイルに入れているものが原因だと思いますがに何を入れてますか?

  11. なずさん>

    ダウンロードしたファイルをそのままSDの方へコピーしているのですが・・・

    AOKP29まではTitaniumは普通に開けたのですが・・・

    • takeさん
      開けないとはエラーが出てしまうということですか?
      Titanium自体を一旦アンインストールして再度入れ直してもダメでしょうか?

    • CWMのrestoreで作業前の環境に戻して、
      TitaniumBackupを4.9.0(現在は4.9.0.1がでてますが)に更新、
      Titaniumを開いてupdate.zipを作って新しい方を導入すれば大丈夫ですよ。

      旧titanium入りのMyUpdate.zipを導入してからだと、4.9.0のupdate.zipがなぜか導入できないので、
      MyUpdate.zipを導入して起動、Titaniumを手動でアンインストールし、
      再びCWMから4.9.0を導入すれば問題なく動きます。

      手っ取り早いのは、MyUpdate.zipの中のTitaniumをPCやスマホで最新のものと入れ替えることです。

      • RZさん

        フォローありがとうございます♪
        私の環境では普通にtitanium backupを使えていたので、全然気づきませんでした~
        Myupdate.zipの中のtitanium backupを最新のものに入れ替えてアップしますね!

  12. 日本語化のzipがうpされてますよ

  13. massaさん、RZさん>

    ありがとうございます

    一度、アンインストールして再度入れ直ししたら開けました。

    感謝感謝です^^

  14. アンインストールして再度入れなおしたら開けました

    ありがとうございます

    感謝感謝です


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る