Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




Nexus5にLiquidSmooth v3.0 Betaを導入。Vanir並みの速さを持ちつつナビバーのカスタムも自由にできる超多機能カスタムROM。

Posted on 1月 20, 2014

nexus5-liquidsmooth-v3.0-beta8
Nexus5用のLiquidSmooth v3.0 Betaがリリースされたので導入してみました。

スポンサーリンク



1.Nexus 5にカスタムリカバリを導入しておく。私はTWRPを使っています。TWRPの導入方法はNexus5にカスタムリカバリ TWRPを導入する方法。を参照してください。

2.カスタムリカバリ導入後、現在の状態をまるごとバックアップしておく。アプリとアプリデータだけであればTitanium Backupがおすすめです。

3.ROMやアプリ+アプリデータのバックアップ後、カスタムリカバリからwipe data/factory resetを実施しておきます。

4.@docomo.ne.jpアドレスの運用については、選択肢が2つあります。
iMoNiやIMoNiWakeUpといったiモード+imode.netを利用する方法とドコモメールをIMAP対応メールクライアントアプリで送受信する方法です。
iMoNiの使い方はIMoNi:Nexus 4やNexus 7など、SPモード非対応のSIMフリー端末などでiモードメールを送受信できる定番アプリ。を参照してください。

IMoNiWakeUpの使い方はIMoNIWakeUp:IMoNiをプッシュで通知してiモードメールをほぼリアルタイムに受信できる、SIMフリー端末のIMoNiユーザーに必須アプリ。を参照してください。

私が現在利用しているのは、ドコモメールをIMAP対応メールクライアントアプリで送受信する方法です。設定方法などの詳細はNexus5やNexus7などSIMフリー端末でドコモメールをIMAPを利用して送受信するための設定方法。を参照してください。


ROM:XDAのLiquid SmoothスレッドからROMをダウンロードしておく。

Gapps:私はParanoidAndroidのGappsをダウンロードして使いました。PAのGappsはOFFICIAL 0-Day PA-GOOGLE APPS (All ROM's)の「GOOGLE STOCK PACKAGE」をダウンロードしました。

SuperSU:SuperSUから、最新のSuperSUをダウンロードしておく。2014/1/16現在はv1.89です。

Myupdate.zip:Myupdate.zipを使えばフォントの変更とTitanium Backupのインストールを自動で行えるので、ROM焼きの際の手間が省けます。Myupdate.zipは、Nexus5用Myupdate.zip。フォント変更、Titanium Backupのインストールなどを一発で適用。から内容の確認とダウンロードができます。


1.TWRPを起動後、「Install」をタップします。

2.ダウンロードしておいたROM「Liquid-Kitkat-v3.0-NIGHTLY-hammerhead.zip」を選んでタップします。

3.「Add More Zips」をタップします。

4.ダウンロードしておいたGapps「pa_gapps-stock-4.4.2-20140117-signed.zip」をタップします。

5.「Add More Zips」をタップします。

6.ダウンロードしておいた「UPDATE-SuperSU-v1.89.zip」をタップします。

7.Myupdate-Hummerhead-KitKat-v1.0.zipをダウンロードしている場合は、「Add More Zips」をタップします。

8.ダウンロードしておいた「Myupdate-Hummerhead-KitKat-v1.0.zip」をタップします。

9.「Swipe to Confirm Flash」を左から右にスライドします。

10.「Successful」と表示されたら、「Reboot System」をタップしてNexus5を再起動させ、初期設定画面が表示されればインストールは正常に完了です。

TWRPからのzipファイルインストール方法の画像つき詳細は、Nexus 5のRoot化方法・手順。を参照してください。


Nexus5は、メインのROMとは別のROMをインストールしてデュアルブート(マルチブート)でROMを切り替えて使うことも可能です。

とりあえず試してみたい場合は、デュアルブートのサブROMとしてインストールした方がメインのROMをそのまま残した状態で新しいROMを試せるので便利です。

Nexus5のデュアルブート化手順は、Nexus5をMultiROMでデュアルブート(マルチブート)化して、SlimKatとCyanogenModなど複数のROMを切り替えて使う方法。を参照してください。


それではLiquidSmooth v3.0 Betaの機能を見ていきます。

Interface

まずInterfaceです。
nexus5-liquidsmooth-v3.0-beta1

VanirやSlimKatに実装されている機能がほとんどです。Recents RAM barを見てみます。
nexus5-liquidsmooth-v3.0-beta2

ここでは、アプリ使用履歴に表示させるRAMバーのカスタムが可能です。Recent RAM bar modeをタップします。
nexus5-liquidsmooth-v3.0-beta3

RAMバーとして表示させるものを選ぶことができます。「Applications」を選んでおけば、実際のRAMの空き容量と同じになります。
nexus5-liquidsmooth-v3.0-beta4

「Clear recents position」をタップしてみます。
nexus5-liquidsmooth-v3.0-beta5

アプリ使用履歴一括削除ボタンの位置を決めることができます。Vanirは右上以外に選択の余地はありませんが、私は右下で使いたいのでこの機能はうれしいです。
nexus5-liquidsmooth-v3.0-beta6
nexus5-liquidsmooth-v3.0-beta7

また、RAMバーの色もカスタムできます。
nexus5-liquidsmooth-v3.0-beta8

どんな色にでも変えることができます。
nexus5-liquidsmooth-v3.0-beta9

「Vibration multiplier」では、バイブの強さを変更できます。
nexus5-liquidsmooth-v3.0-beta10

1.0がデフォルトで、1.0以下は弱く、1.0よりも大きな数値は強くなります。
nexus5-liquidsmooth-v3.0-beta11


Lockscreen

次にLockscreenです。
nexus5-liquidsmooth-v3.0-beta12

「Interface」では、ロック画面のスライドショートカットの設定が可能です。
nexus5-liquidsmooth-v3.0-beta13

スライドショートカットを8個まで置けたり、ショートカットの指定をここでしていきます。
nexus5-liquidsmooth-v3.0-beta14

「Notifications」では、Vanirにも最近実装されたLockscreen Notificationsを設定できます。
nexus5-liquidsmooth-v3.0-beta15

ポケットモードなど、Vanirの設定とほぼ同じです。
nexus5-liquidsmooth-v3.0-beta16

「Hide non clearable」にチェックを入れておくと、LMT Launcherなど通知領域に常駐するアプリをLockscreen Notifiationsで表示させなくできるので便利です。
nexus5-liquidsmooth-v3.0-beta17

次に「Style」です。
nexus5-liquidsmooth-v3.0-beta18

「Style」では、ロック解除アイコンの変更やロック画面の配色変更が可能です。
nexus5-liquidsmooth-v3.0-beta19

次は「Widgets」です。
nexus5-liquidsmooth-v3.0-beta20

ウィジェットの有効/無効やJellyBeanのようにカメラウィジェットを置くかどうか、ウィジェット最大化の設定などが可能です。
nexus5-liquidsmooth-v3.0-beta21

その他の設定で「Blur background」にチェックを入れると・・・
nexus5-liquidsmooth-v3.0-beta23

ロック画面が透過されますが、背景をぼかすことができます。
nexus5-liquidsmooth-v3.0-beta24


Navigation

次に「Navigation」です。
nexus5-liquidsmooth-v3.0-beta25

「Navigation」では、ナビゲーションバーの設定が可能です。VanirはAndroid4.4.2のAOKPのナビバー設定ですが、メニューキーの両サイド表示ができなくて不便です。
Liquid SmoothはSlimKat(JellyBeanなAOKP)のナビバー設定なので自由度が高くこちらの方が個人的には使いやすいです。
nexus5-liquidsmooth-v3.0-beta26


Status bar

次に「Status bar」です。
nexus5-liquidsmooth-v3.0-beta27

「Status bar」では、バッテリー残量アイコンの変更や通知数表示などの設定が可能です。
nexus5-liquidsmooth-v3.0-beta28


Active display

次に「Active display」です。
nexus5-liquidsmooth-v3.0-beta29

Active displayはMoto Xに実装されている機能で、画面オフ時でも通知をロック画面に表示してくれる機能です。設定内容はVanirとほぼ同じです。
nexus5-liquidsmooth-v3.0-beta30
nexus5-liquidsmooth-v3.0-beta31


Bubble options

次に「Bubble options」です。
nexus5-liquidsmooth-v3.0-beta32

BubbleはParanoidAndroidのHaloのことです。「Enable Bubble」にチェックを入れると・・・
nexus5-liquidsmooth-v3.0-beta33

Haloを置くことができるようになります。
nexus5-liquidsmooth-v3.0-beta34


Notificaiotn drawer

次に「Notification drawer」です。
nexus5-liquidsmooth-v3.0-beta35

Notification drawerでは、通知領域の透過設定やクイック設定パネルのカスタマイズが可能です。
nexus5-liquidsmooth-v3.0-beta36


その他設定

ここからはその他の設定を見ていきます。

ボリュームキーで画面オンの設定はディスプレイから行います。
nexus5-liquidsmooth-v3.0-beta37

「Volume rocker wake」にチェックを入れればOKです。
nexus5-liquidsmooth-v3.0-beta38

「Buttons」を見てみます。
nexus5-liquidsmooth-v3.0-beta39

ButtonsではGalaxyシリーズなどハードウェアキー搭載端末のキーの設定が可能です。Nexus5には直接関係のない項目です。
nexus5-liquidsmooth-v3.0-beta40

「Themes」はテーマを変更できます。
nexus5-liquidsmooth-v3.0-beta41

Theme Chooserを使っています。Theme Chooserを使ったテーマ変更方法などは、Galaxy Nexus(SC-04D)にTheme Chooserを使ってテーマを適用する手順。を参照してください。
nexus5-liquidsmooth-v3.0-beta42


Liquid Smoothは1年半ほど前にGalaxy Nexusに導入したことがあり、その時も動きの速さやスムースさが印象的でしたが、Nexus5でもかなり速くてスムースです。

今私がメインで使っているVanirと同じぐらいです。

また、Liquid SmoothにはVanirにはないナビゲーションバーのカスタマイズの自由度の高さとSlimKat以上のカスタム項目があります。

現状、App SettingsでアプリごとのDPIの変更が反映されないバグもありますが、特にナビバーの自由度の高さは重要です。

今後しばらくはVanirとLiquid Smoothの2つのNightlyを試してみようと思います。

Nexus 5の使い方に関する記事一覧
Nexus 5に関する記事一覧
Nexus 5のスペックその他に関する情報まとめ

スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (2) Trackbacks (0)
  1. いつもこちらではお世話になってます。なかなかしゃれたいいromですね。最近ではずいぶんカスタマイズの幅が広がってきて、これからもどんなromがでるのかわくわくします。
    私は、CL3kenerの方を入れたのですが、それですとvolume rocker wakeがbuttonsのほうの項目にありました。rastakatなんかもいろんなバージョンがあるし、なんかまごつきます

    • uemuraさん

      いつも遊びに来ていただいてありがとうございます!
      私もLinaroなカスタムROMはほぼ全て試して、その他ではrastakatなども試してみたんですが、今はLiquid Smoothが一番速くてスムースだと感じます。
      なので、しばらくはLiquid Smoothを常用するつもりです。


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る