Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




Galaxy Nexus(SC-04D)にfranco.kernel Nightly #17.2を導入、1.5GHzオーバークロックで運用のレビュー。

Posted on 2月 16, 2012


Galaxy Nexus(SC-04D)にfranco.kernel Nightly #17.2を導入し、1.5GHzで運用してみました。

franco.kernelはGLaDOSをメインで使う前に使っていたカーネルですが、スクロール等もスムーズでサクサク動くのでおすすめです。

そのfranco.kernelが、Nightly #17から1.5GHzまでクロックアップできるようになったので、導入して運用してみた結果のレビューです。

スポンサーリンク



2012/2/6 カスタムカーネル一覧ページを公開しました。
Galaxy Nexus(SC-04D)のカスタムカーネル一覧。で、他のカスタムカーネルを確認することができるので、こちらもご覧下さい。


root化・カスタムrom・カスタムカーネル・各種Mod等の導入によって、キャリアとメーカーの補償は一切きかなくなります。

また作業中にデータが消えたり、Galaxy Nexus(SC-04D)が起動しなくなってしまったとしても、当方では一切責任は負えません。

全て自己責任で作業を行ってください。


1.XDAからfranco.kernelをダウンロード後、Galaxy Nexus(SC-04D)の/sdcard/にコピーしておきます。

1)CWM(ClockWorkMod)リカバリを起動して、「install zip from sdcard」を選ぶ。

2)「choose zip from sdcard」を選ぶ。

3)「franco.Kernel-nightly.zip」を選ぶ。

4)「Yes - Install franco.Kernel-nightly.zip」を選ぶ。

5)「Install from sdcard complete.」と表示されれば、franco.kernel Nightly #17のインストールは完了です。

6)「+++++Go Back+++++」を何度か繰り返して、「reboot system now」でGalaxy Nexus(SC-04D)を再起動させれば完了です。


franco.kernel #17.2の1.5GHzは、動きはかなり滑らかでサクサク動きます。

はじめはfranco.kernel #17のGovernorはfranco turtleで使ってみました。

franco turtleは、パフォーマンスよりもバッテリーの消費を抑える設計になっています。

バッテリーの持ちが心配なら、franco turtleを使うことをおすすめします。


franco turtle 1.5GHzで運用

最大クロック数1500MHz、最小クロック数350MHzで設定しました。


スリープ時の電池の持ちはいいですね。


CPU Spyを見てみると、高いクロック数はあまり使われておらず、350~700MHzがよく使われています。
CPU Spyについての詳細は、CPU Spy:CPUに設定した各クロック周波数の使用率を一目で確認。オーバークロック、Governor変更時の必須アプリ。を参考にして下さい。
ただし、このCPU Spyの結果はほんの数十分Galaxy Nexus(SC-04D)を触ったデータです。
もっと時間をかけて監視する事で、より正確な使用率が出ると思われます。
どちらにせよ、それを感じさせないスムーズさとサクサク感がfranco turtleにはあると感じます。


使用中の電池の減りもそんなに気にならないです。


franco gazelle 1.5GHzで運用

franco gazelleも最大クロック数1500MHz、最小クロック数350MHzで設定しました。


こちらもスリープ時の電池の持ちは非常にいいです。


CPU Spyで見てみると、350~700MHzもよく使われていますが、franco turtleと比べるとfranco gazelleの方が1000~1500MHzがより使われていることが分かります。
動きはとても滑らかでサクサクです。
おそらく、私がこれまで試したカーネルの設定の中で一番使い心地が良いと思います。おすすめです。


バッテリーについては、さすがにウェイク状態のときは減りが早いですね。

ですが、それを差し引いてもこの使用感は素晴らしいと思います。

franco kernel Nightly #17.2を約1日使ってみましたが、1.5GHzでも十分常用出来ると感じました。

特にfranco gazelleの使用感はとてもいいです。

ウェイク時のバッテリーの持ちは少し悪いですが、それでもこのGovernorを使う価値は十分にあると思います。

とにかくパフォーマンスを重視したいという人は、ぜひfranco gazelle 1.5GHzを使ってみてください。
スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (9) Trackbacks (0)
  1. 残念ながら私の端末では1.5GHzではフリーズ気味で使えませんでした。

    omap4460のテクニカル・リファレンスに目を通してみましたが4460は元々1.5GHzというわけではなく、-1200と-1500という2つの種類があり、チップの内部のFuseにも識別データが書き込みがされているそうです。

    つまり、選別でふるい落とされたのがgalaxy nexusに使われているようです。なので基本的にOC耐性は低そうです。

    ちょっと悲しいですね。

    • 10tamaさん

      情報ありがとうございます!
      OC耐性は低いんですね。
      であれば、GNが許すギリギリまでOCして楽しんでいこうと思います♪

  2. AOKPを導入しようと思っていますが、カスタムROMを焼くことにより
    通信料が通常より、高くなってしまうのではないかと心配しています・・・

    実際のところは、どうなんでしょうか?

  3. AOKP 23にfranco17.2を導入したところ、一部のアプリにて位置情報の取得が正常にできなくなりました(位置情報の取得がタイムアウトする)。GoogleMapでは正常に取得できるので、一部のアプリのみへの影響ですが。
    AOKP23の標準bootへ戻したところ、正常に位置情報取得ができるように戻りました。
    ご参考まで。。。

    • pokoさん

      情報ありがとうございます!
      カーネルが原因で位置情報が取得できなくなったりするんですね。
      参考になります♪

  4. こんばんは。
    毎回楽しみに拝見させてもらってます。

    francoで1.5にするとカクカクしてしまうので1.3にダウンし運用してるのですが、1.5の設定どうされてますか?
    参考までに教えていただけるとたすかります。
    AOKP M3+nova14+franco17.2です。

    後でGLaDOS試してみます。GLaDOSいいですよね。
    設定はmpuのみですか?
    前のバージョンのとき、後2ヶ所も変えてみたのですが…

    007,popとか試しましたが、いまいちだったのでfrancoとGLaDOSに戻しました。

    • u1nsさん

      1.5GHzのvoltageはデフォルトのままですよ!
      コメントをいただく限り、みなさんフリーズぎみみたいですね~
      GLaDOSはmpuのみいじっています。
      GLaDOSはデフォルトの1.2GHzが一番スムーズでサクサク動くように感じるので、結局1.2GHzに戻して使っています。
      あと私的に外せないのがTouch Wakeですね~
      これが便利でGLaDOSから離れられない感じです♪

  5. androidloverさん
    ありがとうございます。

    帰ってGLADOS1.15導入してみます♪
    色々試してみましたが、私もGLADOS気に入っていたので楽しみです。


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る