Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




Paranoid Android v1.1 Bugfixファイルの日本語化パッチ。ロック画面ショートカットが設定できないバグも修正。

Posted on 6月 2, 2012


Paranoid Android v1.1で、カスタムDPIを選択しても任意のDPIが設定できないバグがあったためFixファイルがリリースされました。

スポンサーリンク



それに伴い、Fix版を日本語化しました。また、1.1bの日本語化パッチをインストールするとロック画面のショートカットを設定する際に強制終了していたバグを修正しました。

ロック画面の右側にショートカットを割り当てるには、「設定」アプリのDPIを160にしておく必要があります。

160よりも大きなDPIになると、右側が画面の外側にはみ出てしまい設定ができなくなります。

Paranoid Android v1.1 Fix
RootzWiki

Paranoid Android v1.1 Fix日本語化パッチ
ParanoidAndroid_1.1b_JP_FIX.zip

CWMやTWRPからParanoid Android v1.1 Fixをインストール後、日本語化パッチをインストールしてください。


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (5) Trackbacks (0)
  1. 11Fix入れてからLMTが表示されなくなってるかたいらっしゃいます?
    wipeしてもう一回入れ直してみようかなと思っていますが。

    • mvitiさん

      私もLMTが使えなくなりましたが、おそらくLMTの方が原因だと思います。
      LMTがv1.2がリリースされていて、そちらをインストールすれば正常に使えますよ♪
      ちなみにv1.2から、手順を多く踏む必要がありますがアイコンも変更可能になっています!

  2. お!さっそくの情報ありがとうございます!
    早速アップデートしてみます!

  3. LMTをアップデートしたら無事動作しています。
    ありがとうございました!


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る