Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




新型Nexus7(2013)をMultiROMでデュアルブート(マルチブート)化して、複数のROMを起動する方法。

Posted on 10月 26, 2013


今回は、新型Nexus7(2013) WiFiモデルをMultiROMでデュアルブート(マルチブート)化する方法を紹介します。

スポンサーリンク



Nexus7(2012)では、UbuntuやカスタムROMをデュアルブートにして使っていたMultiROMですが、新型Nexus7(2013)でも使えるようになっています。

なお、今回の方法は新型Nexus7(2013) WiFiモデルとLTEモデルのどちらにも対応しているとのことです。

今回、私はLTEモデルをデュアルブート(マルチブート)化しました。


ブートローダーアンロックやカスタムリカバリ導入、カスタムROMの導入によって、メーカーの補償は一切きかなくなります。
また、作業中にデータが消えたり、端末が起動しなくなってしまったとしても、当方では一切責任は負えません。
全て自己責任で作業を行ってください。



1.新型Nexus7(2013)のブートローダーをアンロックしておく。
手順は、Wi-Fiモデルは新型Nexus7(2013)のブートローダーアンロック(Bootloader Unlock)方法。を、LTEモデルは新型Nexus7(2013) LTEモデルのブートローダーアンロック(Bootloader Unlock)方法。を参照してください。どちらも内容は同じです。

2.新型Nexus7(2013)のバックアップをしておきます。ROMまるごとであればTWRPから、アプリとアプリのデータはTitanium Backupでバックアップしておきます。バックアップしたファイルは、PCにもコピーしておくことをおすすめします。


ダウンロードしておくファイルは4つです。MultiROM(XDA)よりダウンロードします。

①MultiROM本体(multirom-2013xxxx-vx-flo.zip)

②MultiROMに対応させた改造版TWRP(TWRP_multirom_flo_2013xxxx.zip)

③MultiROMに対応させるkezec-hardboot patchが適用されたカーネル(kernel_kexec_flo_xxx.zip)CyanogenModがメインROMの場合は、CM10.2と書かれているカーネルをダウンロードしておきます。私はストックROMを使っているので、「stock 4.3」をダウンロードしました。
③'kezec-hardboot patchが適用されたカスタムカーネルもあります。③と③'はどちらか1つでOKです。

④MultiROMでインストールしたメインでないROMをアンインストールしたいときに使うアンインストーラー。必要であればダウンロードしておきます。



私の新型Nexus7(2013) LTEモデルは、現在ストックROMのままです。

今回は、MultiROMを使ってストックROMとP.A.C ROMのデュアルブートにしていきます。

今回デュアルブート用に焼いたROMは、[ROM][RC/NIGHTLY][OFFICIAL]P.A.C True All in 1 ROM - Flo/DebのNightlies(2013/10/19現在pac_deb-nightly-20131018.zip)とgapps-jb-20130813-signed.zipです。

今回導入したP.A.C ROMは、起動語に言語を選択すると強制終了してしまって先に進めません。
メインのROMとして通常に導入しても同じように強制終了することから、MultiROMが原因では無くROM自体が原因のようなので、他のROMで試してください。

このCM10.2のROMは、今回紹介する手順のインストールを行って正常起動と動作を確認しています。
[UNOFFICIAL][4.3] CyanogenMod 10.2 Nightlies for the Nexus 7 (LTE)



ここからは、実際にMultiROMを使って新型Nexus7(2013)をデュアルブート化していきます。

MultiROM対応の改造版TWRPを導入

MultiROM対応のTWRPの導入方法は通常のTWRPのインストール方法と同じですが、今回はFlashify (for root users)というアプリから直接TWRPをインストールしてみます。

FlashifyからTWRPをインストールするには新型Nexus7(2013)のRoot化が必要です。Root化していない場合は、新型Nexus7(2013) LTEモデルにカスタムリカバリ TWRPを導入する方法。を参照して、TWRP改造版を導入してください。

Flashify (for root users)を起動すると、注意事項が表示されるので「Accept」をタップします。


スーパーユーザーリクエストが表示されるので「許可」をタップします。


今回はRecoveryを導入するので、「Recovery image」をタップします。


ファイルを選択するためのアプリを選びます。私はFile explorerを選びました。


ダウンロード②でダウンロードしておいた改造版TWRPを選んでタップします。


導入するか尋ねてくるので「Yup!」をタップします。


「Flash Complete」と表示されれば、改造版TWRPの導入は完了です。



MultiROM本体をインストール

MultiROM用のTWRP改造版の導入が完了したら、まずダウンロード①のMultiROM本体をインストールします。

新型Nexus7(2013)でTWRPを起動後、「Install」をタップします。
nexus7-3013-multirom-dualboot2

multirom-2013-xxxxxxxxx-flo.zipをタップします。
nexus7-3013-multirom-dualboot3

「Swipe to Confirm Flash」を左から右にスワイプしてインストールを始めます。
nexus7-3013-multirom-dualboot4

「Successful」と表示されたら、「Home」をタップします。
nexus7-3013-multirom-dualboot5
MultiROM本体のインストールは以上です。


MultiROM本体をインストール

次に、ダウンロード③のMultiROM対応のカーネルをインストールしていきます。

「Install」をタップします。
nexus7-3013-multirom-dualboot6

「kernel_kexec_flo_xxx.zip」をタップします。
nexus7-3013-multirom-dualboot7

「Swipe to Confirm Flash」を左から右にスワイプしてインストールを始めます。
nexus7-3013-multirom-dualboot8

「Successful」と表示されたら、「Home」をタップします。
nexus7-3013-multirom-dualboot9
MultiROM対応のカーネルのインストールは以上です。


デュアルブート用のROMをインストール

いよいよ、ここからデュアルブート用のROMをインストールしていきます。

「Advanced」をタップします。
nexus7-3013-multirom-dualboot10

「MultiROM」をタップします。
nexus7-3013-multirom-dualboot11

「Add ROM」をタップします。
nexus7-3013-multirom-dualboot12

ROM typeはAndroidで、Share kernelの項目は「Don't share」にして、「Next」をタップします。
nexus7-3013-multirom-dualboot13

デュアルブート用のROMのzipファイルを選択していきます。
「Zip file」をタップします。
nexus7-3013-multirom-dualboot14

ダウンロードしておいたROMのzipファイルをタップして選びます。
nexus7-3013-multirom-dualboot15

「Swipe to Confirm」を左から右にスライドさせます。
nexus7-3013-multirom-dualboot16

「Successful」と表示されたら、次はGappsをインストールしていきます。一度ホームアイコンをタップします。
nexus7-3013-multirom-dualboot17

再度「Advanced」をタップします。
nexus7-3013-multirom-dualboot18

「MultiROM」をタップします。
nexus7-3013-multirom-dualboot19

「List ROMs」をタップします。
nexus7-3013-multirom-dualboot20

先程インストールしたROM名をタップします。
nexus7-3013-multirom-dualboot21

「Flash ZIP」をタップします。
nexus7-3013-multirom-dualboot22

Gappsをタップして選びます。
nexus7-3013-multirom-dualboot23

「Swipe to Confirm Flash」をタップします。
nexus7-3013-multirom-dualboot24

「Successful」と表示されれば、ROMとGappsのインストールは完了です。
nexus7-3013-multirom-dualboot25


MultiROMの使い方

最後に、MultiROMを使ったデュアルブートの使い方を紹介します。

デュアルブート用のROMのインストール完了後、「Reboot System」をタップするか、通常に再起動してください。
nexus7-3013-multirom-dualboot25

するとMultiROMが起動して、ROM選択画面になります。Auto-bootのカウントが0になるまでディスプレイにタッチしなければ、元のROMが自動で起動します。カウントが0になる前にディスプレイをタップすると、起動させたいROMを選択できるようになります。
nexus7-3013-multirom-dualboot26

今回はデュアルブート用のROMをタップしてチェックを入れて、右下の「Boot」をタップします。
nexus7-3013-multirom-dualboot27

「Booting ROM...」と表示されるのでしばらく待ちます。
nexus7-3013-multirom-dualboot28

インストールしたROMのブート画面が表示されます。
nexus7-3013-multirom-dualboot29

初期設定画面が表示されれば成功です。あとは初期設定などを行って普通どおりに使ってください。
nexus7-3013-multirom-dualboot30


MultiROMを使うと、2つだけでなく3つ4つと容量が許すまでROMを導入することができます。

カスタムROMで気になるものを試しに焼く時や、Root化すると正常に動かないアプリ対策で、そのようなアプリを使う時は非RootのROMを使って、そうでない時はカスタムROMを使うといった使い分けもできますね。

MultiROMは色々な使い方ができると思うので、気になる人は試してみてください。

新型Nexus7(2013)をMultiROMでデュアルブート(マルチブート)化して、複数のROMを起動する方法は以上です。

新型Nexus7(2013)の使い方に関する記事一覧

新型Nexus7(2013)の記事一覧

スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (6) Trackbacks (0)
  1. この方法でwindowsXPやback trackなどを起動させることは出来ないのですか?

    • yuuさん

      Windowsはライセンス的にまず無理だと思います。backtrackは私は使ったことがないので分かりませんが、他機種では使えるものもあるようです。

  2. 何故、choose rom type がandroidの項目だけなんですか?
    2013モデルにはubuntu入れれないんですかね?

    • tさん

      現状、2013にはubuntuはMultiROMからは入れられないです。
      今後導入できるようになるといいですね!

  3. 初期romをインストールしたいんですけどどこでダウンロードできますか?Nexus7 2013 wifiモデルです

  4. 初期romをインストールしたいんですけどどこでダウンロードできますか?


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る