Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




AOKP Build22をGalaxy Nexus(SC-04D)に導入。

Posted on 2月 8, 2012

AOKP(Android Open Kang Project) Build22がリリースされたので、導入しました。

スポンサーリンク



2012/2/6 カスタムROM一覧ページを公開しました。
Galaxy Nexus(SC-04D)のカスタムROM一覧。で、他のカスタムROMを確認することができるので、こちらもご覧下さい。


root化・カスタムrom・カスタムカーネル・各種Mod等の導入によって、キャリアとメーカーの補償は一切きかなくなります。

また、作業中にデータが消えたり、Galaxy Nexus(SC-04D)が起動しなくなってしまったとしても、当方では一切責任は負えません。

全て自己責任で作業を行ってください。


今回は、ワイプ推奨となっています。準備しておくこと5~7は確実に実行して下さい。

1.こちらからAOKP Build22とGoogle Apps(2012/2/8現在02/07/2012 Gapps)をダウンロード後、Galaxy Nexus(SC-04D)の/sdcard/にコピーしておく。
※1 AOKP Build22の時点ではAOKP本体とGoogle Appsもインストールする必要があります。Google AppsがないとGoogleに関するアプリ等は一切使えません。
※2 ダウンロードがRootzWikiから変更になっています。ダウンロードするのはdeviceが「maguro」の並びにあるファイルです。


2.ClockWorkModリカバリを起動し、Galaxy Nexus(SC-04D)の現在の状態をそのまままるごとバックアップしておく。手順はGalaxy Nexus(SC-04D)をCWM(ClockWorkMod) Recoveryで起動してROM全体をバックアップする方法。を参考にして行ってください。

アプリの復元は、Titanium Backupを使ってデータごと復元させます。復元方法はTitanium Backupの使い方2:CWM(ClockWorkMod)のバックアップファイル(Nandroid Backup)からアプリを復元する。を参考にしてください。

3.ROM導入後の環境再構築を効率良くするために、Myupdate.zipをここ(Myupdate-v1.3.zip)からダウンロードしてGalaxy Nexus(SC-04D)の/sdcard/にコピーしておきます。
Myupdate-v1.3.zipについては、Myupdate-v1.3.zip。日本語太字フォントと欧文フォント、local.propを追加。を確認してください。

4.準備しておくこと2と3のバックアップが終わったら、コンピュータ⇒Galaxy Nexus⇒内部ストレージの中にある全てのファイルやフォルダをPCにコピーしておく。もしもGalaxy Nexus(SC-04D)の内部ストレージのデータが全部消えてしまったときのためのバックアップが目的です。

5.Super Wipe Liteを使って、Galaxy Nexus(SC-04D)を初期化しておく。Super Wipe Liteの使い方はGalaxy Nexus(SC-04D)にカスタムROMのAndroid Revolution HDを導入する方法・手順。の4~9を参考にしてください。

6.CWM(ClockWorkMod)リカバリを起動して、「wipe cache partition」を実行しておく。CWMの起動方法は、Galaxy Nexus(SC-04D)をCWM(ClockWorkMod) Recoveryで起動してROM全体をバックアップする方法。を参考にしてください。

7.CWM(ClockWorkMod)リカバリの「advanced」から、「Wipe Dalvik Cache」と「Wipe Battery Stats」をそれぞれ実行しておく。

1)CWM(ClockWorkMod)リカバリを起動して、「install zip from sdcard」を選ぶ。

2)「choose zip from sdcard」を選ぶ。

3)「aokp_maguro_build-22.zip」を選ぶ。

4)「Yes - Install aokp_maguro_build-22.zip」を選ぶ。

5)「Install from sdcard complete.」と表示されれば、AOKP Build22のインストールは完了です。

6)次にGoogle Appsをインストールします。再度「choose zip from sdcard」を選ぶ。

7)「gapps-ics-20120207-signed.zip」を選ぶ。

8)「Yes - Install gapps-ics-20120207-signed.zip」を選ぶ。

9)「Install from sdcard complete.」と表示されれば、Google Appsのインストールは完了です。

10)「+++++Go Back+++++」を何度か繰り返して、「reboot system now」でGalaxy Nexus(SC-04D)を再起動させます。

11)するといつものAndroid(アンドロイド)初期設定の画面になるので、Googleアカウント等を設定すればOKです。

●通知パネル上のトグルの表示がデフォルトになったのと、デフォルトでトグルを自動で隠すのを廃止。
AOKPを焼きなおした時にROM Controlの設定をしていきます。

私はトグルを表示するのとトグルを自動で隠さないように毎回していましたが、これが面倒でした。

今回の変更で、トグル関係の設定をいじる必要がなくなりました。


●USBデバッグのアイコン表示・非表示を選べるようになった。
Galaxy Nexus(SC-04D)をUSBケーブルでつないだときに、ステータスバーに表示されるUSBデバッグのアイコンを非表示にできるようになりました。

選択肢が増える事はいいことですね。



●電源ボタンをカメラのシャッターがわりにできるようになった。
電源ボタンでシャッターをきることができます。

よくカメラを使う人は重宝しそうですね。



●ステータスバーをスライドさせて画面の明るさを変更できるようになった。
これも便利な機能です。Galaxy S2にも実装されていた機能で、ステータスバーを横になぞって画面の明るさを調節できます。



●解像度をカスタムできるようになった。
解像度を更にカスタムできるようになりました。




●天気情報を取得、表示できるようになった。
設定で天気情報も取得できるようになっています。

天気を取得しても、そのままではキャリアラベルが重なって見づらいので、ROM Control⇒General UI⇒Custom carrier labelを空白にしておきます。



AOKP Build22での大きな変更点は以上です。
スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (9) Trackbacks (0)
  1. http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1487056 とうとう4.04出ましたね。今日はこれで遊んでみようかなって思ってます。docomoのアップデートはそのうち気が向いたらですね。
    GLaDOSは1.10でましたね。http://ie.microsoft.com/testdrive/Mobile/Performance/FishIETank/Default.html
    chromeで、デフォルトのwheatleyのままで45fpsから50位まで出るようになりました。GPUがocされてるんでしょうね。antutuのベンチは6100くらいです。
    ポールのカスタムromは前から、興味があったのでちょっとやってみます。

  2. 2012/2/8現在02/07/2012 GappsだとYouTubeのアカウントログインで落ちませんか?
    それ以外はなんともないのですが。。。。

    • なぶなんさん

      確かにYoutubeのアカウントログインで落ちますね!
      情報ありがとうございます♪

  3. うーん…
    21まではすんなり焼けてMilestone3がエラーで焼けないのは報告しましたが、この22も同じくダメでした。
    みんな普通に焼けてるのかな??
    改善できたらまた報告します(^^ゞ

    • クリムゾンさん

      build22のzipのチェックサムはどうなっていますか?
      「993e853750db93edc95ae486c45fd95d」でなければ、正常にROMをダウンロードできていないですよ~

  4. チェックサム???
    調べてみます!

  5. CWMをCDMA版を焼いていたんですが、GSM版に焼き直したら普通に22も焼けました(^^ゞ
    なんで21までは焼けたんだろ(^_^;)


Leave a comment

No trackbacks yet.



AndroidLover.Netトップに戻る