Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




Nexus 4へのTWRP導入方法・手順。

Posted on 12月 2, 2012


今回は、Nexus 4へのTWRP導入方法・手順を紹介します。

スポンサーリンク



Nexus 4へのTWRP導入は、ドライバインストールで使用した NEXUS 4 TOOLKITは使いません。

NEXUS 4 TOOLKITからの導入ではTWRPが正常に起動しないので、私はGooManagerから導入しました。

ブートローダーアンロックやカスタムリカバリ導入、カスタムROMの導入によって、メーカーの補償は一切きかなくなります。
また、作業中にデータが消えたり、端末が起動しなくなってしまったとしても、当方では一切責任は負えません。
全て自己責任で作業を行ってください。


1)Nexus 4のブートローダーをアンロックしておく。アンロック方法はNexus 4のブートローダーアンロック方法。を参照してください。なお、ブートローダーをアンロックすると、Nexus 4の内部ストレージも含めた全てのデータが消去されます。必ずデータのバックアップをしておいてください。

2)Nexus 4をRoot化しておく。Nexus 4のRoot化方法は、Nexus 4のRoot化方法・手順。を参照してください。

3)GooManagerをインストールしておく。GooManagerについては、Galaxy Nexus(SC-04D)でカスタムROM・Google Appsなどの複数のzipファイルを一度にまとめてインストールする方法。を参照してください。

それでは、Nexus 4へのTWRP導入方法です。

GooManagerを起動して、右上のメニューアイコンをタップします。


「Install OpenRecoveryScript」をタップします。


TWRPのインストール確認が表示されるので「Yes」をタップします。



TWRPのダウンロードが始まります。完了するまでしばらく待ちます。


ダウンロードが完了すると、自動でNexus 4へのTWRPのインストールが始まります。


「Recovery has been installed!」と表示されれば、TWRPの導入は完了です。


念のため、Reboot recoveryをタップしてリカバリを起動してみます。


TWRPが起動すれば導入は成功です。

Nexus 4へのTWRP導入方法・手順は以上です。
スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (3) Trackbacks (0)
  1. goomanagerを使いカスタムROMを焼いてみたのですがベースバンドバージョンが不明となり通信ができなくなってしまいました。
    カスタムROMのバグかと思いストックロムを焼いてみましたが通信できないままです。
    この場合どのように戻したら良いのでしょうか?

  2. fastbootでradio焼いてますか?


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る