Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




Xposed Preference Injector:有効化しているXposedモジュールをシステム設定メニュー内に表示させるモジュール。

Posted on 4月 23, 2014

xposed-preference-injector9
今回は、有効化しているXposedモジュールをシステム設定メニュー内に表示させるモジュール、Xposed Preference Injectorを紹介します。

なお、Xposedモジュールを利用するには、端末のRoot化が必要です。


注意事項

ブートローダーアンロックやカスタムリカバリ導入、カスタムROMの導入、Root化によって、メーカーの補償は一切きかなくなります。
また、作業中にデータが消えたり、端末が起動しなくなってしまったとしても、当方では一切責任は負えません。
全て自己責任で作業を行ってください。



準備しておくこと

1.Xposed InstallerのapkファイルをXposed Module Repository(XDAは[FRAMEWORK ONLY!] Xposed - ROM modding without modifying APKs)からダウンロードして、Android端末の内部ストレージにコピーしておく。
app-ops-xposed1

2.Xposedのモジュールによっては、端末再起動後ブートループになってしまう場合があります。

対策として、TWRPやCWMなどのカスタムリカバリでROMをまるごとバックアップしておきましょう。

また、Xposedを無効化させるzipファイル(Xposed-Disabler-Recovery.zip)も準備されているので、これをカスタムリカバリからインストールすれば起動するはずです。
ダウンロードは[FRAMEWORK ONLY!] Xposed - ROM modding without modifying APKsから。



Xposedインストーラのインストール

まずXposedインストーラをインストールしていきます。

ESファイルエクスプローラーを起動後、準備しておくこと1でダウンロードしておいたXposed Installerをタップして「インストール」をタップします。
app-ops-xposed4

インストールが完了したら「開く」をタップします。
app-ops-xposed5

次に「フレームワーク」をタップします。
app-ops-xposed6

「インストール/更新」をタップします。
app-ops-xposed7

スーパーユーザーリクエストが表示されるので「許可」をタップします。
app-ops-xposed8

「Done! Changes will become active on reboot」と表示されたら「OK」をタップして、一度端末を再起動させます。
app-ops-xposed9


Xposed Preference Injectorのダウンロードとインストール

まず、Xposed Prefernece Injectorをダウンロードします。

Xposedインストーラを起動して「ダウンロード」をタップします。
xposed-preference-injector1

上部の検索窓に「injector」と入力すると、Xposed Preference Injectorが表示されるのでタップします。
xposed-preference-injector2

最新バージョンの「ダウンロード」をタップします。
xposed-preference-injector3

「インストール」をタップします。
xposed-preference-injector4

インストールが終わったら「完了」をタップします。
xposed-preference-injector5


Xposed Preference Injectorの有効化を促す通知が表示されるのでタップします。
xposed-preference-injector6

Xposed Preference Injectorにチェックを入れます。
xposed-preference-injector7

端末の再起動を促してくるので再起動します。
xposed-preference-injector8
Xposed Preference Injectorのダウンロードとインストールは以上で完了です。


Xposed Preference Injectorの使い方

Xposed Preference Injectorをインストールすることで、Androidの設定メニューに有効化しているXposedモジュールが表示されます。

このようにアカウントの項目の下に表示されます。Xposedモジュールをたくさん有効化して使っている場合の管理に便利です。なお、「その他」をタップすると・・・
xposed-preference-injector9

Xposedインストーラが起動します。
xposed-preference-injector10
Xposedモジュールは日々増えていて、さまざまなカスタムROMに実装されている機能をXposedモジュールで追加することができるようになってきています。

今後もXposedモジュールを追加していくなら、Xposed Preference Injectorでモジュールの管理もしやすくなるので試してみてください。

スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る