Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




Android 6.0 Marshmallowで開発者向けオプションを表示させてUSBデバッグを有効化する方法。

Posted on 5月 30, 2015

android-m-usb-debug-on9
今回は、Android 6.0 Marshmallowで開発者向けオプションを表示させてUSBデバッグを有効化する方法を紹介します。

スポンサーリンク



Android 6.0 Marshmallowで開発者向けオプションを有効化する

まずはAndroid 6.0 Marshmallowで開発者向けオプションを有効化する方法です。

通知領域を開いて設定アイコンをタップします。
android-m-usb-debug-on1

端末情報をタップします。
android-m-usb-debug-on2

「ビルド番号」を7回タップします。
android-m-usb-debug-on3

タップの回数によって残り何回タップが必要か教えてくれます。
android-m-usb-debug-on4

7回タップが終わったら「これでデベロッパーになりました!」と表示されます。
android-m-usb-debug-on5

設定に戻ると、「開発者向けオプション」が表示されています。
android-m-usb-debug-on6


USBデバッグを有効化する

開発者向けオプションを表示させたら、次はUSBデバッグを有効化させます。

「開発者向けオプション」をタップします。
android-m-usb-debug-on6

「デバッグ」の項目に「USBデバッグ」があるのでチェックを入れます。
android-m-usb-debug-on7

「USBデバッグを許可しますか?」と尋ねてくるので「OK」をタップします。
android-m-usb-debug-on8

これでUSBデバッグがオンになりました。Android 6.0 MarshmallowのUSBデバッグオン時のアイコンはAndroid 6.0 Marshmallowのイースターエッグのデザインと統一していることが分かりますが、Android 6.0 Marshmallowの正式リリース時にはAndroid 6.0 Marshmallowのコードネームにちなんだアイコンに変わるはずです。
android-m-usb-debug-on9

Android 6.0 Marshmallowで開発者向けオプションを表示させてUSBデバッグを有効化する方法は以上です。

2015/8/18追記
Android Mのコードネームは「Marshmallow(マシュマロ)」に決定し、OSバージョンはAndroid 6.0としてリリースされます。Android 6.0 Marshmallowの新機能など詳細はAndroid 6.0 Marshmallowの新機能・変更点・追加機能・使い方まとめ。をご覧ください。

スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss




この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます



Comments (0) Trackbacks (0)

No comments yet.


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る