Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




Nexus6でデフォルトで有効になっている「端末の暗号化」の影響でパフォーマンスが大幅に低下しているこが判明。読み込み速度63%、書き込み速度が50%低下。

Posted on 11月 21, 2014

nexus6-encrypt-performance2
Nexus6でデフォルトで有効になっている「端末の暗号化」の影響でパフォーマンスが大幅に低下しているこが判明しました。

スポンサーリンク



AnandTechが、端末の暗号化を無効化したNexus6でディスクの読み込み速度と書き込み速度をテストした結果、読み込み速度が63%、書き込み速度が50%アップしたとのことです。
nexus6-encrypt-performance1
nexus6-encrypt-performance2
nexus6-encrypt-performance3

これにより、端末の暗号化がNexus6のパフォーマンスに大きく影響していることが分かりました。

アップデートでAndroid 5.0 LollipopになったNexusデバイスは、ファクトリーリセットで端末暗号化を無効にすることができるとのことです。

逆に、出荷時点ですでにAndroid 5.0 Lollipopが搭載されているNexus6Nexus9ではデフォルトで有効にされている端末の暗号化が初回起動時に強制的に実行されるだけでなく、後で無効化することもできません。

ただ、XDAではNexus6向けに強制的に端末暗号化を無効にしたboot.imgが公開されており、このboot.imgを導入することで端末の暗号化を無効にした状態でNexus6を利用することができます。

XDAのスレッドはこちら。
[How-To] Disable Forced Encryption

Nexus6を入手したら試してみようと思います。

2015/1/2追記
Nexus6の端末の暗号化解除を試してみました。手順など詳細はNexus6の「端末の暗号化」を強制的に解除する方法。を参照してください。


Androidのセキュリティをアップさせるための端末の暗号化が、パフォーマンスの改善を謳うAndroid 5.0 Lollipopにおいて現時点では足かせになっているのは残念ですね。

source:AnandTech via:Droid Life

スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る