Androidおすすめアプリ/格安SIM スマホ/SIMフリーレビューサイト|アンドロイドラバー




Nexus7 Android 4.2.2(JDQ39)のRoot化方法・手順。

Posted on 2月 15, 2013


今回は、Android4.2.2(JDQ39)にアップデートしたNexus 7のRoot化方法・手順を紹介します。

スポンサーリンク



root化・カスタムrom・カスタムカーネル・各種Mod等の導入によって、キャリアとメーカーの補償は一切きかなくなります。

また、作業中にデータが消えたり、端末が起動しなくなってしまったとしても、当方では一切責任は負えません。

全て自己責任で作業を行ってください。


1)Nexus 7に、CWMやTWRPなどのカスタムリカバリを導入しておく。カスタムリカバリ導入手順は、Nexus 7にClockWorkModやTWRPのカスタムリカバリをインストールする方法。を参照してください。

2)CWMやTWRPでインストールできるSuperSUのzipファイルをダウンロード後、端末の内部ストレージにコピーしておきます。
SuperSUダウンロード:SuperSU(XDA)
2013/2/15現在UPDATE-SuperSU-v1.04.zip



それでは、Nexus 7 Android4.2.2(JDQ39)のRoot化方法・手順です。


CWMを使ったインストール手順

1)CWM(ClockWorkMod)リカバリを起動して、「install zip from sdcard」を選ぶ。

2)「choose zip from sdcard」を選ぶ。

3)「UPDATE-SuperSU-v1.04.zip」を選ぶ。

4)「Yes - Install UPDATE-SuperSU-v1.04.zip」を選ぶ。

5)「Install from sdcard complete.」と表示されれば、SuperSUのインストールは完了です。

6)「+++++Go Back+++++」を何度か繰り返して、「reboot system now」でNexus 7を再起動させ、アプリ一覧にSuperSUが入っていればAndroid4.2.2(JDQ39)のNexus 7のRoot化は完了です。


TWRPを使ったインストール手順

1)TWRPを起動させて「Install」をタップ。

2)「UPDATE-SuperSU-v1.04.zip」をタップ。

3)「Swipe to Confirm Flash」の左側の矢印を右にスライドさせてインストールを始めます。

4)インストールが終わったら「Reboot」をタップ。

5)Nexus 7を再起動させ、アプリ一覧にSuperSUが入っていればAndroid4.2.2(JDQ39)のNexus 7のRoot化は完了です。


最後に、念のためRoot化が正常に完了しているかどうかチェックしてみます。

使うアプリは、Titanium BackupなどRoot権限を要求するアプリなら何でもいいですが、今回はRoot Checkerというアプリを使ってみます。

Root Checkerのインストールはこちら(Playストア)

Root Checkerインストール後、起動して右上の「CHECK」をタップします。


スーパーユーザーリクエストが表示されるので「許可」をタップします。


Statusが「Rooted」となっていれば、Root化は正常に完了しています。


Nexus7 Android 4.2.2(JDQ39)のRoot化方法・手順は以上です。

最後に、Root化はあくまでも自己責任のもとで行ってください。
スポンサーリンク


アンドロイドラバーの購読はこちらから
twittergoogleplusfacebookyoutubefeedlyrss






Comments (12) Trackbacks (0)
  1. 何気なくアプリをダウンロードしていたところ通知欄にあと何秒とか何%か表示されてました。
    これは4.2.2の機能ですが4.2.1だったのに寝ている間に勝手にアップデートされてました。
    でもrootは維持したままtitanium backupとかも普通に使えます。
    アップデートしたらrootは消えるんだと思ってたんですがなぜrootを維持しているんでしょうか?

  2. はじめまして。4.2.2で初めてルート化に挑戦しようと思いこちらのページを見ながら作業を始めたのですが、(1)のカスタムリカバリ導入の前段階のドライバーインストールでNexus7 toolkitを立ち上げた所で
    ドライバーインストールの項目がなく、build番号を選ぶ項目しか表示されず、そこにJDQ39のbuild番号
    の選択肢がありません。やはり該当のbuild番号がないとドライバーをインストールすることは出来ないのでしょうか?

  3. 文章だとわかりにくいので画面をキャプチャーしました。
    http://campusup.ddo.jp/uploader/src/cmp14079.JPG

    • sdkのadb version1.0.31、Platform-toolsr16.0.1にバージョンアップして、API17も最新の環境にアップデートしてから「Android Composite ADB Interface」をインストールしてみてはいかがですか?adb接続出来るかと思われます。そこからfastbootでカスタムリカバリー焼いてください。横槍すんません。

  4. 4.2.1にしたNexus7を Nexus7 ToolKit v4.0.0の8番、”1-CLICK FOR ALL” でrootを取り、
    GooManagerでTWRP最新版を導入した後に4.2.2へアップデートすると
    recovery-from-boot.pが /system/ に出来てしまいます。

    リカバリモードでTWRPを起動しようにも、recovery-from-boot.pがあるために起動せず。

    adb接続してrecovery-from-boot.pを削除かリネームしようとしても、
    SUバイナリが無いためか suコマンドが実行できず、
    mountで属性をread onlyから変更出来ません。

    この状態でrootを取る方法を色々調べてみましたが、わかりませんでした。
    宜しければご教示お願いします。

  5. 別の方法で何とかならないかと調べた所、Nexus Root Toolkitが v1.6.3に
    バージョンアップして Nexus7&Andoroid 4.2.2にも対応していました。
    これでrootを取った後、GooManagerでもう一度TWRPを入れ直しました。

    Nexus Root Toolkitに気付かず、お騒がせしてすみませんでした。

  6. いつも便利な情報ありがとうございます。
    バージョンアップに伴いルート化しようとしたところリカバリーモードを起動するとドロイド君の胸に⚠マークが出てきて進みません。これはどうしたら良いですか?

  7. TWRPを入れたらできました。早とちりで質問してしまいすみませんでした。
    以前ルート化した時にTWRPを入れたので大丈夫かなと思っていました。
    ありがとうございます。


Leave a comment

Trackbacks are disabled.



AndroidLover.Netトップに戻る