Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




Galaxy Nexus(SC-04D)にParanoid Android 1.2bを導入。

Posted on 6月 15, 2012


Paranoid Android 1.2bがリリースされたので、導入しました。

スポンサーリンク



XDAから、ROM本体とFixファイル、Gappsをダウンロード。
Gappsのダウンロード速度が遅いので、ミラーリンクを貼っておきます。

CWM、TWRP、GooManager等からインストール。
CMWからのインストールは、Galaxy Nexus(SC-04D)にタブレットUIのPARANOIDANDROIDを導入。を参考にしてください。

GooManagerからのインストールは、Galaxy Nexus(SC-04D)でカスタムROM・Google Appsなどの複数のzipファイルを一度にまとめてインストールする方法。を参考に。

●CM9で使える追加機能をより多く使用可能に
Paranoid AndroidはCM9ベースのROMですが、CM9の全ての追加機能(例えばソフトキーの機能入れ替えやアイコン変更など)を使うことはできません。

ですが、1.2bからは特にロック画面に関するCM9の機能を多く使うことができるようになっています。

ロック画面に関しては、スリープ後のロック画面に入るまでの時間を遅らせる、背景を変更、カレンダー表示などが新たに使えるようになっています。

個人的には、スリープ後のロック画面に入るまでの時間を遅らせるのが便利です。

GLaDOSのTouch Wake機能を使ったときに、ロック画面ではなくスリープに入る直前に表示していた画面がそのまま表示されることで、画面タッチで復帰⇒ロックスクリーン解除の手間が省けるからです。


また、未確認の通知数も表示させることができるようになりました。

Android設定⇒システム⇒Show notification countにチェックを入れます。


すると、例えばGmailに未読があれば未読数を表示してくれます。便利な機能ですね。



●ロック画面の表示が大きくなった
ロック画面の各種情報の表示が大きくなったので、より見やすくなりました。
【Paranoid Android1.1b】

【Paranoid Android1.2b】


●表示する通知アイコン数を指定可能に
ステータスバーに表示する通知アイコン数を選択できるようになりました。

Android設定⇒Number of notification iconをタップします。


0~5個の間で選べます。試しに5個で設定してみると・・・


5種類の通知アイコンが表示されました。

●ポップアップなどのDPIを変更可能に
Paranoid設定の追加機能として、ポップアップなどのDPIも変更が可能になりました。


自分が見やすいポップアップのサイズにできるので、よりParanoid Androidが使いやすくなります。



●Paranoid設定のDPIの設定をバックアップ/リストア可能に
Paranoid Android1.2bから、ParanoidAndroid Backupというアプリがプリインストールされました。

ParanoidAndroid Backupは、その名の通りParanoid設定の各アプリ毎に設定しているDPIも含む全てのDPI設定をバックアップ/復元できるアプリです。

使い方を紹介しておきます。ParanoidAndroid Backupをタップ。


「あなたはDAGr8?」と聞いてきますが、私はDAGr8さんではないので「No」を選びます。

ちなみに「Yes」を選ぶとParanoidAndroid Backupが終了します。


スーパーユーザーの要求を許可します。


Backup preferencesをタップすると、バックアップが始まります。

「Successfully backed up~」と表示されれば、DPI設定のバックアップは完了です。


Restore preferencesをタップすると、バックアップしたDPI設定の復元ができます。


バックアップしているファイルを選択します。


「Successfully restored~」と表示されれば、DPIの復元は完了です。


今後のバージョンアップ時にかなり重宝しますね。

●Paranoid設定のレスポンス向上
Paranoid設定のレスポンスが向上しました。

1.1bまでは、設定をタップした後に少しタイムラグがあって次の画面が表示されていましたが、1.2bからはサクサク設定ができるようになりました。


その他の変更点などについては、XDAのスレッドで確認できます。

Paranoid Android 1.2bの追加機能まとめは以上です。

今回のバージョンアップで、よりParanoid Androidが便利になりました。

特にParanoidAndroid Backupは、今後のバージョンアップ時に効率よく環境復元ができます。

私はLMT Launcherを使っているので特に支障はありませんが、ナビゲーションバーのカスタムもそのうちできるようになればより便利になりそうです。

私は、相変わらずメインのROMはParanoid Androidでいきます。
スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (3) Trackbacks (0)
  1. はじめまして。いつもブログを拝見させていただきカスタムの参考にさせていただいてます。paranoid1.2リリースにともないFIXをダウンロードしたのですがzipになっておらず、CWMからFIXが入れられないのですが解決方法はないものでしょうか?不躾な質問ですみませんがお願いします。

  2. すみません。解決しました。お騒がせしました・・。

  3. いつも参考にさせてもらってます
    Paranoid Android やめられませんね
    日本語版と下部版 すごくよかったので
    の作成お願いします


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る