Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




JBSourcery V3.0をGalaxy Nexus(SC-04D)に導入。AOKP、CyanogenModの機能を同時に使える&多数のテーマやModをROM1つで楽しめる多機能カスタムROM。

Posted on 10月 27, 2012


JBSourceryV3.0をGalaxy Nexus(SC-04D)に導入してみました。

スポンサーリンク



ブートローダーアンロックやカスタムリカバリ導入、カスタムROMの導入によって、メーカーの補償は一切きかなくなります。
また、作業中にデータが消えたり、端末が起動しなくなってしまったとしても、当方では一切責任は負えません。
全て自己責任で作業を行ってください。


ROM/Gapps:http://teamsourcery.com/phpBB3/viewtopic.php?f=25&t=1105

http://teamsourcery.com/phpBB3/viewtopic.php?f=25&t=1105の「Magic Install」の手順でインストールを行ってください。

上記手順ではwipe data/factory resetがありませんが、私はこれも実施してROMを導入しました。

JBSourceryが起動しなかったり、起動後不具合が出る場合はwipe dataを実施してください。

カスタムROM導入後に端末が起動しないほとんどの原因がwipe dataをしていないことによるものです。


CWM(ClockWorkMod)からのインストール方法は、Galaxy Nexus(SC-04D)にタブレットUIのPARANOIDANDROIDを導入。を参照してください。

TWRPからのインストール方法は、Nexus 7にタブレットUIのカスタムROM、ParanoidAndroid2.16を導入。を参照してください。

Goomanagerからのインストール方法は、Galaxy Nexus(SC-04D)でカスタムROM・Google Appsなどの複数のzipファイルを一度にまとめてインストールする方法。を参照してください。

Galaxy Nexus(SC-04D)でSPモードメールを自動受信するには2つのapkファイルが必要なので、詳しくはAndroid 4.1(Jelly Bean)を導入したGalaxy Nexus(SC-04D)で、SPモードメールをPushで受信する方法。を参考に作業してください。

また、私はCWMやGooManagerからインストールするだけでSPモードメールを自動受信させるMyupdate-v1.5-JBを使っています。

必要であれば上記リンクからダウンロード後CWMやGooManagerなどからインストールしてください。


まず、JBSourceryの特徴です。

JBSourceryは、AOKPやCyanogenmodの独自機能のほとんどを1つにまとめたカスタムROMです。

また、JBSourceryはステータスバーのバッテリーやナビゲーションバーのソフトキーなどのアイコンのModを、ROMの設定からダウンロードしてそのまま適用/変更できます。

上記2点がJBSourceryの大きな特徴で、特に通常はXDAやRootzWikiでダウンロードしてリカバリからインストールする必要があるModをROMの設定から適用できる機能が他のカスタムROMにはあまり見られない点です。

ここからは、JBSourceryの機能と使い方を紹介していきます。

JBSourcery起動直後です。ホームはApex Launcherがプリインストールされていますね。

また、ステータスバーにハットのアイコンが表示されています。


このアイコンは、JBSourceryの更新情報などを教えてくれるものです。通知をタップしてみます。


年月日と情報のヘッダーが表示されます。新しい情報をすぐに確認できるので便利です。


ここからは、JBSourcery Control Centerについてです。

JBSourcery Control Centerでは、JBSourceryの独自機能を設定することができます。
AOKPのROM Controlのような位置づけです。早速JBSourcery Control Centerを見てみます。


電池、時計、シグナル、ステータスバー、ナビゲーションバーなど、多くの部分のカスタムが可能です。
バッテリーを見てみます。


Battery icon styleでバッテリー表示を変更します。


基本はAOKPと同じですが、CyanogenmodやCyanogenmodベースのPARANOIDANDROIDで実装されたサークル表示も追加されています。


バッテリー表示が変わりました。


JBSourceryは、バッテリーテキストの配色も変更できます。
Battery text colorをタップします。


ここでは白にしてみます。


バッテリーテキストの色が白になりました。
更に、Cyanogenmodのサークル表示の場合はサークルの配色も変更できます。
CM circle mod ring colorをタップします。


ここも白にしてみます。


サークルも白になりました。


次に時計表示をカスタムしてみます。Clockをタップします。


Clock StyleやAM/PM Styleは、AOKPと同じですが、Current WeekdayはAOKPとは少し違っています。


small weekdayを選んでみます。


すると、曜日が英語表記で表示されます。
AOKPの場合は、ロケール(端末の言語設定)を日本語にしている場合は日本語で曜日表示されます。
日本語表記はあまり見栄えがよくないな~と思っていましたが、JBSourceryは英語表記なので違和感がないですね。
次に時計の配色を変更してみます。Clock Colorをタップします。


ここも白にしてみます。


すると、曜日も含めた時計表示が白になりました。
次にモバイルネットワークやWi-Fiの強度表示設定をカスタムしてみます。Signalをタップ。


Signal Colorでシグナルの色を変更してみます。


白にしてみました。


モバイルネットワークの表示がデフォルトのままだと、指定した色に変更できません。
指定した色にしたい場合は、シグナルの表示方法を変更する必要があります。
Signal Text Styleをタップ。


Show signal textをタップして、テキスト表示に変更します。


すると、白の配色が反映されます。
次に、Wi-Fiの表示配色を変更してみます。


白を選びました。


そのままのWi-Fiの表示では、配色変更が反映されません。
WiFi Signal Text Styleをタップして表示方法を変更します。


Show Signal Textを選んでテキスト表示に変更します。


すると、白の配色変更が反映されました。


次にMagic UIを見てみます。


Magic UIの内容は、AOKPのROM Controlの内容とほぼ同じですね。


次にステータスバーをカスタムしてみます。Status Bar Modsをタップ。


ステータスバーの背景色を変更できます。


青っぽい色に変更してみます。


きちんと反映されました。次にPress On color to applyの上にあるシークバーを右にスライドします。


すると、ステータスバーの背景が透過されました。


次にナビゲーションバーをカスタムしてみます。Navigation barをタップ。


ナビゲーションバーのカスタムは、選択肢が乏しいCyanogenmodではなく、ほぼ何でもできるAOKPベースになっています。
AOKPとの違いは、AOKPが7個までソフトキーを配置できるのに対して、JBSourceryは5個まで配置可能という点です。


ここでは5個選びました。


ソフトキーの変更はしっかりと反映されています。次にナビゲーションバーの背景色を変更してみます。


青っぽい色に変更しました。


ナビゲーションバーにしっかりと反映されています。


ナビゲーションバーも透過させてみます。


どうやら、ナビゲーションバーは透過できないようです。


次にソフトキーにウィジェットを割り当ててみます。Configure widgetsをタップ。


「+」をタップしてウィジェットを追加することができます。


ニュースと天気を選んでみました。



ニュースと天気の選択が終わったら、左にスワイプします。


すると、ウィジェットを追加できるようになったので、また「+」をタップします。


もう1つのウィジェットは、Google Playストアを選んでみました。



ソフトキーをタップして、ウィジェットを起動させてみます。これはAOKPでも見られたのですが、ウィジェットを2つ以上指定すると正常に表示できないことがほとんどです。


Playストアは正常に表示されています。


次に、通知領域に表示させるトグルを設定していきます。Toggle(AOKP Style Toggles)をタップ。


AOKPのトグル設定が可能です。


次にToggles(CM Style Toggles)をタップします。


CyanogenModのトグル設定が可能です。


どちらも有効にしておくと、AOKPとCyanogenModのトグルがそれぞれ表示されます。
自分の好みのトグルを指定できるのでうれしいですね。


次にロック画面設定を見てみます。Lockscreen optionsをタップします。


JBSourceryではロック画面のレイアウトを変更可能です。Layoutをタップします。


ロック画面のデフォルトのレイアウトは以下のキャプチャです。


Low Lock Ring Centeredを選ぶと・・・


時計表示が中央に表示されました。


次にHigh Lock Ringを選んでみます。


時計は右表示のままですが、ロック画面のショートカットがデフォルトよりも上部に表示されるようになりました。


最後に、High Lock Ring Centeredをタップしてみます。


すると、時計は中央表示でロック画面ショートカットも上部に表示されました。


Slider shortcutsを見てみます。


ここでは、ロック画面のショートカットの編集が可能です。


LED optionsを見てみます。


AOKPと全く同じですね。



ここからは、JBSourcery Toolsを見ていきます。


JBSourcery Toolsでは、アイコン等の変更が可能です。

例えば、JBSourceryのデフォルトの天気のアイコンはAOKPと同じものになっています。


例えば、Weather Iconsをタップしてみます。


天気情報アイコン用のMod一覧が表示されます。
ここではCyanogenMod用のアイコンを選択してみます。


選択すると、Modのプレビューが表示されます。これでよければ「Okay」をタップします。


一度端末が再起動します。再起動すると、天気のアイコンがCyanogenModのものと同じになりました。


次に、左にスワイプしてIconsのタブを表示させます。ここでは、例えばソフトキーのアイコンを変更することが可能です。Soft Keyをタップします。


ここではChrome Scriptを選んでみました。


すると、アイコンのプレビューが表示されます。このプレビューでよければOkayをタップします。


すぐにソフトキーのアイコンが変更されました。


またタブをスワイプしてModsを表示させてみます。
ここではブートアニメーションやフォント変更などが可能です。


次にDevice Managerを表示させます。
ここでは、アプリやROMの管理などが可能です。


更にスワイプすると、Themesが表示されます。
ここではTheme Chooser用のテーマを適用させることができます。
また、JBSourceryの良いところは、テーマもいちいちGoogle Playストアに飛ぶ必要がなくそのままダウンロードできます。


スワイプしてToolsに移動してみます。
ここではSpare PartsやTerminal Emulatorなどを使うことができます。


スワイプしてSystemに移動します。
ここでは、キャッシュ消去などを実施することができます。


最後にAdvancedにスワイプして移動します。
ここでは、カーネルの選択やinit.dの設定、Build.propの編集などが可能です。

JBSourceryの機能や使い方は以上です。

見てみるとわかりますが、JBSourceryはAOKPとCyanogenModの機能を1つにまとめるだけでなく、JBSourcery独自の機能もあるのでかなりカスタムを楽しむことができます。

操作性もCyanogenModやParanoid Androidなどまではないですが、特に動きが遅いといったこともありません。

AOKPが好きで、もっと手軽に細かくカスタムしたい!という人にはぴったりのROMだと思います。

興味のある人はぜひ試してみてくださいね。
スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (7) Trackbacks (0)
  1. ラバーさん、こんばんは。毎日更新チェックさせてもらってます!
    先日nexus7が起動しないとさわいでいましたが昨日復活しました!途中Googleロゴにブートローダー画面が同時に表示され慌てましたが、ツールキットの方から初期ロムを焼き起動しました。恥ずかしながらGNからのテザリングでの通信環境なものでファクトリーイメージを焼く時に通信されてないのが原因で焼けなかったみたいです。コメントくださった方ありがとうございますm(__)m
    話は変わりソーサリーですが4.1.2版が出たんですね!今日aokpを焼いたばかりですがダウンロード中です!こちらのgappsはレギュラーの方でいいんですかね?違いが分からなくて。

    • 一也さん

      Nexus 7復活してよかったですね!
      JBSourceryはレギュラーの方で問題ないですよ♪

  2. JBSourcery おもしろいですね。しばらく使ってみようかな?
    日本語化/アクションバーの配信もいただけると嬉しいです

    • Toshiさん

      JBSourceryいいですよね!
      日本語化は項目が多すぎるのでおそらくしないと思います。
      JBSourceryをよく使うようになれば、アクションバーの下部表示パッチは作成するかもです♪

  3. こんばんわ。毎日更新チェックしてます!
    ソーサリー3.1を焼いたのですがベースバンドが不明になってしまいます。
    バックアップとっておいたradio.imgを入れたら戻るんですがREBOOTするとまた不明になってしまいます。
    原因がわからなくてこまってます。どーすればよいのでしょうか?

    • takuyaさん

      私も試してみましたが、takuyaさんと同じくベースバンドが不明になりますね。
      3.1はパスしましょう♪

  4. Hi .. I am the developer of sourcery rom. I found this because of high traffic to our site from this forum. We appreciate the great review and thank those that have tried our rom. We appoligize for lack of translations since our code is not synced with the bug guys we just dont have time or ability to put i all tranlations. We will try to get some of the basics in as we can. Please email icsourcery@gmail.com any translations you would like added if anyone can do them. our github at github/team sourcery has all the files you would need . THanks again we hope you enjoy our work and will continue to try to bring you some great features. Wanted to point at least 1 out that wasnt mentioned and i guarentee you have not see on any other rom. Go into tools and app wallpaper and play around in their. dont forget to choose the hat on top right.
    Thanks again.


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る