Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




Touch Control:Nexus4版PGM Nexus。左から右になぞると画面オフ、右から左になぞると画面オンにできる必須アプリ。

Posted on 1月 17, 2013

touchcontrol21
今回は、Nexus4版のPGM Nexus、Touch Controlがリリースされました。

スポンサーリンク



なおTouch Controlを使うには、Nexus4のRoot化が必要です。

もしまだRoot化していない場合は、Nexus 4のRoot化方法・手順。を参照してください。

root化・カスタムrom・カスタムカーネル・各種Mod等の導入によって、キャリアとメーカーの補償は一切きかなくなります。

また、作業中にデータが消えたり、Nexus 7が起動しなくなってしまったとしても、当方では一切責任は負えません。

全て自己責任で作業を行ってください。



Touch Controlは、2013/1/17現在AOSPのストックカーネルとCyanogenmodのデフォルトカーネルに対応しています。
Franco Kernelなどのカスタムカーネルを導入している場合は、エラーで使えない可能性があります。

一度Touch ControlをONにしてエラーが表示されるようであれば、AOSP系のカスタムROMであればストックカーネルに、CyanogenmodベースのカスタムROMであればそのカスタムROMを再度焼きなおします。

なお、ストックカーネルに戻すには、Faux123氏作成のJellyBean 4.2.x Reset kernel for STOCK ROMs ONLYをリカバリから焼くのが一番簡単です。


ここからは、Touch Controlの設定と使い方を紹介します。

使い方は、Galaxy Nexus(SC-04D)のPGM Nexusと同じなので、詳しくはこちらを参照してください。

Touch Controlを起動させると、端末を壊す可能性があるといった警告が表示されるので「OK」をタップします。
touchcontrol1

画面下のLoadがOFFになっているので、そこをタップします。
touchcontrol2

スーパーユーザーリクエストが表示されるので、「許可」をタップします。
touchcontrol3

カーネルが対応していない旨のエラーが表示されました。
touchcontrol4

私はTouch Controlがリリースされるまで、Sweep2WakeというTouch Controlと同じ機能が使えるBricked Kernelを使っていましたが、このカーネルではTouch Controlが使えないようです。
導入しているカスタムROMはJellyBeerですが、JellyBeerはCyanogenmodベースのカスタムROMなので、再度JellyBeerとGappsなどを上書きでインストールして、Cyanogenmodデフォルトのカーネルに戻しました。
インストールしなおすことでDPIグループなどが初期化されてしまって、再度設定する必要があるのが少し面倒でした。
touchcontrol5

JellyBeerを焼きなおした後のカーネルはキャプチャの通りです。
touchcontrol6

再度Touch Controlを起動させて警告は「OK」をタップします。
touchcontrol7

LoadのOFFをタップしてONに切り替えます。
touchcontrol18

今度はslide2wake、slide2lock、slide2media_next、touch2wake、doubletap2wakeが表示されました。使える機能もPGM Nexusと全く同じですね。
touchcontrol19

私はslide2wakeとslide2lockのみを使っています。
slide2wakeの設定はキャプチャの通りです。
設定はPGM Nexusの記事を参照してください。
touchcontrol20

slide2lockの設定は下のキャプチャの通りです。
これらの設定にしておくと、ソフトキー部分を右から左にスワイプすると画面オフに、ディスプレイ中央あたりを左から右にスワイプすると画面オンになります。
touchcontrol21
Touch Controlの設定と使い方は以上です。

使い方はBricked KernelのSweep2Wakeと全く同じですが、Touch Controlはスワイプの始点や終点などを細かく設定できてより使いやすくカスタムできるので、私にとっては必須アプリです。

Touch Controlは無料版と有料版があるので、一度無料版で試してみることをおすすめします。


スポンサーリンク


アプリをAndroidデバイスからダウンロード
(QRコードからインストールもできます)


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (7) Trackbacks (0)
  1. タッチパネルは常時通電していても劣化しないのでしょうか?

    • poiさん

      私はGalaxy Nexusで1年弱ほどPGMを使っていましたが、タッチパネルの劣化を感じたことは全くないですね。

  2. はじめまして、こんにちは。

    Android端末をroot化する際にこちらのサイトを毎回参考にさせて頂いています。

    このアプリについて1つ質問なのですが、このアプリはroot化したAndroid4.3のNexus4でも利用可能でしょうか?

    • 通行人Aさん

      Touch Controlは、Root化しているかどうかが問題ではなく、カーネルがTouch Controlに対応している必要があります。
      デフォルトのカーネルは対応していないので、対応しているカスタムカーネルを導入しないといけないですね。

      • AndroidLover様

        リプライ頂き、ありがとうございます。
        現在所持しているNexus4は4.3でRoot化済み、CWMを導入したデフォルトカーネルの状態です。
        そこで、GooglePlayから「Touch Control Free PGM Nexus4」をインストールし起動。
        LoadをONにすると以下のモジュールが表示されるのですが、このうち対応しているものはありますでしょうか?

        Semaphore N4 1.5.8
        Franco Nightly #178
        Faux Stock Plus #17
        Faux Stable #25m
        Franco (4.2.2) Milestone #3
        Ponury stock Stable #1

        • 通行人Aさん

          Touch Controlは電池食いなので私は現在使っていません。
          どのカーネルが対応しているかも個別には確認しないので、ご自分で実際にN4にカーネルを入れて試してみる事をおすすめします。

          • AndroidLover様

            リプライ頂き、ありがとうございます。
            バッテリーの消費が早くなるのはよろしく無いですね。
            カーネルについてもありがとうございます。試してみます。


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る