Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




AOKP正式リリース版のAOKP JellyBean Build 2をGalaxy Nexus(SC-04D)に導入。

Posted on 9月 20, 2012


遅くなりましたが、正式リリース版のAOKP JB Build2がリリースされたので導入しました。

スポンサーリンク



root化・カスタムrom・カスタムカーネル・各種Mod等の導入によって、キャリアとメーカーの補償は一切きかなくなります。

また、作業中にデータが消えたり、Galaxy Nexus(SC-04D)が起動しなくなってしまったとしても、当方では一切責任は負えません。

全て自己責任で作業を行ってください。


ROM本体:androtransfer.com

Gapps:Goo.im
9/20現在、最新のJB用Gappsはgapps-jb-20120726-signed.zip。

CWM、TWRP、GooManager等からインストール。
CMWからのインストールは、AOKP Build32をGalaxy Nexus(SC-04D)に導入。変更と追加点まとめ。 を参考にしてください。

GooManagerからのインストールは、Galaxy Nexus(SC-04D)でカスタムROM・Google Appsなどの複数のzipファイルを一度にまとめてインストールする方法。を参考にしてください。

SPモードメールを自動受信するには2つのapkファイルが必要です。詳しくはAndroid 4.1(Jelly Bean)を導入したGalaxy Nexus(SC-04D)で、SPモードメールをPushで受信する方法。を参考に作業してください。

また、私はCWMやTWRPからインストールするだけでSPモードメールを自動受信できるようになるMyupdate-v1.5-JB.zipを使っています。

必要であれば上記リンクからダウンロード後CWMやGooManagerなどからインストールしてください。

AOKP JellyBean Build 2の機能は、これまで紹介してきた機能がほとんどです。

ここでは、これまでに紹介していない機能に絞って紹介します。

LCD Density(画面密度)を変更可能に
ICS版AOKPで実装されていたLCD Densityの変更が、JellyBean版でも実装されました。
ROM Control⇒General UI⇒LCD Densityから変更できます。


1~5の手順で変更すればPlayストア利用時のエラーも起きにくいので、手順通りに設定していきましょう。



ロック画面の音楽プレイヤーのレイアウトを変更可能に
音楽アプリを再生中のロック画面のレイアウトを変更できるようになりました。

変更後のレイアウトは以下のキャプチャです。


ROM Control⇒Lockscreen⇒Stock music layoutにチェックを入れるとデフォルトのレイアウトになります。


デフォルトのレイアウトは以下のキャプチャです。デフォルトではないほうがテキスト情報などが見やすく感じます。



ナビゲーションバーのソフトキーにIME切り替えが割り当てられた
ソフトキーにIME切り替え設定が追加されました。
ROM Control⇒Navigation Bar⇒任意のソフトキーをタップします。


選択肢にOpen IME Switcherが追加されています。これを選ぶと・・・


IME切り替えのアイコンがソフトキーとして表示されます。これをタップすると・・・


入力方法を選択できるようになります。頻繁にIMEを切り替える人は重宝する機能ですね。



バイブレーションのパターンを自作可能に
バイブレーションのパターンを自作して、設定に追加することができるようになりました。
ROM Control⇒Vibrationsから設定可能です。


新しいバイブレーションパターンの作り方を紹介しておきます。
まず、「NEW/RESET」をタップ。


「RECORD」をタップ。


記録が始まるので、「TAP!」を押して自分の好きなバイブレーションパターンを作ります。


好きなパターンが作れたら「STOP」をタップして記録を終了させます。


今作ったパターンを試してみたいときは「PLAY」をタップ。


試して問題なければ「SAVE」をタップします。


パターンに名前をつけることができます。今回はtestという名前にして「OK」をタップすれば保存完了です。


作ったパターンを適用させるためには、電話アプリを起動してメニューをタップ。


設定をタップ。


Phone vibrationをタップします。


すると、さきほど作ったtestパターンが一覧に表示されるので、それをタップして選ぶだけです。


または、Android設定⇒音をタップ。


Phone vibrationをタップ。


すると、testパターンが表示されるのでこれをタップして選べば設定完了です。


最後に、個別にバイブレーションのパターンを設定したい場合の方法です。
個別に設定したい電話帳を開いてメニューをタップ⇒Set vibrationをタップします。


ここで自作のパターンを選ぶだけです。簡単ですね。


以上がAOKP JellyBean Build 2で実装されている、これまで紹介してきた機能に更に追加された機能です。

公式のAOKPでは、残念ながらロック画面のショートカットは未実装のままですが、それを差し引いてもどんどん新機能が追加されていくAOKPはカスタムROMの中では相変わらず焼きがいのあるROMですね。
スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (7) Trackbacks (0)
  1. こんにちは。いつも分かりやすい記事をありがとうございます。

    さて、今更なんですが、記事中の文字入力がpoboxのようなのですが、これはどのように導入したのでしょうか?Xperiaからapkだけ移してもエラーが出てしまったと記憶しているのですが…

    • nt様こんにちは
      POBOXですが、こちらで5.1が導入できますよ♪
      ロムを焼き直した際にクリーンな状態で入れました。
      問題なく動作しています(作者様に感謝しつつ(・人・))。
      ttp://arkdroid.info/030/

      管理人様こんにちは。build28からずっとお世話になっています。
      スマホ購入前からこちらのサイトをよく覗かせていただき、とても楽しそうだったのでNexus購入に至ったようなものです。
      おかげ様で大きなトラブルもなく楽しく遊ばせていただいています。本当に有難うございます♪

      POBOXについてはデリケートな問題も隠れているかもしれませんので、問題があると御感じになられたら削除お願いいたします。

      それではnt様、管理人様失礼致します。

      • amaguriさん

        いつも遊びに来ていただいてありがとうございます♪
        POBOXはデリケートな問題とかあるのですか?
        私は特に問題はないので、amaguriさんのコメントはそのまま残しておきますね~

  2. 連続で失礼します。
    よく見たらこれはatokなんですね(^_^;)
    大変失礼いたしました。

    • ntさん

      こんばんは!ntさんのおっしゃるとおり、私はATOKですね~
      お力になれずすみません。

  3. いつも有り難う御座います!build2になって4.0の機能も復活して、とても快適になりました。

    • はむさん

      こちらこそいつも遊びにきていただいてありがとうございます!
      ICS版の頃の機能もどんどん復活しつつ新しい機能が追加されているので、AOKPは本当に焼きがいがありますね~


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る