Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




Nexus6のアンビエントディスプレイは、未読通知がなくても机上やポケットなどからNexus6を取り出した時に自動で点灯する便利な機能【動画あり】

Posted on 12月 27, 2014

nexus6-ambient-display2
今回は、Nexus6のアンビエントディスプレイを紹介します。


Nexus6のアンビエントディスプレイについて

Nexus6には、アンビエントディスプレイという機能が搭載されています。

アンビエントディスプレイは、Nexus9などAndroid 5.0 LollipopにアップデートしたNexusデバイスには無い、Nexus6だけにある機能です。

机の上やポケットの中にあるNexus6は、このようにディスプレイはオフになっています。
nexus6-ambient-display1

Nexus6のアンビエントディスプレイは、机の上などに置いていたり、ポケットに入っている状態からNexus6を持ち上げるとロック画面とは違う黒背景のディスプレイが自動で表示されます。電源ボタンを押してディスプレイをオンにする必要がないのでとても便利です。
nexus6-ambient-display2

アンビエントディスプレイ状態でタップすると、通常のロック画面になり、ロック解除が可能になります。
nexus6-ambient-display3

動画をアップしたので、こちらをご覧ください。


Nexus6のアンビエントディスプレイの有効化/無効化方法

Nexus6のアンビエントディスプレイを有効化したり無効化する方法を以下に紹介しておきます。

Nexus6の通知領域を開いて設定アイコンをタップします。
nexus6-ambient-display5

「ディスプレイ」をタップします。
nexus6-ambient-display6

「アンビエント表示」にチェックを入れればアンビエントディスプレイを有効化、チェックを外せば無効化できます。
nexus6-ambient-display7


Nexus6のアンビエントディスプレイのバッテリーのもち

Nexus6のアンビエントディスプレイのオン時とオフ時でそれぞれバッテリーのもちが違います。

Nexus6のスペック表には、アンビエントディスプレイがオンの場合は250時間、オフの場合は330時間と記載されています。
nexus6-ambient-display9

Nexus6のバッテリーのもちを重視するならアンビエントディスプレイはオフにしておいた方がよさそうですが、一度Nexus6のアンビエントディスプレイを使うとずっとオンにしておきたくなる便利な機能だと私は感じています。

Nexus6はダブルタップでディスプレイオンの機能を削除されて発売されましたが、アンビエントディスプレイが代替として機能しているので無くても困らない状況です。

Nexus6のアンビエントディスプレイについては以上です。

なおNexus6には、今回紹介したアンビエントディスプレイの他にも便利な点があります。その詳細についてはNexus6を購入後3週間使ってみて分かった良い点・悪い点などのレビューとNexus6を使いこなすための使い方まとめ。を参照してください。

スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る