Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




Nexus6はAndroid 5.1 Lollipopでデータが暗号化された状態でのストレージの読み込み速度が約2倍、書き込み速度が約9倍アップしたことが判明。

Posted on 3月 17, 2015

android-5.1-random-read-write-speed-up1
Android 5.0 LollipopのNexus6は、データの暗号化の影響で読み書きのパフォーマンスが著しく低下していることがすでに分かっていますが、Nexus6Android 5.0 LollipopからAndroid 5.1 Lollipopへのアップデートで、データが暗号化された状態でのストレージの読み書き速度が大幅にアップしたことが分かりました。

スポンサーリンク



arstechnicaが行ったストレージのランダムリード/ライトのベンチマークテストの結果、Nexus6はAndroid 5.0 LollipopからAndroid 5.1 Lollipopへのアップデートで読み込み速度が1秒間で7.32MBから17.53MBと2倍以上、書き込み速度が1秒間で1.36MBから12.21MBと約9倍改善されていることが分かります。
android-5.1-random-read-write-speed-up1

なお、シーケンシャルリード/ライトの速度はAndroid 5.0 LollipopとAndroid 5.1 Lollipopで大きな違いは見られません。
android-5.1-random-read-write-speed-up2

franco.kernel開発者のFrancisco Franco氏によると、Android 5.1 LollipopのNexus6では「NEON instructions」という技術が使われているため、データ暗号化された状態でのストレージのランダムリード/ライトの速度が大幅に改善しているとのことです。

また同氏は、Nexus6のデータの暗号化は現時点ではソフトウェアレベルで行われていますが、ハードウェアレベルで行われればさらにパフォーマンスは向上すると予想しています。

なお、Android 5.1 Lollipopでは他にも細かい新機能や変更点があります。詳しくはAndroid 5.1 Lollipopの新機能・追加機能・変更点・使い方まとめ。を参照してください。

source:Google+ via:arstechnica

スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss




この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます



Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る