Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




TWRP 2.3.2.1を導入。Android 4.2に対応&Wipe data(Factory Reset)時に/sdcard内で無限に0フォルダが生成されるバグを修正。

Posted on 11月 19, 2012


Nexus 7とGalaxy Nexus(SC-04D)に、カスタムリカバリのTWRP 2.3.2.1を導入しました。

TWRPは2.3.2.0からAndroid 4.2に対応させていて、今のところ特に問題もなく使用できています。

スポンサーリンク



ユーザーのデータを保存するフォルダのパスが変更された

Android 4.2ではマルチユーザー機能が搭載されたことによって、ユーザーのデータが保存されるフォルダのパスが/data/mediaから/data/media/0に変わりました。

2.3.1.0以前のTWRPはAndroid 4.2に非対応のバージョンなので、リカバリモードに入ってバックアップしていたファイルを復元する際に/data/media/TWRPを参照します。

ところが、実際はAndroid 4.2では/data/media/0/TWRPにバックアップファイルが移動していて/data/media/TWRPには何もない状態になるので、復元するバックアップがないという表示になります。

ですので、2.3.1.0以前のTWRPを使ってAndroid 4.2から以前バックアップしていた状態に戻すには、/data/media/0/TWRP以下のファイルを/data/media/TWRPに移動する必要があるという問題があります。

上記の問題についてはAndroid 4.2におけるsdcard(内部ストレージ)の仕様変更についてのまとめ。Android 4.2のアップデート後に、今まではあった内部ストレージのフォルダやファイルが消えてアプリのデータ復元などができなくなった時の対処法。を参照してください。

TWRP 2.3.2.1では上記の問題を解決しており、バックアップファイルのパスを/data/media/0/TWRPに修正しているため、/data/media/0/TWRP以下のファイルを/data/media/TWRPに移動する必要がなくなりました。

今後Android 4.2のストックROMやカスタムROMを導入する予定であれば導入しておくことをおすすめします。


/sdcard内に、0フォルダが無限に生成されるバグ

2.3.1.0以前のTWRPで、Android 4.2のストックROMを導入したNexus 7やGalaxy Nexus(SC-04D)のwipe data(Factory Reset)を実施します。

すると、/data/mediaの中に0フォルダが生成され、/data/media/0に/data/mediaのファイルやフォルダがまるごと移動します。

次は、/data/media/0がある状態で、更にTWRPからWipe⇒Factory Resetを実施します。

すると、/data/media/0の中にまた0フォルダが生成され、/data/media/0/0に/data/media/0のファイルやフォルダがまるごと移動します。

つまりAndroid 4.2に未対応のバージョン2.3.1.0以前のTWRPでは、Factory Resetをした回数だけ0フォルダがより深い階層に生成されていくバグがあります。

このバグは、/sdcard(/data/media)内のデータを残したままFactory Resetを実施することが原因で起こるとのことです。

詳しくは、Android 4.2 Updates, Multi-User, and TWRPで触れられています。

まず1回目のFactory Resetです。0フォルダが生成されています。
0フォルダをタップすると・・・


/sdcardに保存されていたファイル郡が/sdcard/0に移動しています。


更にFactory Resetを実施してみて、再度フォルダを確認してみます。0フォルダをタップします。


/sdcard/0の中に、更に0フォルダが生成されています。このフォルダをタップすると・・・


元は/sdcardにあったファイル群が、/sdcard/0/0に移動してしまっています。


TWRP 2.3.2.1では、上記のようなバグは起こらずAndroid 4.2におけるsdcard(内部ストレージ)の仕様変更についてのまとめ。と同じように、/sdcard内に0フォルダが作られることもなく、正常に動作するようになっています。


TWRP 2.3.2.1をインストールするために、まずGooManagerをインストールします。

インストール手順も上記記事と同じですが、再度触れておきます。

まず、GooManagerを起動するとスーパーユーザーリクエストが表示されるので「許可」をタップします。


画面右上のメニューアイコンをタップします。


Install OpenRecoveryScriptをタップします。


TWRPのインストールをしていいか尋ねてくるので「Yes」をタップします。


TWRPのバージョン(2.3.2.1)が表示されるので、間違いなければ「Yes」をタップします。


TWRPのダウンロードが始まります。まずは10秒待ちます。


10秒経つと、ダウンロードが始まります。しばらく待ちましょう。


ダウンロードが完了したら、インストールも実施してくれます。「Recovery has been installed!」と表示されれば、TWRP 2.3.2.1のインストールは完了です。


GooManagerからTWRPを直接起動してみます。Reboot recoveryをタップします。


リカバリモードに入るかどうか尋ねてくるので「Yes」をタップします。


TWRP 2.3.2.1が起動するので、試しにWipe⇒Factory Resetを選んでwipe dataした後、Reboot⇒Systemをタップして再起動してみてください。
/sdcard内に0フォルダも生成されず、Android 4.2でも問題なく使うことができます。

Android 4.2に対応&Wipe data(Factory Reset)時に/sdcard内で無限に0フォルダが生成されるバグを修正されたTWRP 2.3.2.1については以上です。
スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (10) Trackbacks (0)
  1. 上記の手順で「Reboot recovery」をタップした際に、
    「attempting to reboot recovery, if this fails you may want to perform the operation manually」
    と表示されてTWRPが起動しませんでした。
    何か手順を見逃しているのでしょうか。
    Galaxy Nexus ドコモ純正ROM 4.1.1状態です。

    よろしくお願いします。

  2. TWRPはテンポラリーで使用し、recovery-clockworkをpermanentで使っているのですが、
    touchiのあるなしの2種類が存在します。
    http://www.clockworkmod.com/rommanager/

    違いを調べているのですが、その情報がヒットしません。
    もしおわかりでしたら教えていただけますか?

    • Another AgitΩさん

      touchはタッチパネルをタップすることで決定ができるのが特徴ですね。

      • そうなのですね。ありがとうございました。

        もう1点Android4.2.1で
        recovery-clockwork-touch-6.0.2.3-grouper.img
        を導入してから
        clockworkmodの中身が何も見えなくなってます。
        あたかもからっぽのように。
        usbデバッグモードで、Windows7でNexus 7デバイスのフォルダを開いて
        見ております。

        Recovery modeでclockworkを起動して
        「Restore」「delete」では、
        /sdcard/clockworkmod に
        バックアップの一覧が日付で表示されまし、
        バックアップを実行すると明らかにストレージの使用量が増えますので
        実際取れているものと思われます。

        もし何かお気づきの点があれば教えていただけますか?
        いろいろ伺ってばかりですみません。


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る