Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




Nexus 7版AOKP JB Build 4レビュー。

Posted on 10月 4, 2012


今回はNexus 7でAOKPを使ってみた感想です。

スポンサーリンク



root化・カスタムrom・カスタムカーネル・各種Mod等の導入によって、キャリアとメーカーの補償は一切きかなくなります。

また、作業中にデータが消えたり、Galaxy Nexus(SC-04D)が起動しなくなってしまったとしても、当方では一切責任は負えません。

全て自己責任で作業を行ってください。


AOKP JB Build4の導入方法などは、AOKP JellyBean Build 4リリース。追加機能まとめ。を参照してください。

ここからは、Nexus 7でAOKPを使ってみた感想です。

AOKPの機能については、AOKPの記事を参照してください。

デフォルトがPhablet UI

Galaxy Nexus(SC-04D)やGalaxy S3(SC-06D)のAOKPはデフォルトでPhone UI(スマートフォンのUI)だったので、Nexus 7もPhone UIだと思っていました。

ですがNexus 7に実際にAOKPを導入してみると、Phablet UI(Nexus 7のデフォルトUI)でした。


Nexus 7版AOKPには、ROM Control⇒General UIのLCD Density(画面密度)のデフォルト値選択にNexus 7が追加されています。
また、ここからフォンUIやタブレットUIに変更することも可能です。いろいろ試して、自分に合ったものに変更することができますね。


ナビゲーションバーをフル活用できる

ナビゲーションバーのソフトキーを自分の好きなように変更できる機能を最初に実装したのは、CyanogenmodではなくAOKPでした。

現在はAOKPと同じようにナビゲーションバーをカスタムできるROMはたくさんありますが、どのROMもAOKPの機能をそのまま持ってきているだけです。

そういう意味では、AOKPは現在のカスタムROMの中でもオリジナリティが極めて高く、今後も最重要なROMであることは間違いないでしょう。

私はAOKP Build XからAOKPを導入していますが、ナビゲーションバーだけでほとんどの機能を起動できるのがAOKPを使う一番大きなメリットだと思います。

AOKPはBuild4の時点で以下のキャプチャの機能を割り当てることができます。

ウィジェット起動は、JellyBean版ではまだ機能が実装されていない為、使えません。
「アプリ起動」を選べば、インストールしているアプリをソフトキーに割り当てることができます。


AOKPはナビゲーションバーに7つまでソフトキーを配置することができますが、Galaxy Nexus(SC-04D)で7つソフトキーを配置すると、ソフトキーの間隔が狭く感じて誤操作してしまうことがありました。


ですがNexus 7の大画面なら、ソフトキーを7つ配置しても間隔があるため誤操作もなく、快適に使えます。


また、ナビゲーションバーリングのショートカットも、5つおいてもショートカット間の間隔も広いのでより便利に使えます。


操作性は滑らか・スムース

スクロールや画面遷移時の動きは、非常に滑らかでスムースです。

Cyanogenmodベースで動きが軽快なParanoidAndroidと比べても、同等の軽快さだと思います。


Nexus 7版AOKP JB Build 4の簡単なレビューは以上です。

Nexus 7でナビゲーションバー回りを充実させたいなら、一度AOKPを導入してみることをおすすめします。
スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (19) Trackbacks (0)
  1. 昨日家電量販店で予約してきました!
    ひと足遅く流れに参加させていただきます♪

  2. 私もnexus7入手し、早速こちらを参考にさせていただき
    カスタムROMを導入しようと作業しております。
    そこで教えていただきたいのですが、GalaxyNexusのROMには
    magroが冠されていましたが、nexus7ではgrouperというのが
    対応ROMでよろしいのでしょうか?

  3. ブートローダ起動後、Recovery選択、電源ボタン後
    google画面でフリーズしました!?
    どうすればよいでしょうか?
    分かれば教えて下さい(泣)

  4. RecoveryはTWRPを入れてみました。
    入れた直後はTWRPも起動し、OSも起動しましたが、
    Aokpのbuild4とgappsを内部ストレージ直下に保存し、
    これから導入しようと思った矢先に上記症状です。

  5. 電源ボタン長押しからの再起動で、デフォルトROMで
    起動しました。とりあえず「ホッ」です。
    CWMで試してみようと思っておりますが、同じ症状の
    方はいらっしゃいますか?

  6. QuickBootにてTWRP起動しました。
    AOKP grouper build4および、gappsをInstallし、
    いざ、再起動!…
    AOKPのBootAnimationが永遠回り続けております。
    私のNexus7はどうしたのでしょうか…
    何かアドバイスなどありましたらご教授ください。

  7. Mutsさんこんばんは!
    ROMがきちんとダウンロードされてない可能性もあります。確認方法としては元ファイルの容量と自分の落としたファイルの容量を比べると分かり易いです。
    純正のROMがリストアで起動しているのにAOKPB4が起動しないのも不自然なので。
    また、友人が間違えた実例ですが、管理人様の作成された日本語化ファイルをROMと勘違いしていた事がありました。その場合もgoogleロゴから進まない症状になったと聞きました。
    あせらず、1から手順を踏めば必ず導入できるはずですのでがんばって下さい!!!

  8. ROM焼きの失敗原因第一位 「Wipe・・・とはなんですかな?」

  9. ついに来ました!Nexus7!
    とりあえずツールを使わずに手動で全部やってみました。

    1.bootloaderを立ち上げて fastboot oem unlock でbootloaderはアンロック完了
    2.fastboot reboot-bootloaderしてからfastboot boot recovery-clockwork-touch-6.0.1.0-grouper.imgでCWMを立ち上げて純正ROMをバックアップ。
    3.adb push ファイル名 /data/media/ でAOKPのファイル等をコピー
    4.fastboot flash recovery recovery-clockwork-touch-6.0.1.0-grouper.img でCWMを焼く。
    5.fastboot reboot-bootloaderしてからCWMを起動してAOKPをインストール。

    これで全部できました。
    やっぱリファレンス機は使いやすいですね。

    折をみてParanoid Androidも試してみようと思います。

  10. 皆様アドバイスありがとうございます。
    ROMは aokp_grouper_jb_build-4.zipです。
    容量は132,142KBです。
    Wipeについて確認させてください。
    CWM起動し、advanced>WipeDalvikCache、WipeBatteryStats
    を行なっております。
    GalaxyNexusでは
    Android_Revolution_HD_Super_Wipe_Lite_Nexus.zip
    Install後ROMのInstallを行なっておりますが、
    nexus7ではsuperwipeは行わず、
    install zip from sdcardからROMを選択しています。
    この工程に不備、追加事項は御座いますか?
    ご教授おねがいします。

  11. ありがとうございます!
    教えて頂いた通り、 Wipe data/factory reset、
    Wipe cacheを行ったところ導入できました。
    完全に素人な私を助けて頂き感謝しております!
    Android_Revolution_HD_Super_Wipe_Lite_Nexus.zipは
    Wipe data/factory reset、Wipe cacheを行なってくれて
    いると言うことなのですね?
    これで楽しくnexus7と付き合えます!
    有難うございました!

    • 某所のGalaxyNexus用の説明文ですがこんな感じです



      ~wipeについての備忘録~

      ○fastbootからのwipe
      ex. fastboot erase system、erase userdata、erase cache・・・
      →なんの配慮もなく吹き飛ばします。
      erase userdataは/data領域以下を全部飛ばすので当然sdcard領域(/data/media)も死亡。
      ちなみにoem lock(あるいはunlock)を行った場合、同時にuserdata、cacheもeraseされます。

      ○cwmのwipe
      →cwmのfactory wipeは/dataと/cacheを吹き飛ばします。
      当然/data/mediaも吹き飛ぶのが基本動作ですが、android3.x以降用のcwmは/data/media 以下は残すようカスタマイズされているのが普通です。
      でも一応自分が使ってるcwmがどういう動作をするのか確認しましょう。

      ※いわゆるrom焼きをする場合、大抵のROMzipはsystemをそのまま上書きします。
      これで問題ないことも多いのですが、場合によってはシステムアプリの重複、system以下のツリー構造の違いなどでトラブルが起こることもあります。
      というわけで別ROMに入れ替える際はfactory wipeするだけでなくcwmからformat /systemも行うほうが無難なんですが、面倒くさいので用意されたのが以下のファイル

      ○ARHDのsuper wipe lite
      →cwmのfactory wipeに加えて/system以下もwipe、formatしてくれるものと考えれば大ざっぱに合ってますかね。
      /system以下の構成に違いがあるROMを入れ替える場合などに、cwmからfactory wipeとformat /systemを行うところを、ひとつのファイルを焼くだけで済ませてくれる便利グッズ

      【重要】
      それぞれのwipe行為が、実際にどのような動作をしているのかを把握するよう努めましょう。
      不要なデータを飛ばして手間を増やしたりbrickしたり、逆に必要なwipeが行われず正常動作しなかったり・・・
      私見ですが、出来合のROMファイル焼いて失敗する場合、その原因はほぼ100%、必要なwipeが行われていない、あるいは余計なwipeを行ってしまっているからです。

    • Android_Revolution_HD_Super_Wipe_Liteに限って言えば、
      /systemのフォーマット
      /cacheのフォーマット
      /dataを/data/media以外にあるファイルを削除
      を行います。

      一般的なCWMやTWRPで/systemと/cacheをフォーマットしてdata/factory resetするのと同じことを、ARHD_Super_Wipe_Liteを読み込むだけで行ってくれるというものです。

      ten4さんも仰ってますが機種によってはCWMのdata/factory resetで/data/media以下(SDCard)の内容も吹っ飛びます。例えばXoomとか。


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る