Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




Nexus5にfranco.Kernel r32を導入。Liquid Smoothのバッテリー減りの速さが軽減。

Posted on 2月 7, 2014

franco-kernel-r32-nexus55
Nexus5用にfranco.Kernel r32を導入してみました。

スポンサーリンク



私は現在Liquid Smoothを使っていますが、バッテリーの減りが激しいのでカーネルを変えることにして、まずはfranco.Kernelにしてみました。


準備しておくこと

1.Nexus 5にカスタムリカバリを導入しておく。私はTWRPを使っています。TWRPの導入方法はNexus5にカスタムリカバリ TWRPを導入する方法。を参照してください。

2.カスタムリカバリ導入後、現在の状態をまるごとバックアップしておく。アプリとアプリデータだけであればTitanium Backupがおすすめです。


カーネルダウンロード

[KERNEL] [GPL] [N5] franco.Kernelからカーネルをダウンロードしておく。TWRPなどカスタムリカバリからインストールするならzipファイルをダウンロードしておきます。2014/2/6現在、franco.Kernel-nightly-r32.zipが最新です。



カーネルインストール方法

1.TWRPを起動後、「Install」をタップします。

2.ダウンロードしておいたカーネル「franco.Kernel-nightly-r32.zip」を選んでタップします。

3.「Swipe to Confirm Flash」を左から右にスライドします。

4.「Successful」と表示されたら、一度ホームアイコンをタップします。

5.「Wipe」をタップします。

6.「Advanced Wipe」をタップします。

7.「Dalvik Cache」と「Cache」にチェックを入れて「Swipe to Wipe」を左から右にスライドします。

8.「Successful」と表示されたら、ホームアイコンをタップします。

9.「Reboot」をタップします。

10.「System」をタップしてNexus5を再起動させ、通常に起動しアプリの最適化が始めればインストールは正常に完了です。

TWRPからのzipファイルインストール方法の画像つき詳細は、Nexus 5のRoot化方法・手順。を参照してください。


franco.Kernel r32の効果

今回franco.Kernelを導入した目的は、冒頭にも書いたとおりバッテリーの減りを改善したかったためです。

Liquid Smoothは速さ、スムースさともに素晴らしいのですが、私の環境ではバッテリーの減りが速いのがネックでした。

franko.Kernelを導入する前の状況です。バッテリー管理はBattery Mixで行っています。
13~16時までずっとディスプレイはオフでバッテリーの温度は上がっていないですが、コンスタントにバッテリーが減っています。
franco-kernel-r32-nexus51

稼働プロセスはこのような感じです。
franco-kernel-r32-nexus52

過去に、AndroidシステムやシステムUI、android.process.acoreなどが暴走することでバッテリーの減りが速くなることがありましたが、今回はそのような暴走も見られません。
franco-kernel-r32-nexus53

原因がよく分からないのでカーネルを変えてみようと思い、franco.Kernelを導入してみました。
その結果がこちらです。1時間で1%も減っていません。インストールしているアプリなど導入前と後の環境は全く同じで、違うのはカーネルのみです。なお、DISPLAYがずっとグリーンで常にディスプレイをオンにしているように見えますが、実際はディスプレイは12~16時前までほとんどオフのままでした。
franco-kernel-r32-nexus54

なお、CPUの設定は最大クロック数が2265MHz、最小クロック数が300MHz、ガバナーはinteractive、I/Oスケジューラはrowの環境です。
franco-kernel-r32-nexus55

franco.Kernelに変更したことで、Liquid Smoothのデフォルトのカーネルの時よりもスクロール時の引っかかりなどが少し目立つようになりましたが、他のROMよりもはるかにスムースに動いていますし、何よりバッテリーが持つようになったのが嬉しいです。

しばらくはLiquid Smoothとfranco.Kernelの組み合わせで使ってみて、他のカーネルも試してみようと思います。

速さ・スムースさとバッテリーの持ちを両立させたい人は、この組み合わせを是非試してみてください。

Nexus 5の使い方に関する記事一覧
Nexus 5に関する記事一覧
Nexus 5のスペックその他に関する情報まとめ

スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss




この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます



Comments (3) Trackbacks (0)
  1. 私も、LiquidSmoothにはfranco kernelを入れて使っていますが、ROMをAOKPにして導入するとGoogleの画面でループして起動しませんでした!LiquidSmoothとストックROMでは導入出来るのですがね。ちなみに、CM-11でもダメでしたよ。

    • kuさん

      情報ありがとうございます!
      Cyanogenmodはほとんどのカーネルが使えないので理解できますがAOKPもダメなんですね。

  2. AOKPもCMベースのkernelを使っているのでダメなようですね。


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る