Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




Galaxy Nexus(SC-04D)にParanoid Android1.5bを導入。IMEのキーボードサイズを自由に変更可能に。

Posted on 6月 27, 2012


Paranoid Android 1.5bがリリースされたので、導入しました。

スポンサーリンク



XDAから、ROM本体、Gappsをダウンロード。

CWM、TWRP、GooManager等からインストール。
CMWからのインストールは、Galaxy Nexus(SC-04D)にタブレットUIのPARANOIDANDROIDを導入。を参考にしてください。

GooManagerからのインストールは、Galaxy Nexus(SC-04D)でカスタムROM・Google Appsなどの複数のzipファイルを一度にまとめてインストールする方法。を参考にしてください。

Paranoid Androidは、SPモードのAPN(spmode.ne.jp)がデフォルトでは入っていないため、ROM焼きのたびに手動でAPNを追加する必要があるので、CWMやGooManagerなどからインストールするだけでSPモードのAPNを追加するMyupdate-v1.4.zipをこちらのページで配布しています。

必要であれば上記リンクからダウンロード後CWMやGooManagerなどからインストールしてください。



キーボードのサイズを変更可能に
今回の目玉機能はこれでしょう。

ATOKはキーボードのサイズを変更することが出来ますが、Paranoid Android 1.5bからATOK以外のIMEでもATOKと同じように、キーボードサイズを自由に変更できるようになりました。

Google日本語入力を240DPIで表示


Google日本語入力を320DPIで表示


DPI値に従ってキーボードのサイズが変更されます。

今回はGoogle日本語入力で試しましたが、他のIMEもサイズ変更は可能だと思います。

IMEを自分の手に合ったサイズにすることで文字入力がとてもスムーズにできるようになるので、試す価値はありますね。


ソフトキー非表示が可能に
ソフトキー非表示がParanoid Androidで設定可能になりました。

Android設定⇒システム⇒ナビゲーションバー⇒softkeyのチェックを外すとソフトキーが非表示になります。

私はLMT Launcherを使っていてほとんどソフトキーは使っていないので、この機能は嬉しいですね。

1.5bの時点では通知アイコンを6個まで表示させることができますが、ソフトキーを表示させておくとソフトキーに通知アイコンがかぶってしまいます。


それをソフトキー非表示にすることで、6個Maxでも表示させることができます。


LMT Launcherしか使っていない人は、ソフトキー非表示をぜひ試してみてください。


DPI値を大きくした時に画像がはみ出るバグの修正
FacebookでDPI値を大きくした時に画像がはみ出るバグは1.4bで修正されましたが、他のアプリでも同様のバグがあったようです。

そのバグを1.5bでは修正しました。


その他はアプリ毎にDPIを設定する画面で、アプリ一覧をスクロールするとかなり引っかかる症状が解消されています。

Paranoid Android1.5bの大きな変更点は以上です。

全てのChangelogはこちらから確認してください。

今回はIMEのキーボードサイズを自由に変更可能になったのが大きな追加機能です。

Paranoid Androidは私の現在のメインROMなので、個人的にこれからもユーザーからの要望を取り入れながらどんどんバージョンアップしていってほしいですね。
スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る